報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2000年 2月 1日
パイオニア株式会社

~2倍速録音で自分だけのオリジナルCDが作成できる~3枚CDチェンジャー+CDレコーダー「PDR-WD7」新発売

PDR-WD7

PDR-WD7

商品名 型番 価格(税別) 発売時期 月産予定台数
CDレコーダー PDR-WD7 106,000円 3月初旬 5,000台

【企画意図】

 当社は、1998年秋より音楽専用CDレコーダーを国内市場に導入いたしました。以来、手軽に高音質録音ができることや、容易にオリジナルCDが作れるなどの特長により、CDレコーダー市場は急成長を遂げております。録音したCD−Rディスク※は、お手持ちのカーCDプレーヤーや、CDミニコンポ、CDラジカセ等で再生できるため、多くのユーザーの支持を得ており、当社では今年の国内市場規模は20万台に達するものと予測しております。(含システム商品)
 この度当社は、3枚CDチェンジャーとCDレコーダーを1つの筐体内に凝縮した多用途・多目的の新感覚コンポーネント「PDR−WD7」を新発売いたします。
「PDR−WD7」は、ボタン1つで簡単に2倍速録音ができる「ワンタッチコピー」をはじめ、様々な録音・編集ニーズに応える「コピーモード」、CD4枚分の長時間BGMがお楽しみいただける「リレープレイ」など、多彩な機能を搭載しております。
 この製品の発売により、当社はCDレコーダーのラインアップをより一層充実させ、多様化するユーザーニーズにお応えしてまいります。

 ※ CD−Rディスクは一部のプレーヤーで再生できない場合があります。
CD−RWディスクは対応するCDプレーヤー以外では再生できません。

【主な特長】

1 ) 3枚CDチェンジャーとCDレコーダーを凝縮した新感覚コンポーネント

業界初、3枚CDチェンジャーとCDレコーダーを横幅42センチのフルコンポサイズに凝縮。この1台でCDの録音・編集が可能です。

2 ) 簡単コピー・編集を実現する多彩な機能

  1. 3枚CDチェンジャーからCDレコーダーへの録音において、従来の半分の時間で録音ができる「2倍速コピー機能」、ファイナライズも従来の約半分の時間で終了する「2倍速ファイナライズ機能」(当社モデル比較)を搭載。
  2. 「コピースタート」ボタンを押すだけで、3枚CDチェンジャーのトレイ1からCDレコーダーへの2倍速録音を開始し、自動でファイナライズまで行う「ワンタッチコピー機能」を搭載。
  3. CDチェンジャーからCDレコーダーへの多彩な「コピーモード」を実現。ディスクをかけかえる手間を省き、好きなアーティストの曲を集めたオリジナルCD作りも手軽にかつ自在に楽しめます。

■様々なニーズに応える多彩なコピーモード■

コピーモード

3 ) 外部入力接続時の「デジタル/アナログ シンクロ録音機能」

 デジタル入力に加え、アナログ入力に対してもワンタッチで簡単に録音の出来る「デジタル/アナログ シンクロ録音機能」を搭載。録音ソースの再生/停止に合わせて3通りの録音(1トラック、オールトラック、オートファイナライズ)が自動的に開始/停止します。また、送り出し側のトラックナンバーの変更(デジタル/アナログ=2秒以上の曲間で検出)により、トラックナンバーの自動更新も行われます。

4 ) その他の特長

  • あらゆるソースからのデジタル録音が可能な「サンプリングレートコンバータ」
    CDのサンプリング周波数(44.1kHz)と異なるCS放送(48kHz)やBS Aモード(32kHz)の信号も44.1kHzに自動変換し、デジタルのまま録音出来ます。
  • レコーディング環境を最適化する「ストラテジー・コントロールIC」
    ストラテジー・コントロールICとランニングOPC動作(最適記録パワー調整回路)により、各種CD−R/CD−RWブランクディスクごとに微妙に異なる記録特性に合わせて、記録時にレーザーパワーと記録ストラテジーを常に最適化します。
  • デジタル入力信号のサンプリング周波数が44.1KHzの場合、HDCDやDTS−CDをそのままの高音質で録音できる「サンプリングレートコンバータスルー」
  • CDのフォーマットではカットされている20kHzの高音域を再生し、自然で原音に近い高音質を実現する「レガート・リンク・コンバージョン」
  • デジタル録音はもちろん、外部機器からのアナログ入力に対しても、録音レベルを+12dB~−∞まで変えられる「デジタルボリウム」
  • 3枚CDチェンジャー+CDレコーダーの4枚連続再生が可能な「リレープレイ」
  • 任意のトラックを飛ばして再生する「トラックスキップ」
  • CD−RディスクとCD−RWディスクに対応
  • SCMS(シリアル・コピー・マネージメント・システム)対応
  • 再生時の正確な信号の読み出しを可能にする「再生Z−コンセプト」
※ 「PDR−WD7」は民生用に開発された製品です。この製品では「音楽用FOR MUSIC USE ONLY」または「民生用FOR CONSUMER USE」と表示されたCD−R/CD−RWディスクのみ録音できます。(業務用CD−R/CD−RWディスクは使用できません。)

【主な仕様】

サンプリング周波数 再生  44.1kHz
録音入力 32kHz、44.1kHz、48kHz
電源電圧 AC100V 50/60Hz
消費電力 24W
外形寸法(W×H×D) 420×128×380mm
質量 6.9Kg
オーディオ性能  
周波数特性 2Hz~20kHz
再生S/N比 105dB(EIAJ)
録音S/N比(アナログ) 90dB
再生ダイナミックレンジ 96dB
録音ダイナミックレンジ(アナログ) 90dB
再生全高調波歪 0.003%(EIAJ)
録音全高調波歪(アナログ) 0.005%(EIAJ)
ライン出力電圧 2Vrms
デジタル同軸出力 0.5Vp-p±20%(75Ω)(EIAJ)
デジタル光出力 −15~−21dBm(波長660nm)
入出力端子 アナログ入力端子 ×1系統
アナログ出力端子 ×1系統
デジタル入力端子 光×1/同軸×1
デジタル出力端子 光×1/同軸×1
ヘッドフォン出力端子(VR付) ×1
コントロール入力端子(SR端子) ×1

報道資料

キーワードで探す

年月で探す