お知らせ

お知らせ

一覧表示

2009年 1月 14日
パイオニア株式会社

レーザーディスクプレーヤーをご愛用のお客様へ ~生産終了のお知らせ~

平素は当社商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

当社はレーザーディスクプレーヤーを1981年10月に発売して以来、日本国内で累計約360万台の販売をさせていただき、多くのお客様にご愛用いただいて参りました。厚く御礼申し上げます。

昨今のDVDやBD(ブルーレイディスク)などの新たなメディアが市場に定着する中、生産に必要な専用部品の調達が困難となり、やむなく今後約3000台(DVL-919、CLD-R5、DVK-900、DVL-K88の4機種合計)の生産をもってレーザーディスクプレーヤーの生産を終了いたします。

尚、ご愛用をいただいているお客様に安心してお使いいただくために、アフターサービスにつきましては下記のように実施してまいりますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。

本件についてのQ&A

アフターサービスについて

当社では保証期間経過後の修理に対応するため、修理用部品の保有期間を定めております。
レーザーディスクプレーヤーの補修用性能部品(その製品の機能を維持するために必要な部品)の保有期間は、機種ごとに製品の生産終了時を起点として8年間とさせていただいております。また、この保有期間が経過いたしましても、部品在庫がある場合は修理対応させていただきます。(ただし、性能部品以外につきましては、代替部品を使わせていただく場合もございます。)

お問い合わせ

なお、本件につきましてご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

レーザーディスクプレーヤーの修理のお申し込みはこちら

個人情報の使用目的について

上記窓口にてお客様からご提供いただくお名前、ご住所等の個人情報は本件の対応のためにのみ利用させていただきます。
尚、お客様から収集する個人情報は当社が定める 個人情報保護方針に則って厳重に管理いたします。

個人情報保護方針