お知らせ

お知らせ

一覧表示

2005年 3月 30日
パイオニア株式会社

「DualDisc」に関するお知らせ

お客様各位

現在、日本国内において一部の輸入盤取扱店等で販売されております「DualDisc」について、並びに弊社のDVD機器やCD機器による同ディスクの再生についてご報告申し上げます。

「DualDisc」とは

「DualDisc」はCDやDVDに類似した再生専用ディスクです。この「DualDisc」は、 片面にDVD規格に準拠した映像やオーディオ(以下DVD面)が、 もう片面にCD再生機での再生を目的としたオーディオ(以下オーディオ面: 「DualDisc」ではCD面と称されていますが、正確な表現ではありません)が、 それぞれ収録されています。DVD面には、DVD-VideoやDVD-Audio、 もしくはその両方が収められています。一方、DVD面ではないオーディオ面は、 厚みがCDより薄いなど、正式な音楽CD規格に準拠していない特殊な仕様となっています。 そのため、コンパクトディスクロゴマークが付いておりません。

※「DualDisc」は再生専用で、録画用「片面二層DVD-R DL(デュアル・レイヤー)ディスク」とは全く異なるディスクです。

「DualDisc」はパイオニア製のDVD機器で再生可能なのか?

オーディオ面は、CD規格に準拠していないため、再生できない場合があります。

「DualDisc」を再生機器に挿入したり取り出したりする際に、再生面の反対の面に傷が付く可能性があります。傷の付いた面は再生ができないなどの不具合が発生する場合があります。

ポータブルDVDプレーヤーやコンピュータ用ポータブル/スリムタイプDVD/CDドライブでは、ディスクの中心穴付近をしっかり押え、確実に奥までディスクをお取り付けください。取り付けが不完全な場合、正常な再生ができず、ディスクに傷が付くなどの不具合が発生する場合があります。

また、カーナビゲーションシステムを含む、車載用のスロットインタイプのDVD機器や家庭用の3枚DVDチェンジャーでは、ディスクがローディング機構部に詰まり、取り出せなくなる可能性があります。

弊社では「DualDisc」の再生について検証を続けておりますが、現時点では上記製品群を除く、ほとんどのパイオニア製の家庭用プレーヤー、レコーダー、車載用のプレーヤー、カーナビゲーション、コンピュータ用ドライブ及び、DJ用プレーヤー等のDVD機器で、DVD面の再生が可能です。

※DVD-Audioコンテンツの再生には、DVD-Audio対応のDVD機器をご使用下さい。また、DVDプレーヤー及びDVDディスクには、発売地域ごとに再生可能地域番号(リージョンNo.)が設けられており、再生するディスクに記載されている番号に、プレーヤーの地域番号が含まれていない場合は再生できません。

「DualDisc」はパイオニアのCD機器で再生可能なのか?

オーディオ面は、CD規格に準拠していないため、再生できない場合があります。

「DualDisc」を再生機器に挿入したり取り出したりする際に、再生面の反対の面に傷が付く可能性があります。傷の付いた面は再生ができないなどの不具合が発生する場合があります。

ポータブルCDプレーヤーやコンピュータ用ポータブルCD-ROMドライブでは、ディスクの中心穴付近をしっかり押え、確実に奥までディスクをお取り付けください。取り付けが不完全な場合、正常な再生ができず、ディスクに傷が付くなどの不具合が発生する場合があります。

家庭用及び車載用のスロットインタイプのCD機器や、家庭用のオートチェンジャータイプのCD機器では、ディスクが取り出せなくなるなどの不具合が発生する場合があります。

なお、「DualDisc」の詳細に関しましては、ディスクの発売元または販売元にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

本告知内容は、予告無く更新する場合があります。

以上