環境活動

製品開発での取り組み

製品の環境課題を技術で解決

「エコで豊かな生活」を提案できる商品をお客さまに届けることがパイオニアの環境貢献と考えています。
「地球温暖化の防止」・「資源循環」・「製品含有化学物質の管理」、これらの課題を当社の環境技術で解決できるよう製品開発に取り組んでいます。

課題と取り組み

地球温暖化の防止 資源循環 製品含有化学物質の管理

製品ライフサイクルの視点

原材料の採掘から製品の生産/流通、お客様でのご使用/廃棄までの製品のライフサイクル全体の環境負荷を小さくするためにLCA(ライフサイクルアセスメント)を行っています。ライフサイクルの各ステージの環境への影響を可視化して製品の環境性能の改善を推進するとともに、分析したデータをホームページで開示しています。

製品ライフサイクル視点で見た製品アセスメントの流れ

製品ライフサイクル視点で見た製品アセスメントの流れ

製品ライフサイクル視点で見た製品アセスメントの流れ

環境性能の向上

製品の設計段階で、部品を構成する材質、使用量および搭載する電子部品などを選定します。また、お客さまが使用する際の消費電力などの電気性能もここで決まります。当社は環境性能を決定する、この重要な製品設計タイミングで、全ての製品を対象に製品アセスメントを行い、効果的な環境配慮を実現させると共に、世界各国の環境法令への適合を確実にしています。

環境配慮製品の評価

設計完了時に当社の環境配慮製品の評価体系に基づいて達成状況を確認し、製品リリース時にスーパーアドバンストエコモデル/アドバンストエコモデル/エコモデルとして認定します。
認定モデルの開発部門を表彰するとともに、社内での広報、環境賞への応募など、コミュニケーションを推進する目的としても活用をしています。

環境配慮製品の評価体系

環境配慮製品の評価体系

  • スーパーアドバンストエコモデル

    環境性能がきわめて高い製品
    業界トップクラスの環境性能を実現、または当社独自の環境技術を搭載した製品で、環境担当役員が認定をします。

    認定製品はこちら

  • アドバンストエコモデル

    環境性能に優れている製品
    従来製品に比べ環境性能が向上しているなど、一定水準の環境性能を備えた製品。

    認定製品はこちら

  • エコモデル

    基本的な環境性能を備えた製品