報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2012年 9月 12日
パイオニア株式会社

~DSDディスク※1も楽しめる音楽ディスクプレーヤーの上位モデル~スーパーオーディオCDプレーヤー「PD-70」を新発売

PD-70
商品名 型番 希望小売価格(税込) 発売時期
スーパーオーディオCDプレーヤー PD-70 94,000円 10月中旬
※1 DSDフォーマットの音楽ファイル(拡張子dsf)を記録したDVD-R/RWディスク

【企画意図】

 近年、国内の音楽パッケージ市場では、SACDやデジタルリマスターCDに代表される高音質の音楽ディスクが数多く発売されています。また、インターネットの音楽配信においても、SACDに採用されている高音質フォーマット、DSD(Direct Stream Digital)ファイル配信を行うサイトも登場するなど、高音質なハイレゾリューション音源に対応した再生機へのニーズが高まっています。
当社は、“SACDやDSD音源の高音質再生を楽しみたい”というニーズに応え、DSDディスクが再生可能なスーパーオーディオCDプレーヤー「PD-70」を発売します。
本機は、スーパーオーディオCDプレーヤー「PD-30」「PD-10」(2012年7月発売)の上位モデルとして、音声信号を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」、原音に忠実な音楽再生を実現する「192kHz/32bit ツインD/Aコンバーター」や、デジタルとアナログの電源を完全分離して高いS/N比を実現する「ツイン電源トランス」など、上級コンポーネントで培ってきたさまざまな技術を採用しており、音楽ディスクの高音質再生を楽しめます。
また、インテグレーテッドアンプ「A-70」「A-50」(2012年10月中旬発売予定)ともマッチするヘアライン仕上げのアルミパネルを採用しています。

【DSDディスク プレゼントキャンペーン】

「PD-70」を購入されたお客様を対象に、株式会社リットーミュージック サウンド&レコーディング・マガジン編集部のご協力による、話題の新進アーティストによる高音質なスタジオライブ曲を集めたオリジナル“DSDディスク”のプレゼントキャンペーンを実施します。

・DSDディスクタイトル: “Premium Studio Live Original Selection”
・応募期間: 2012年10月10日(水)~2012年11月26日(月)

【主な特長】

1 ) SACDとDSDディスクの再生が可能

SACDに採用されているオーディオフォーマットであるDSDは、音声信号の大小を1ビットのデジタルパルスの密度で表現する方式を採用し、CDを上回る再生周波数特性とダイナミックレンジを実現しています。
本機では、市販のSACDのほか、インターネット配信サービスなどからダウンロードした高音質なDSD音源を記録したディスクも再生できます。

2 ) 「192kHz/32bitツインD/Aコンバーター」の搭載や高精度な信号伝送により、原音に忠実な音楽再生を実現

DSD信号もダイレクトに高精度処理できる192kHz/32bit D/Aコンバーターを、左右の音声チャンネル毎に並列動作させることで、チャンネル間の干渉を抑制。「ジッターリダクション回路」を搭載することで原音に忠実な音楽再生を実現します。また、通信機器の分野においても評価の高い、正確な信号伝送を可能にする「ハイアキュラシーマスタークロック」を採用し、時間軸のブレを最小限に抑えます。外部デジタル機器から192kHz/24bitまでのPCMデジタル音声信号を入力できる光・同軸デジタル入力端子を搭載し、本機を最新の高音質D/Aコンバーターとして利用することも可能です。

イメージ 192kHz/32bitツインD/Aコンバーター

3 ) 音声信号を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」を搭載

音声信号を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」により、CDなどのマルチビット音源の32bit拡張を行い、より情報量の多い自然な音を楽しむことができます。また、拡張処理のON/OFF切替が可能です。

4 ) アナログとデジタルの電源を完全分離させたツイン電源トランスを搭載し、高いS/N比を実現

アナログとデジタルの電源を完全分離させたツイン電源トランスを搭載することで、デジタルノイズの干渉を排し、高いS/N比を実現しています。

イメージ ツイン電源トランス

5 ) 高い読み取り精度と信頼性を誇る自社開発ドライブと、クリアな音を実現する独自の制振CDトレイ構造を採用

自社開発の光ピックアップや、摩擦が少なく回転が安定しているブラシレスモーターの採用など、高い読み取り精度を持つ自社開発ドライブを採用しています。また、当社独自の制振CDトレイ構造「アコースティックダンパートレイ」により、ディスクやピックアップに伝わる外部振動をダンパーで吸収し、クリアな音を実現します。

6 ) iPod、iPhone、iPadのデジタル入力再生に対応

フロントパネルのUSB入力端子により、iPod、iPhone、iPad内の音楽ファイルを高音質に再生します。また、USBメモリーに記録されたWMA、MP3、AACファイルの再生も可能です。iPod、iPhone、iPadの充電にも対応しています。

7 ) シャーシの高剛性化による筺体の無共振化を徹底

底面部を2重構造(厚さ2.6mm)にするなど、メカやトランス、基板を支えるシャーシ全体の剛性を上げ、低重心にすることで、無共振化を徹底。より細かな音楽のニュアンスまで再生することが可能です。また、フロントパネルにはヘアライン仕上げのアルミを採用し、高い質感と高剛性を実現しています。

8 ) その他の特長

  • MP3やWMAなどの圧縮音源も、より高音質に再生可能な「アドバンスドサウンドレトリバー」機能
  • トラックごとに異なる音量レベルで収録された2ch音声の出力レベルを一定に揃える「A.L.C.(オートレベルコントロール)」機能
  • ディスプレイとデジタル出力をOFFし、オーディオ信号へのノイズを軽減させる「Pure Audioモード」搭載
  • ヘアライン仕上げを採用した高品位なシンプルリモコン
  • 極太タイプの着脱可能電源コードを採用
  • 電源を入れたまま長時間使用しない時に、自動的に電源を切る「パワーマネジメント機能(A.P.D)」を搭載する など、環境に配慮した設計
* iPod、iPadは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
* DSDは登録商標です。

【主な仕様】

プレーヤー部
再生可能
メディア/フォーマット
音楽CD 音楽CDフォーマット
SACD SACDフォーマット
CD-R/RW MP3、MPEG 4 AAC、WMA
DVD-R/RW DSD、MP3、MPEG 4 AAC、WMA
フロントUSB iPod/iPhone/iPad 対応
USBメモリー MP3、MPEG 4 AAC、WMA
チャンネル数 CD/SACD 2 ch
周波数特性 CD 2 Hz~20 kHz
SACD 2 Hz~50 kHz
SN比(JEITA) CD/SACD 117 dB
ダイナミックレンジ CD 100 dB
SACD 108 dB
全高調波歪率 CD 0.0022 %
SACD 0.0020 %
背面端子
出力端子 アナログ LR×1(RCA金メッキ)
デジタル 光×1、同軸×1(RCA金メッキ)※2
入力端子 デジタル 光×1、同軸×1(RCA金メッキ)
その他端子 SR IN/OUT (コントロール用端子)
電源部・その他
電源電圧 AC100 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 40 W
待機時消費電力 0.45 W
外形寸法 (W) × (H) × (D) 435 mm × 128 mm × 329 mm
本体質量 7.8 kg
※2 SACD、 DSD DISC、 iPod、 iPhone、 iPad、光デジタル / 同軸デジタルに入力した信号の再生時は光デジタル / 同軸デジタル出力端子から音声は出力されません。

報道資料

キーワードで探す

年月で探す