報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2012年 9月 6日
パイオニア株式会社

~テレビやスマートフォンの音楽を良い音で楽しめる~スリムでスタイリッシュなホームシアター4機種を新発売

<テレビの前に簡単に設置できるバータイプ> <本格的シアター志向のマルチサラウンドタイプ>
【HTP-HW950】【HTP-SB550】  【HTP-S757】【HTP-S353】
商品名 型番 希望小売価格 発売時期
2.1ch サウンドウィングバーシステム HTP-HW950 オープン価格 10月中旬
3.1ch サウンドバーシステム HTP-SB550
5.1chサラウンドシステム HTP-S757 10月上旬
5.1chサラウンドシステム HTP-S353 10月中旬

【企画意図】

 近年、テレビ放送のデジタル化とテレビ画面の高精細化によりテレビの画質が向上するなか、テレビを良い音で楽しみたいというニーズが高まっています。また、薄型テレビの普及により、テレビ周りのインテリアには省スペースでスタイリッシュなものが求められ、ホームシアターにおいても限られたスペースを活用できるモデルが人気を集めています。
パイオニアは、「テレビをもっと良質な音で楽しみたい」「リビングで手軽にホームシアターを楽しみたい」というニーズに応え、スリムでスタイリッシュなホームシアター4機種を発売します。テレビ前のスペースに簡単に設置できるバータイプと、本格的にシアターを楽しめる5.1chサラウンドタイプをラインアップしており、お客様のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。いずれの機種も、薄型テレビの周りにすっきりと納まるスリムでコンパクトなサイズでありながら、パイオニア独自の音場技術により、自然で迫力のあるサウンドを実現しています。また、Bluetooth®無線技術に対応しているので、テレビをつけていない時にも、スマートフォンや携帯電話などに保存した楽曲をワイヤレスで転送して本格的な音を楽しめるオーディオシステムとしても使用することができます。

【4機種共通の特長】

1 ) 薄型テレビの周りにすっきりと納まるスリムでコンパクトなスタイリッシュデザイン

薄型テレビ周りのスペースを有効に活用し、リビングのインテリアに調和する、スリムでスタイリッシュなデザインを採用しています。テレビ前のスペースに簡単に設置できるバータイプを2モデルと、本格的にシアターを楽しめる5.1chサラウンドタイプ2モデルをラインアップしており、お客様のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。
全機種共通サイズの薄型サブウーファー(幅:435mm×高さ:130mm×奥行き:363mm※1)は、縦置きにも横置きにも対応しているので、さまざまな場所に設置することができます。

2 ) 自然なサラウンド感と迫力のある音を再現する独自技術「フェイズコントロール」を採用

“音のズレ”を補正する当社独自の技術「フェイズコントロール」を採用することで、サブウーファーからの低音の遅れを解消し、力強い低音と中高音が一体となったリアルな音を再現します。また、スピーカーシステムごとに、低音から高音までがスムーズに繋がるよう周波数特性を調整しているため、スリムでコンパクトなスピーカーでもサラウンド感に優れた自然な音場を楽しむことができます。

3 ) スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで簡単に楽しめるBluetooth®無線技術に対応

Bluetooth®無線技術に対応しているので、テレビをつけていない時でも、スマートフォンや携帯電話などに保存した楽曲をワイヤレスで転送して楽しむことができます。また、独自の音質補正技術「サウンドレトリバー エアー」により、圧縮音源のワイヤレス伝送においても高音質な再生を実現します。さまざまな機器と手軽に接続して本格的な音を楽しめるオーディオシステムとして使用することができます。

4 ) 映像に合わせて立体感のある音声も楽しめる「バーチャル3Dサウンド」※2を搭載

当社独自の仮想音場技術「バーチャル3Dサウンド」※2を搭載しています。3Dなど迫力ある映像に合わせて、テレビの後ろ側などにもスピーカーがあるかのように音が再現され、より臨場感のある音を楽しむことができます。

5 ) テレビと簡単に接続できる、マルチリンク※3やARCに対応したHDMI®端子

HDMI®によるコントロール機能(マルチリンク)により、対応するテレビ※3のリモコンからもホームシアターの基本機能を操作できます。また、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)に対応しているので、HDMI®ケーブル1本でテレビの音声を本機で再生できます。さらに、最新の規格に対応したHDMI®入力端子を3つ搭載しているので、テレビコンテンツだけでなく、ゲーム機やBDプレーヤーなど、さまざまな機器と接続して多彩なコンテンツを楽しむことが可能です。

6 ) その他の特長

  • 最新のロスレスサウンド「ドルビー TrueHD」「DTS-HD」など、さまざまなフォーマットに対応
  • 環境に配慮した低消費電力(待機時消費電力: 0.5w/HDMI®コントロール機能OFF時)

【2.1ch サウンドウィングバーシステム「HTP-HW950」の主な特長】

■ 心地よいサウンドが広がる極薄デザインのHVT方式スピーカー“SOUND WING”
バータイプのフロントスピーカーには、独自開発したHVT方式の両面駆動タイプを採用しています。薄いスピーカーの両面から音を放射するため、あらゆる方向に音が広がり、部屋のどこにいても心地よい音場を楽しむことができます。また、HVT方式により非常に薄い形状を実現したことで、テレビ画面をさえぎらず、インテリアの邪魔にならないスタイリッシュなデザインに仕上げています。壁掛けにも対応しており、圧迫感を与えずに壁面に設置することができます。

【3.1ch サウンドバーシステム「HTP-SB550」の主な特長】

■ テレビの前に手軽に設置できる横幅80cmのバータイプスピーカー
視聴やインテリアの邪魔にならないスリムなバータイプスピーカーを採用しています。テレビラックにじかに置いたり、付属のスタンド(高さ調整2段階)を取り付けて、薄型テレビのスタンドをまたいで設置することが可能なので、テレビ周りのスペースを有効に活用して、3.1chの音場を楽しめます。

【5.1ch サラウンドシステム「HTP-S757」の主な特長】

■ 2 wayシステムを採用したトールボーイスピーカー
トールボーイスピーカーには、口径6.6cmコーン型ウーファーと口径2.6cmセミドームトゥイーターを組み合わせた2wayスピーカーシステムを採用しており、幅広い音域を再現できます。スリムでシンプルな形状に黒光沢仕上げを施し、薄型テレビや部屋のインテリアに調和する、スタイリッシュで高級感のあるデザインに仕上げました。

【5.1ch サラウンドシステム「HTP-S353」の主な特長】

■ 設置場所に合わせたセッティングが可能なコンパクトサイズのスピーカー
コンパクトサイズのスピーカーは、フロントスピーカーとサラウンドスピーカーを重ねることもでき、壁掛けにも対応しているので、設置スペースに合わせてさまざまな形で設置できます。また、独自のサラウンド技術「フロントサラウンド・アドバンス」を搭載しているので、サラウンドスピーカーをフロントスピーカーに重ねて前方に設置した場合も、後方にもスピーカーがあるような自然なサラウンド感を楽しめます。

※1 横置き時(縦置き用スタンド寸法含まず)。
※2 音声フォーマットや設定によっては再現できない場合があります。
※3 互換性のある他社製テレビ:シャープ株式会社製AQUOSファミリンク対応の液晶テレビ「アクオス」、パナソニック株式会社製ビエラリンク対応のテレビ 「ビエラ」、株式会社東芝製レグザリンク対応のテレビ、株式会社日立製作所製Woooリンク対応のテレビ、ソニー株式会社製ブラビアリンク対応の液晶テレビ「ブラビア」。互換性のある他社製プレーヤーおよびレコーダー(各社リンク機能対応テレビと合わせての使用時のみ):シャープ株式会社製AQUOSファミリンク対応のデジタルハイビジョンレコーダー「AQUOSハイビジョンレコーダー」、ブルーレイディスクレコーダー「AQUOSブルーレイ」、パナソニック株式会社製ビエラリンク対応のプレーヤーおよびレコーダー、株式会社東芝製レグザリンク対応のプレーヤーおよびレコーダー、株式会社日立製作所製Woooリンク対応のレコーダー、ソニー株式会社製ブラビアリンク対応のブルーレイディスクプレーヤーおよびレコーダー。互換性のある他社製商品:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント製ブラビアリンク対応の「プレイステーション 3」。上記動作は各機器の設定などによって動作しない場合もあります。互換性のある他社製品であっても、すべての連動動作を保証するものではありません。また、上記以外の他社製テレビやプレーヤー、レコーダーとの連動動作は保証外です。詳しくはパイオニアホームページをご覧ください。AQUOSファミリンクは、シャープ株式会社の登録商標です。ブラビアリンクは、ソニー株式会社の登録商標です。プレイステーションは株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。その他文中の商品名、技術名および会社名等は、各社の商標または登録商標です。
* Bluetooth®ワードマークは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パイオニア株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。
* HDMI®は、HDMI Licensing LLCの商標です。
* ドルビーは、ドルビーラボラトリーズの登録商標です。
* DTSはDTS社の登録商標です。

【主な仕様】

■アンプサブウーファー部

  HTP-HW950 HTP-SB550 HTP-S757 HTP-S353
総合出力
(実用最大出力合計値、非同時駆動)
80 W 100 W 140 W 140 W
消費電力 / 待機時消費電力
(スタンバイ状態、
HDMI®コントロール機能OFF 時)
32 W / 0.5 W
外形寸法 横置き時: 435 mm (W) × 128 mm (H) × 363 mm (D)
縦置き時: 120 mm (W) × 436 mm (H) × 363 mm (D)
本体質量 7.6 kg
<アンプ部>
HDMI端子 入力:3 /出力: 1
音声入力端子 光デジタル1入力
<サブウーファー部>
形式 バスレフ式 13 cm (コーン型)

■HTP-HW950スピーカー部 (フロントスピーカー)

型 式 密閉式 
ウーファー: 5.7 cm×3 cm (両面HVT方式)×4
トゥイーター:φ2 cm (ドーム型)×4
外形寸法 900 mm (W) × 71 mm (H) × 93 mm (D)
本体質量 1.6 kg

■HTP-SB550スピーカー部 (フロント/センタースピーカー)

型 式 密閉式  4 cm×7 cm (コーン型)×4
外形寸法 スタンドなし   800 mm (W) × 57 mm (H) × 85 mm (D)
スタンド使用時 800 mm (W) × 88 または100 mm (H) × 102 mm (D)
本体質量 1.5 kg (スタンド使用時:1.6 kg)

■HTP-S757スピーカー部

<フロント/サラウンドスピーカー>
型 式 密閉式フロア型
<フロント>
ウーファー: φ6.6 cm (コーン型)×2
トゥイーター: φ2.6 cm (セミドーム型)×1
<サラウンド> φ6.6 cm (コーン型)×1
外形寸法 250 mm (W) × 1,110 mm (H) × 250 mm (D)
本体質量 フロント: 3.5 kg、サラウンド: 3.4 kg
<センタースピーカー>
型 式 密閉式ブックシェルフ型 φ6.6 cm (コーン型)×2
外形寸法 230 mm (W) × 80 mm (H) × 90 mm (D)
本体質量 0.7 kg

■HTP-S353スピーカー部

<フロント/サラウンドスピーカー>
型 式 密閉式ブックシェルフ型 φ6.6 cm×1 (コーン型)
外形寸法 95 mm (W) × 80 mm (H) ×90 mm (D)
本体質量 0.3 kg
<センタースピーカー>
型 式 密閉式ブックシェルフ型 φ6.6 cm×2 (コーン型)
外形寸法 230 mm (W) × 80 mm (H) × 90 mm (D)
本体質量 0.7 kg

>> 商品情報へ

報道資料

キーワードで探す

年月で探す