報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

1998年 5月 7日
パイオニア株式会社

業界初、2層DVD−ROM(8.5GB)を搭載し、多彩な機能を実現
「カロッツェリア」DVDカーナビ及び周辺機器 新発売

  • 2層DVD−ROMの採用で、さらなる性能向上を実現したDVDカーナビ。
    • 多彩な地図表示、圧倒的な検索データ、より使い易くなったヒューマンインターフェース、高精度測位を実現した「AVIC−D919/D717/D710」。
  • 車載用ワイド液晶TVの商品モデルの拡充。
    • 12画面表示、ワイドナビ表示、地図/TVの2画面表示に対応した業界最大の車載用8.0型ワイド液晶TV「TV−W818」。
    • 業界初、7.0型ワイド液晶インダッシュTVで全自動開閉機構を採用した「AVXーP707W」。
  • 97年DVDカーナビ用バージョンアップDVDソフト新発売
    • 当社製DVDカーナビ97年モデルで、98年モデルの最新機能を発揮するバージョンアップディスク「CNDV−200」 他

当社はこの度、2層DVDカーナビを3機種、8型ワイド液晶TV等カーTVを2機種、および関連商品を下記要領にて新発売いたします。

AVIC-D909
商品名 型番 価格(税別) 発売日 月産予定台数
【DVDカーナビ】
ボイスコントロールDVDカーコンピューター AVIC-D919 210,000円 6月上旬 3,000台
DVDカーコンピューター AVIC-D717 188,000円 6月上旬 2,000台
7.0型ワイドTV付DVDカーコンピューターセット AVIC-D710 315,000円 6月上旬 5,000台
【車載用ワイド液晶TV】
P side P 8.0型ワイド液晶TVパック TV-W818 178,000円 6月上旬 2,000台
7.0型ワイドAVシステムTV AVX-P707W 126,000円 5月下旬 2,000台
【その他】
DVDナビゲーションマップVol.2 CNDV-200 24,800円 6月中旬  
シリアルポートカード CNSC-DS9 25,000円 6月上旬  

【企画意図】

 当社は昨年6月に、全国の詳細情報を1枚のディスクに収録できるDVD−ROMを採用したカーナビを業界に先駆けて製品化致しました。多彩な道案内機能に加え、従来にないエンターテイメント性、特にDVD−ROMの大容量を活かした豊富な検索データは、お客様より大好評をいただきました。しかしながら、より高性能なカーナビを追求するうえで、交通規制データ、電話番号をはじめとする各種検索データ、詳細市街地図等の地図データなど、その収録すべきデータ量は膨大化しており、従来の1層DVD−ROM(4.7GB)では万全とは言えない状況です。

 今回当社は、1層DVD−ROMの1.8倍、CD−ROMに換算して13枚分に相当する8.5GB (ギガバイト)の大容量を誇る“2層DVD−ROM”を業界で初めて採用致しました。 これにより、従来以上に豊富なデータ量とアクセススピードの高速化を実現し、時代の最先端をいくカーナビとして一層の高性能化を達成致しました。
 「AVIC−D717」は多彩な機能を発揮するDVDカーナビ単体のベーシックモデルです。「AVIC−D919」は基本機能に加え、音声での快適な操作を実現するボイスコントロール機能を搭載致しました。また、PCカードスロットの装備により“インターネット”に対応し、各種情報をリアルタイムに取り込むことを実現致しました。そして「AVIC−D710」は、カーナビ本体(AVIC−D717相当)と7.0型ワイド液晶TVとのセットモデルです。3機種とも感度を改善したFM多重チューナーを内蔵し、VICS/D−GPSを受信できます。さらに地図スクロール速度や測位精度等の基本性能の向上に加え、設計の改善によるコストダウンを図り、昨年モデル以上にお買い求めやすい価格を実現致しました。
 カーナビの地図を表示するTVとしては、12画面同時表示等を追加した業界最大サイズ8型ワイド液晶TV「TV−W818」と、インダッシュタイプ7型ワイド液晶TVでは業界初の全自動開閉機構を採用した「AVX−P707W」の2機種を導入致します。
 そしてDVDカーナビ97年モデルで98年モデルの最新機能を発揮するバージョンアップDVDソフト「CNDV−200」も併せて発売致します。

【主な特長】

DVDカーナビ

●AVIC−D919(ボイスコントロールDVDカーコンピューター)

●AVIC−D717(DVDカーコンピューター)

●AVIC−D710(7.0型ワイドTV付DVDカーコンピューターセット)

【ハードウェアに関する特長】

  1. メインCPUに、高速化を実現する最新32bitRISCチップ搭載。
    カーナビの心臓部とも言えるメインCPUには最新32bitRISCチップを採用。さらに、多彩な地図表示を可能にする新開発の描画プロセッサーを搭載。
  2. 3Dハイブリッドセンサー標準搭載による位置測位精度の向上。水平方向のみの測位に加え、上下方向の測位まで行い、正確な位置測位を実現。
  3. カーナビ本体にVICS/D−GPSを受信するFM多重チューナーを内蔵。
  4. 音声認識/合成機能、PCカードスロットを搭載。(AVIC−D919)
  5. 操作性に優れたワイヤレスリモコンを付属。カーナビ画面とリンクしたピクトボタンと、フリップ開閉機構を採用。開けば10キー 操作、閉じればカーナビ機能のワンタッチ操作やTV、オーバーレイディスクプレーヤーの操作が可能。
  6. DVDカーナビと7.0型ワイド液晶TVとのセットモデル。(AVIC−D710)2種類(PsideP/PinP)の2画面表示、4種類(ズーム/ジャスト/フル/ノーマル)のTV表示モードが選択可能。

【ソフトウェアに関する特長】

“2層DVD−ROM”の大容量(8.5GB)を活かした圧倒的な情報量とデータへの高速アクセスを実現。時代の最先端をいくカーナビにふさわしい、様々な先進機能を発揮します。

1.2層DVD−ROMの大容量を生かした豊富なデータを収録

  • 詳細市街地図が全国290都市に拡大(東京23区含む)。
    街区毎に色分けされ、建物の形までわかる見易くきれいな詳細市街地図エリアが拡大。建物を指定するとその中にある施設情報を表示する施設内情報表示機能も追加され、より便利に。
  • 豊富な検索データ詳細情報。
    • 全国約20,200件の駐車場の営業時間、定休日、収容台数、料金、割引条件、制限など便利な情報を収録。
    • 買い物に便利。デパート名から周辺の駐車場を探せるデパート提携駐車場検索。
    • 定休日や営業時間、料金などを収録した約8、300件のプレイスポット詳細情報。
    • 全国約20、000件の銀行、郵便局のATM機の情報を収録。営業時間情報も収録しているので急な出費にも安心。
    • 7桁郵便番号による場所呼出が可能。特定法人の場合にはピンポイントで検索可能。
    • 名前の一部だけを手がかりに検索可能なキーワード検索。さらにエリアやジャンルでも候補が絞れるマルチ検索が可能。もちろんリモコン10キーでも文字の入力が可能。
    • その他従来からの4、900万件電話番号検索や住所での番地検索など、2層の大容量を生かした豊富な検索データを収録。

2.さらに充実した誘導機能

  • あらかじめ曲がるポイントの情報がわかるルートインフォメーション機能。
    3D地図表示時に曲がるポイントの交差点名称をあらかじめ地図上にわかりやすく表示するポップアップ名称表示に加え、ワイド画面の特性を活かし地図画面右側に2つ先までの案内ポイントの情報を表示するルートインフォメーション機能を新規搭載。交差点名称、自車位置からの距離、曲がる方向等があらかじめわかるので安心してドライブできます。
  • 交差点に近づくと自動的に地図がズームアップするオートスケールチェンジ。
    曲がるべき交差点に近づくと、より詳細な地図に自動的にズームアップ。交差点を過ぎると次の案内ポイントが画面内に入るスケールに自動的にズームダウン。いつでも案内ポイントが地図上で確認できます。
  • 3Dヘディングアップ交差点拡大。
    ドライバーの視点に近いヘディングアップで拡大図表示。しかも3D表示なので、よりリアルでわかりやすくなりました。
  • さらにわかりやすくなった新ハイウェイモード。
    • 複雑な都市高速のジャンクションやランプを3Dイラストでわかりやすく案内する3D ジャンクションモード。ルート走行中は道塗り表示とともに表示施設までの距離、料金を自動表示。さらにワイド画面を活かしたサイドマップ表示も可能。
    • ジャンクションでの分岐方向や方面案内、出口方向などをわかりやすく表示する都市間高速ハイウェイモード。表示施設までの距離、料金を自動表示するほか、VICS渋滞情報も表示します。

3.より使いやすくなったヒューマンインターフェース。

  • 地図表示、スクロール速度の高速化を実現。
    新開発の描画アルゴリズムにより、処理速度をアップ。地図スクロールや地図回転等のスピードアップを実現。
  • マルチボイスヘルプでさらに使いやすくなった音声認識。(AVIC−D919)
    • 音声操作で次に何を言えばいいか迷った時に便利なのが、マルチボイスヘルプ。その時に発話可能な言葉が一覧表示され、音声操作がスムーズにできます。
    • リモコンの10キーに割り付けられた機能を音声でも操作可能な10キーダイレクトボイスコントロール
  • よく使う機能をリモコン10キーに登録できる10キーカスタマイズ機能。
    使用頻度の高い機能はメニュー操作をショートカットしてリモコンの10キーでダイレクト操作可能。しかも約90種類の機能の中からよく使う機能をユーザーが自分で選んで登録することができます(登録は24種類まで可能)。

4.オリジナルWWWブラウザ搭載でインターネット対応。(AVIC−D919)

  • オリジナルWWWブラウザ「ブレインスコープ」搭載。
    “モバイルリンク”と“インターナビシステム”両方に対応した、カーナビ専用のブラウザを新開発。家で契約しているプロバイダーをそのまま利用することが可能です。
    ※この機能は「AVIC−D919」のPCカードスロットに、シリアルポートカード「CNSC-DS9」(別売)とデータアダプター(各携帯電話事業者別)、デジタル携帯電話を接続していただくことで、インターネットを通して外部情報を入手できます。
  • 新モバイルリンク対応。
    当社も運営協力し、6月よりリニューアルしてスタートする“新モバイルリンク”。カー用に最適化されたホームページ上の情報が、自車位置や目的地などのカーナビのデータとリンクできるようになり、より実用性の高いリアルタイム情報が得られます。
    ※ インクリメントP株式会社が運営するインターネット地図情報配信サービス「MapFanWeb」は、98年6月初旬より「MobileLink」に対応します。
  • インターナビシステム対応。
    7月にサービス開始が予定されている“インターナビシステム”にも対応。新モバイルリンク同様に自車位置や目的地とリンクしたリアルタイムな情報を得ることが可能です。

5.その他の新機能

  • VICS/D−GPSダブル受信。
    VICSのFM多重情報と、高精度測位を可能にするD−GPS情報を自動的に切り替えて受信。VICS情報を地図表示しながら高精度測位が可能になりました。
  • VICS情報渋滞リクエスト案内。
    ワンタッチで走行ルート前方に発生している渋滞情報を音声案内するとともに、渋滞している場所周辺の地図を表示します。
  • 自宅をお城で登録できる立体ランドマーク登録。
    通常の50種類のマークとは別に、約30種類の立体ランドマークから好みのマークを選んで地点登録できます。3D地図表示時には地図とともに回転し、楽しい地図が作れます。
  • 2D地図でも進行方向をより広く表示するレフトアップ(ライトアップ)モード。
    ワイド画面の左右の広さを活かし、常に進行方向が左(右)になるように地図表示。3D地図に比べて進行方向の地図が狭くなる欠点を解消します。

車載用液晶TV

●TV−W818(PsideP 8.0型ワイド液晶TVパック)

  1. 高画質の業界最大8.0型ワイドLCD搭載。
    • 液晶素材、カラーフィルター、バックライトを変更して高画質化を実現。
    • 低反射パネル、外光に合わせて表示部の明るさを自動調整するオートディマーを採用し、車室内での見やすさを追求。
    • 表示部の背面にスピーカー(φ36mm)を内蔵し、TV音声の出力が可能。また当社製カーナビとの 組み合わせでカーナビのガイド音声を出力するとともに受光部を共用。さらに表示部を消した状態でもガイド音声の出力が可能。
  2. ワイド画面ならではの多彩な画面表示が可能。
    • 12画面表示で記憶した放送局が選択可能…オートプリセットした放送局(最大12局)を8型画面を12分割して同時に表示可能(1放送がライブ、残り11局は静止画)。
    • 2種類の2画面表示…左右2分割で両方見やすいPsidePと、画面の中に子画面のあるPinP。
    • 5種類のTVワイドモード表示…通常のノーマル、左右に拡大するフル、左右周辺のみを拡大して違和感の少ないジャスト、全体を均等に拡大するズーム、映画放送で字幕が見やすいシネマの5種類。
  3. 操作性を向上するダイアルセレクターを採用。モニター左上部のダイアルセレクターで、簡単にモード切り替えや画面設定が可能。
  4. 走行中の受信状態に合わせて、最良の音を受信可能にするTVチューナーを採用。
    走行中における様々な電波の条件下で、強電界でHiFi受信、電波が弱くなるにしたがってノイズ成分を減らしていき、微弱電界でモノ受信にすることで、TV音声を最適な状態で楽しめるTVチューナーを搭載。
  5. 現在地で受信可能なTV局をダイレクト選局可能(AVIC-D919/D717との組み合わせで実現)。
    現在地で受信可能なTV局が選局できるエリアプリセット機能搭載。また、AVIC-D919接続時には音声でチャンネル呼び出しが可能。
  6. センターコンソール部の見やすい位置に取付け可能。
    1Dサイズ取付け金具(AD-V808既発売)を使用すれば、センターコンソールの1Dスペースを利用して取付け可能。

●AVX−P707W(7.0型ワイドAVシステムTV)

  1. 業界初、7.0型ワイド液晶インダッシュTVで全自動開閉を実現。
    先進性を演出するインダッシュタイプ最大サイズ7.0型で、全自動開閉を実現。また、表示部の背面にスピーカー(φ36mm)を内蔵し、TV音声の出力が可能。さらに、当社製カーナビとの組み合わせで、カーナビのガイド音声を出力するとともにリモコン受光部を共用。また、表示部を閉じた状態でもガイド音声の出力が可能。
  2. ユーザーの好みに合わせて明るさを設定できるインテリジェントディマー。低反射パネルの採用に加え、早朝や夕方等明るさが徐々に変化する状態でも、外光や ユーザーの好みに合わせて表示部の明るさを自動調整する新開発インテリジェントディマーを採用。
  3. ワイド画面ならではの5種類のTVワイドモード表示が可能。
    通常のノーマル、左右に拡大するフル、左右周辺のみを拡大して違和感の少ないジャスト、全体を均等に拡大するズーム、映画放送で字幕が見やすいシネマの5種類。
  4. 走行中の受信状態に合わせて、最良の音を受信可能にするTVチューナーを採用。
    走行中における様々な電波の条件下で、強電界でHiFi受信、電波が弱くなるにしたがってノイズ成分を減らしていき、微弱電界でモノ受信にすることで、TV音声を最適な状態で楽しめるTVチューナーを搭載。
  5. カードリモコンを付属。各種機能や表示部の角度調整などの詳細設定を可能にするカードリモコンを付属。
  6. 現在地で受信可能なTV局をダイレクト選局可能(AVIC-D919/D717との組み合わせで実現)。
    現在地で受信可能なTV局が選局できるエリアプリセット機能搭載。また、AVIC-D919接続時には音声でチャンネル呼び出しが可能。
  7. 各種システムに対応したAVシステムTV。
    当社製カーオーディオとの接続、カーナビとの接続、更にFMトランスミッター内蔵でカーTVとしての単独使用も可能。

その他

●CNDV−200(DVDナビゲーションマップVol.2)

97年モデル(AVIC-D909/D707/D700)で、98年モデルの最新機能を発揮するバージョンアップディスク。

●CNSC−DS9(シリアルポートカード)

インターネットを利用する際に必要なシリアルポートカード。

モバイルリンク(MobileLink)対応のお知らせ

 インクリメントP株式会社※が運営するインターネット地図情報配信サービス「MapFanWeb」は、98年6月初旬より「モバイルリンク(MobileLink)」に対応致します。

 現在、MapFanWebサービスには、グルメスポット、宿泊施設、プレイスポット、イベント、ビュースポットなどの地点情報が数多く登録されています。この度大幅リニューアルされた「あどMap」サービスにより、登録ユーザー様であれば自由にお勧めのお店・観光スポットなどを登録することができます。この登録情報は、自分のためだけに登録することも、全てのユーザーに公開することもできます。
 これらの情報を、自宅のパソコンで閲覧するだけでなく、移動中のカーナビゲーションから読み出し、目的地に設定して道案内させる事が可能になりました。

  1. 自宅のパソコンで目的地を選択、MapFanWebに登録しておく。移動中の車内からその目的地を呼び出し、目的地に設定してカーナビに道案内させる。
  2. 別のユーザーが登録してくれた「今週末一番紅葉が奇麗なスポット」「伊豆ドライブの帰り道に 寄っていきたい秘密のレストラン」などの“お勧め情報”を検索する。気に入った情報を目的地に設定して気まぐれドライブ!といった利用が可能になります。

 今後、地点情報の追加、新たなサービスの充実、インクリメントP株式会社が販売しているパソコンソフトMapFanシリーズでの対応など、積極的な情報追加、機能追加を進めていく予定です。

 * モバイルリンク(MobileLink)について
 モバイルリンク(MobileLink)とは、1997年11月に運用を開始した、インターネットを利用してモバイル情報端末で使用するための情報を提供するホームページです。98年6月初旬に、ホームページに掲載された施設の緯度経度情報をカーナビのデジタル地図とリンクさせる新サービスを開始します。MobileLinkについてのニュースリリースをご覧ください。

※インクリメントP株式会社
 代表取締役社長 : 清水敏彦
 所在地 : 東京都目黒区下目黒1−7−1
 事業内容 : カーナビ・パソコンソフトの企画、制作、販売等

【主な仕様】

◆AVIC−D919/D717
[GPS部] ●受信方式:8チャンネルマルチチャンネル受信方式
[受光部付スピーカー] φ36mm
[外形寸法] ●本体:277(W)×75(H) ×234.7(D)mm
●GPSアンテナ:51(W) ×53(H) ×15(D)mm
●リモコン:40(W) ×140.5(H) ×38.5(D)mm
●ステアリングリモコン(D919のみ付属) :34.7(W) ×56(H) ×20.2(D)mm
●受光部スピーカー:58(W) ×70.6(H) ×22.5(D)mm
[質量] ●本体:3.6kg(D919)/3.4kg(D717)
●GPSアンテナ:0.13kg
●リモコン:0.09kg※電池込み
●ステアリングリモコン(D919のみ付属) :0.02kg
●受光部スピーカー:0.18kg
◆AVIC−D710
[GPS部] ●受信方式:8チャンネルマルチチャンネル受信方式
[TVチューナー部] ●受信チャンネル:VHF1~12ch,UHF13~62ch
●実用感度:20dBf(75Ω、モノラル音声)
●映像SN比:40dB以上(65dBf映像入力、白100%)
●FMトランスミッター使用周波数:76.0~78.4Mhz(0.1Mhz間隔で連続可変)
[モニター部] ●画面サイズ:7.0インチワイド(有効表示面積87×156mm)
●画素数:336,960画素(234×1,440)
●方式:TFTアクティブマトリックス方式、透過型
●内蔵スピーカー:φ40mm
[TVアンテナ部] ●出力端子:φ3.5ミニプラグ×4
●アンテナケーブル:6.5m
[外形寸法] ●本体:277(W) ×75(H) ×234.7(D)mm
●GPSアンテナ:51(W) ×53(H) ×15(D)mm
●リモコン:40(W) ×140.5(H) ×38.5(D)mm
●TVモニター部:181(W) ×130.5(H) ×35.4(D)mm
●TVチューナー部:196(W) ×140(H) ×38(D)mm
●TVアンテナ部:34(W) ×227(H) ×44(D)mm
[質量] ●本体:3.4kg
●GPSアンテナ:0.13kg
●リモコン:0.09kg*電池込み
●TVモニター部:0.62kg
●TVチューナー部:0.9kg
●TVアンテナ部:0.3kg(コード含む、片側)
◆TV−W818
[TVチューナー部] ●受信チャンネル:VHF1~12ch,UHF13~62ch
●実用感度:20dBf(75Ω、モノラル音声)
●映像SN比:40dB以上(65dBf映像入力、白100%)
●FMトランスミッター使用周波数:77.5/77.7/77.9/78.1/78.3MHz
[モニター部] ●画面サイズ:8.0インチワイド(有効表示面積99.5×175.7mm)
●画素数:336,960画素(234×1,440)
●方式:TFTアクティブマトリックス方式、透過型
●内蔵スピーカー:φ36mm
[TVアンテナ部] ●出力端子:φ3.5ミニプラグ×4
●アンテナケーブル:6.0m
[外形寸法] ●TVモニター部:235.8(W) ×135.3(H) ×37.4(D)mm
●TVチューナー部:267.0(W) ×200.4(H) ×33.2(D)mm
●TVアンテナ部:30.0(W) ×186.0(H) ×35.7(D)mm
[質量] ●TVモニター部:0.75kg
●TVチューナー部:1.5kg
●TVアンテナ部:0.3kg(コード含む、片側)
◆AVX−P707W
[TVチューナー部] ●受信チャンネル:VHF1~12ch,UHF13~62ch
●実用感度:20dBf(75Ω、モノラル音声)
●映像SN比:40dB以上(65dBf映像入力、白100%)
●FMトランスミッター使用周波数:76.0~78.4Mhz(0.1Mhz間隔で連続可変)
[モニター部] ●画面サイズ:7.0インチワイド(有効表示面積87×156mm)
●画素数:336,960画素(234×1,440)
●方式:TFTアクティブマトリックス方式、透過型
●内蔵スピーカー:φ36mm
[外形寸法] 取付寸法:178(W)×50(H)×165(D)m
[質量] ●TVモニター部:1.8kg

報道資料

キーワードで探す

年月で探す