サイト内の現在位置
ホーム
会社情報
報道資料
世界初※1、多層(16層)光ディスク技術を開発

報道資料

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2008年 07月 07日
パイオニア株式会社

世界初※1、多層(16層)光ディスク技術を開発
~ Blu-ray Disc と互換性を有する、容量400ギガバイト
大容量アーカイブシステムの実現に向けて前進 ~

 パイオニア株式会社は、400ギガバイトの大容量をもつ再生専用光ディスクの開発に成功しました。これにより、近い将来需要が高まることが予想される大容量光ディスクの実現に向け、大きく前進いたしました。

 この度開発した光ディスクは、1記録層当たりの記録容量がBlu-ray Discと同じ25ギガバイトで、その記録層を16層に積層した再生専用光ディスクです。
 多層の光ディスクにおいては、再生していない他の記録層からの不要な信号の影響や各記録層からの再生信号が微弱であることから、安定的に良好な再生信号を得ることが困難なため、積層する記録層の数に限界がありました。

 今回DVDで培った光ディスク製造技術を活用し、他の記録層からのノイズを低減する構造を開発したことなどにより、これらの課題を解決し各記録層から高品位な再生信号を得ることのできる多層光ディスクを実現しました。

 読み取りシステムには、広いレンジで収差を補正する光学素子や、微弱信号を高S/N比で読み取れる受光素子を光ピックアップに採用したことにより、安定的な再生信号の読み取りを実現しました。
 NA※2など対物レンズの光学的仕様はBlu-ray Disc規格と同一であることから、互換性を維持することが可能です。また、1枚の光ディスクに従来よりもはるかに大量の情報を蓄積することができるので、光ディスクの使用枚数を大幅に削減でき、省資源化にも寄与します。

 今回は再生専用の多層光ディスクシステムの可能性を検証しましたが、本技術は記録型ディスクにも応用可能です。
 当社はこの成果をもとに将来予想される大容量アーカイブのニーズにお応えするため、大容量光ディスクの実現に向けてさらに研究開発を進めてまいります。

 なお、本研究成果の詳細は、7月13日からハワイ島で開催される光メモリの国際学会「ISOM/ODS2008」で発表する予定です。

※1 2008年7月7日現在。パイオニア調べ。
※2 Numerical Apertureの略。光ピックアップに用いるレンズの開口数のことで、数字が大きい程ディスク面でのスポット径を絞り込むことができます。
16層光ディスク

写真−1 16層光ディスク

1層目 9層目 16層目
1層目 9層目 16層目

写真−2 各層からの再生信号

報道資料トップ

  • 報道資料を検索
  • 年・月別で探す

RSS情報配信