CSR

社会から信頼される企業であり続けるために

資本市場からの信頼

私たちは、健全かつ透明性のある企業経営に努めることで、株主や投資家に信頼される企業であり続けることを目指します。

お客様の満足を第一に考える経営

私たちは、パイオニアグループの経営姿勢として「お客様の満足を第一に考える経営」を掲げ、常にその実現に努めます。グループ経営姿勢を実行するための仕組み作りと人材の育成に全力を挙げて取り組み、お客様に信頼されるブランドの価値向上を図ります。

多国籍企業としての法令遵守

私たちは、多国籍企業に対するILOの三者宣言、OECDのガイドラインおよび国連のグローバル・コンパクトなどの企業行動に関する国際的な原則を尊重します。また、世界の平和と安全を維持するための国際的な合意を遵守します。

  1. 人権の侵害につながる児童労働や強制労働は行いません。
  2. 従業員の雇用において、賃金、労働時間および結社の自由に関し、事業を行う各国該当法令を遵守します。
  3. 製品・部品の輸出入や海外への技術提供を行う際に、国際的な取り決めや合意に基づいて定められた法令や社内規定に従って適正に手続きを行います。
  4. 兵器の開発や製造に関わる事業活動には関与しません。

環境保護

私たちは、環境負荷低減のための環境管理システムと活動推進体制を作り、豊かな自然と安全に暮らせる環境の維持と向上に努めます。

  1. 環境保護に関わる法令や必要に応じて自主管理基準を定めた社内規定を遵守します。そして自らの業務を通じて地球環境負荷を低減する活動を継続的に行います。
  2. 「良き企業市民」として循環型社会実現のために、廃棄物の削減や資源の有効利用など地域環境を保全する活動を積極的に行います。

社会への貢献

私たちは、パイオニアグループが事業活動を行う地域社会と積極的に関わるとともに、パイオニアグループの事業活動を通して、また人的、物的な資産などを活用して社会への貢献を図ります。また、日常生活において自らができる範囲で社会への貢献に努めます。

市民社会を脅かす者への対応

私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体との関わりを完全に遮断します。もし関わり合いが起きたときには、社内外で協力体制をとり、組織的かつ毅然として法令等に則した対応を行います。

企業情報の開示

私たちは、企業業績と事業活動に関する企業情報は勿論のこと、環境保護や社会的責任に関する取り組みについても情報開示に努めます。そのために、株式を上場する国の証券取引に関する法令と社内規定を遵守し、適切な開示基準を考慮して、十分に、公正に、正確に、適時に、かつ理解しやすいように開示します。また、積極的に投資家向けの広報活動に努めます。

インサイダー取引の禁止

私たちは、会社の株価に重大な影響を与える未公開情報を知りながら、法令や社内規定に反して会社の株式等の証券売買を行いません。また、そのような未公開情報を知人や家族などにも知らせません。

不公正な利益供与の禁止

私たちは、特定の株主や投資家に利益や便宜を供与しません。