報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2017年 7月 26日
パイオニア株式会社

業務用ニーズに応えるドライブレコーダー「ND-DVR30-B」を新発売~2カメラ同時録画に対応し、「危険運転警告」機能で安全運転をサポート~


【ND-DVR30-B】
商品名 型番 希望小売価格 発売時期
ドライブレコーダーユニット ND-DVR30-B オープン価格 8月上旬

パイオニアは、2カメラ同時録画に対応したディスプレイ一体型の業務用ドライブレコーダー「ND-DVR30-B」を発売します。

近年、事故削減の観点から、業務車両にドライブレコーダーを装着する企業が増えています。
本機は、業務にドライブレコーダーを活用する企業のニーズに応えるべく、「高画質」に加え、「2カメラ同時録画」や「長時間録画」などのさまざまな機能を実現しました。手軽に事故分析や安全運転のサポートを行えるので、幅広い企業の業務改善にお役立ていただけます。

「ND-DVR30-B」商品ページ

主な特長

(1) 2カメラ同時録画に対応。車両前方をフルHDで記録可能

2カメラ同時録画に対応しており、別売のフロアカメラユニットやバックカメラユニットを取り付けることで、運転席や車両後方を同時に録画することができます。また、高解像度300万画素のCMOSセンサーを搭載しており、フルHD(1920×1080p)画質で広範囲の前方風景を細部まで撮影できます。
※増設したカメラの録画はVGA画質になります。

推奨車室内専用カメラ「ND-FLC1」

車室内の様子を高画質/高画角で鮮明に撮影できる赤外線LED内蔵車室内専用カメラユニット

推奨バックカメラ「ND-BC8II」

自然な画像で鮮明に撮影。見やすさを追求した汎用バックカメラユニット

(2) 業務用途に配慮した録画機能

  • 重大事故時の映像だけでなく、急加減速や急ハンドルなどの危険挙動時の映像も自動で保存します。
  • 一般車両よりも稼働時間の長い業務車両に配慮し、最大62時間の連続録画を実現しています。

(3) 急加減速や急ハンドルなどの危険挙動を検知、警告し、安全運転をサポート

危険挙動(急加速、急減速、急ハンドル、速度超過)を検知すると音でドライバーに警告し、安全運転をサポートします。

(4) その他の特長

  • 逆光時や夜間、トンネルの出入り口など、明暗差の激しい場合の映像を補正する「WDR」機能
  • LED信号機の点灯周期に配慮
  • ドライバーの誤操作によるデータ消去や設定変更を防ぐ「操作ロック」機能
  • SDカードの紛失を防ぐ「SDカードスロットカバー」
  • 複数の業務車両に同一の初期設定をコピーできる「SDカード一括設定」機能
  • 全日本トラック協会標準型(2017年7月度申請中)
※ 録画した映像は設定時間(1分、3分、5分)単位で1ファイルとして記録され、microSDHCカードの容量が無くなると、古いファイルから上書きします。
* この資料に記載されているその他の商品名、およびシステム名は各社の商標、または登録商標です。

主な仕様

記録媒体 microSDHCカード class10 (8 GB~32 GB)
撮影素子 約300万画素
記録画角 水平110度 垂直56度 対角132度
F値 F1.8
記録解像度 3M高画質(2304×1296p)、フルHD(1920×1080p)、
HD(1280×720p)、VGA※1(848×480p)
GPS 搭載(準天頂衛星みちびき対応)
Gセンサー 3軸Gセンサー(衝撃検知:6段階のレベル設定可能 / 危険挙動検知:感度調節可能 / 駐車監視:3段階のレベル設定可能)
記録方式 連続録画、イベント録画、手動イベント録画、駐車監視録画
録画ファイル構成 1分、3分、5分
ディスプレイ 2.4 インチ液晶
音声録音 ON / OFF可能
フレームレート 27.5 fps
画素圧縮方式(動画) 動画:MP4(H.264 + ADPCM codec)、写真:JPEG
電源電圧 本体DC5 V(12V/24 V用電源ケーブル付属)
消費電力 3.7 W(充電時4.5 W)
動作温度 -10 ℃~+60 ℃(バッテリー充電時は、0 ℃~+45 ℃)
内蔵バッテリー容量 500 mAh
外形寸法 78.5 mm (W) ×68 mm (H) ×36.8 mm (D)
質量 110 g (取付ブラケット、電源ケーブル等を除く)
※1 録画モード:長時間1、長時間2の場合はVGA画質になります。

報道資料

キーワードで探す

年月で探す