CSR

業務を適正かつ効率的に遂行していくために

リスク管理の徹底

私たちは、パイオニアグループにおける様々なリスクの把握と未然防止に取り組みます。何らかの危機発生の際には、定められた手順に従って迅速に対応します。

会社情報の管理

私たちは、パイオニアグループの経営や技術開発・製品開発に関する機密情報を社内規定に従って適正に管理します。在職中はもちろんのこと、退職後においても第三者への漏洩や目的外の使用は行いません。また、交通機関や飲食店等の不特定多数が集まる場所で、情報の漏洩に繋がるような会話や書類の確認等は行いません。

知的財産の保護

私たちは、技術開発等により得られたノウハウを含む知的財産を適切に維持、管理し、他者に不当に侵害されないよう、その確保に努めます。同様に、他者の保有する知的財産を尊重し、故意にそれを侵害したり、侵害行為に寄与、加担する等の行為を行いません。

会社資産の適切な管理と使用

私たちは、有形の資産やブランド・知的財産などの無形の資産を最大限に生かして業績と利益を上げることに努めます。そのために、パイオニアグループの資産(有形・無形の資産、パソコンやネットワークを含む)を社内規定に従って適正に保全・管理し、事業目的や社会的責任に合った使用を行います。私的な目的に流用するなど本来の業務目的以外には使用しません。

適正な会計処理

私たちは、会計帳簿や財務関係の記録を始めとする全ての会計処理を適正かつ誠実に行います。誤解を与えたり、事実に反した記録を作成しないように、経理や財務を担当する役員や社員だけでなく、全ての従業員が自らの業務に関する関係法令や社内規定を遵守します。