CSR

社会との調和

私たちは、社会とのコミュニケーションのために、以下の視点で活動しています。

株主・投資家および社会

パイオニアでは、投資家やマスメディアを対象に、決算説明会や企業説明会を定期的に開催するとともに、ホームページを通じて適時・適切な情報開示を図っています。電子メールによる各種のお問い合わせ窓口を開設して、外部の方から寄せられるさまざまなお問い合わせに対応しているほか、パイオニアに対するご意見を匿名で受け付けるコーナーをホームページ内に設け、企業行動の改善に役立てています。

決算説明会

決算説明会

お客様

最新のカロッツェリアを体験できるイベント「カロッツェリアLIVE」を開催しました。まだカロッツェリアを体験されていない一般のお客様を対象に、最新のカーナビの進化を伝えることを目的とし、商品とブランドの魅力をより深く理解していただく活動です。
また、お客さまからいだだいたご意見を商品に反映するなどの双方向のコミュニケーションを大切にしています。

カロッツェリアLIVE

カロッツェリアLIVE

取引先(資材調達)

パイオニアの資材調達部門では、資材調達の取引先と定期的に事業方針説明会を開催し、パイオニアの事業計画について説明し理解を深めていただくとともに、さまざまな社会的責任活動に関して、サプライチェーン全体で取り組む行動についても取引先に協力をお願いしています。

事業方針説明会

事業方針説明会

販売店

パイオニアグループの販売会社では、日本全国の販売店や代理店に対して、経営方針説明会や新商品説明会などを開催し、パイオニアの経営方針、市場動向、商品戦略、マーケティング計画などを説明して、パートナーシップの強化を図っています。

カロッツェリア新製品発表会

カロッツェリア新製品発表会

地域社会

パイオニアグループは、責任ある「良き企業市民」として、地域社会との交流を図っています。グループ各社や各事業所では、周辺の学校の生徒へ校外学習、地域の方々へ環境説明会などを開催しています。また、地域イベントへの協力や、障がい者施設の手作りパンなどを社員向けに販売するなどの活動も行っています。

労働組合

従業員の代表であるパイオニアグループのパイオニア労働組合とは、相互信頼にもとづいた「話し合い」を基調とする良好な関係の維持向上にと詰めています。パイオニア労働組合とは、半期に一度の定期および臨時の中央労使協議会や、人事部の諸制度に関する協議会での話し合いだけでなく、「介護・育児と仕事の両立支援」の一環として、「職場復帰プログラム」などに協働して取り組んでいます。

※ パイオニアと7つの関係会社で労働組合が組織されており、これらの組合で構成するパイオニアグループ労働組合連合会が全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会(略称:電機連合)に加盟しています。