お知らせ

お知らせ

一覧表示

2005年 3月 17日
パイオニア株式会社

インクリメントPに対する訴訟の和解成立について

株式会社ゼンリン及び関係会社がパイオニアの子会社であるインクリメントP株式会社に対して、著作権侵害等を理由として地図データベースの廃棄及び損害賠償などを求めて東京地方裁判所に提起していた訴訟につき、本日3月17日(木)に、同裁判所にて、和解が成立し、訴訟が終了しました。
この和解内容の骨子は次のとおりです。

  1. 被告は、原告らの住宅地図帳を原告らの同意なくコピー機により複写したことを認め、今後その行為をしない。
  2. 被告は、原告らに対し、それぞれ、上記1の損害賠償金として裁判所勧告にかかる和解金を一定期限内に支払う。
  3. 被告が本和解成立時において作成している地図データベースについて原告らとの関係で法律上の問題はない。

弊社及びインクリメントPでは訴訟提起直後から、両社の製品並びにサービスを安心してご利用し続けていただけることをご説明してまいりました。今般の和解により、上記3の通り、お客様に安心してご利用頂けることが明らかとなりましたので、略儀ながらご報告申し上げます。