CSR

製品安全に関する行動指針

パイオニア株式会社およびパイオニアグループ各社は、製造・販売する製品および提供する修理・設置工事など(以下、製品と総称します)の安全を確保し、お客様に安全・安心を確実にお届けすることが経営上の重要課題であり、社会的責任であるとの認識に立ち、この行動指針に基づいて、製品の安全確保に誠実に取り組み、社会から高い信頼をいただけるよう努めてまいります。

1.法令の遵守

私たちは、製品安全に関する諸法令を遵守します。

2.自主行動計画の策定・推進

私たちは、製品安全に関する自主行動計画を策定・推進し、継続的な改善を行うことにより、「お客様重視」、「製品の安全確保」の企業文化を確立・維持します。

3.製品安全確保のための品質管理

私たちは、製品の開発・生産から廃棄に至るまでの製品安全技術基準・管理基準を設けて、常に適正な品質管理が行われているかをチェック・改善し、製品の安全確保に努めます。

4.製品事故情報の収集と開示

私たちは、当社製品に係る事故について、その情報をお客様や販売店様等から積極的に収集し、迅速に経営トップに報告するとともに、お客様や販売店様等に対して適切な情報提供を行います。

5.重大製品事故の報告

私たちは、当社製品について重大製品事故が発生したときには、法令に基づき、迅速に所轄官庁に報告を行います。

6.製品回収等の実施

私たちは、製品事故が発生、または発生するおそれがあることが判明し、市場への対応が必要とされる場合には、適切な手段により迅速にお客様や販売店様等にお知らせするとともに、製品の回収やその他危害の発生・拡大の防止処置を講じます。

7.誤使用等の回避

私たちは、お客様に当社製品を安全にお使いいただくため、取扱説明書、製品本体等に誤使用や不注意による事故の回避に役立つ注意喚起や表示を適切に行います。