報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2011年 4月 14日
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
パイオニア株式会社

ドライバー向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネット」がスマートフォンに対応~カーナビアプリをドコモが提供開始し、対応ナビクレイドルをパイオニアが発売~

 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(代表取締役社長:山田隆持 本社:東京、以下ドコモ)とパイオニア株式会社(代表取締役社長:小谷進 本社:神奈川、以下パイオニア)は、ドコモが提供するドライバー向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネット™」のスマートフォン対応に向け取り組んでまいりました。この度、スマートフォン対応の準備が整いましたので、2011年4月21日(木)よりサービスを提供開始いたします。

 「ドコモ ドライブネット」のスマートフォン向けサービスでは、ドコモマーケットより「ドコモ ドライブネット アプリ(ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア)」をダウンロードするだけで、最新のドライブ専用地図や自車位置の表示、周辺施設検索など無料のサービスをご利用いただけます。※1また、「ドコモ ドライブネット」を契約(有料)すれば、駐車場満空情報やガソリンスタンド価格情報など、ドライブに必要な最新のエリア情報を取得できるほか、目的地までのルートを探索し、イラスト表示を使って分かりやすく案内するカーナビゲーション機能をご利用いただけます。

 「ドコモ ドライブネット」のスマートフォン対応にあわせて、パイオニアはカロッツェリア スマートフォンリンク ナビクレイドル(以下ナビクレイドル)「SPX-SC01」を2011年4月21日(木)より発売いたします。対応のスマートフォンをナビクレイドルに接続して使えば、GPS電波が届きにくいトンネルの中や高架下の道路などでも正しく自車位置を表示し、ルート案内することができます。また、VICS®渋滞情報の約5倍(全国約33万km)の道路をカバーするスマートループ渋滞情報®※2のリアルタイムな情報を得ることができるので、渋滞を考慮したルート探索など、スマートフォンを本格的なカーナビゲーションとして使うことができます。

 なお、ドコモでは本サービス対応のスマートフォンをご利用のお客様に「ドコモ ドライブネット」の有料サービスを体験いただけるよう、2011年4月21日(木)から6月30日(木)までの期間中に、新たに「ドコモ ドライブネット」をご契約いただいた場合、ご契約月を含む3ヶ月の月額使用料を無料とさせていただきます。

※1 アプリケーションのダウンロードは無料ですが、パケット通信料がかかります。
※2 パイオニア カロッツェリアのカーナビ搭載車などから集めたリアルタイムの渋滞情報とこれまでに蓄積した情報をあわせ、ドライバーに提供する渋滞情報サービスです。

【サービスの特長】

 「ドコモ ドライブネット」のスマートフォン向けサービスには、ドコモマーケットより「ドコモ ドライブネット アプリ」をダウンロードするだけで使える無料サービスと、「ドコモ ドライブネット」を契約することで使える有料サービスがあります。また、別売のナビクレイドルを使うことにより、スマートフォンを本格的なカーナビゲーションとして使うことができます。

◎「ドコモ ドライブネット アプリ」をダウンロード(無料※1)することで使える主な機能

  • 道路の種類や大きさ、交差点の名前など、ドライブに必要な情報を見やすく表示する地図を表示(全国1,340都市の市街地図を含む)。
  • ドコモのネットワークを通じて、最新の地図データを表示。
  • 行きたい場所を、住所や電話番号、フリーワードから検索できる検索機能。
  • 自車位置を地図上に表示する自車位置表示機能。

「ドコモ ドライブネットアプリ」に関する情報はドコモ ドライブネットサイト(https://docomo-drivenet.jp/pub/smt/)でもご案内しています。

◎「ドコモ ドライブネット」を契約(有料)することで使える主な機能

  • 駐車場満空情報やガソリンスタンド価格情報、グルメ情報、テレビ紹介スポット情報など、ドライブをサポートするリアルタイムな情報を入手できる最新エリア情報検索機能。
  • 道の広さや走行距離、有料道路の使用など指定に合ったルートを探索し、案内するカーナビゲーション機能。
  • 迷いやすい交差点や走行レーン、高速道路の分岐や出入り口を分かりやすく表示するイラスト表示案内。
  • 車が案内ルートを外れた場合に、ドライブ状況を判断してルートを引き直すインテリジェントリルート機能。

◎「ナビクレイドル」を使用することで使える主な機能

  • 各種センサーの搭載により、GPS電波の届きにくいトンネルの中や高層ビル街、高架下の道路などで正しく自車位置を表示。
  • ルート案内時に、交差点など案内地点の約30m手前(一般道の場合)で音声案内。※3
  • 約33万kmの道路をカバーするスマートループ渋滞情報を使った渋滞考慮ルート探索。※3※4
  • ドライブ中にエコ運転の度合いを色で表示するエコドライブアシスト機能。
  • ナビクレイドル内蔵スピーカーを使った音声ルート案内※3やスマートフォンにダウンロードした楽曲の再生。
  • ナビクレイドル内蔵マイクとスピーカーを使ったハンズフリー通話。
  • スマートフォンのバッテリー充電。
  • ※吸盤を使って、クルマに簡単に取り付けることができます。

スマートループ渋滞情報では、東日本大震災の被災地における移動を支援するため、3月12日(土)以降の走行実績がある道路を表示しています。「ドコモ ドライブネット アプリ」をダウンロードしたスマートフォンをナビクレイドルに接続すれば、走行実績がある道路を確認することができます。※5

※3 ドコモ ドライブネット契約(有料)が必要です。
※4 スマートループ渋滞情報の受信および地図上への表示については、「ドコモ ドライブネット アプリ」をダウンロード(無料※1)し、「ナビクレイドル」を使用することでご利用いただけます。
※5  スマートループ渋滞情報に対応する道路が表示対象になります。また、走行実績がある道路でも、現在通行できることを保証するものではありません。3月12日以降に余震等で通行不能になった場合、走行実績が正しく反映されない可能性があります。ルート探索時に通行実績の有無は考慮されません。
本文
* 「ドコモ ドライブネット」は、株式会社NTTドコモの商標です。
*  「スマートループ渋滞情報」は、パイオニア株式会社の登録商標です。
*  Bluetoothは、米国Bluetooth SIG.Incの登録商標です。
* 「VICS」は、財団法人 道路交通情報通信システムセンターの登録商標です。
* 「Xperia」は、Sony Ericsson Mobile Communications ABの商標です。

【「ドコモ ドライブネット」のスマートフォン向けサービスの概要】

サービス開始日 2011年4月21日(木)
ご利用方法 ドコモマーケット(スマートフォン)から専用カーナビアプリ「ドコモ ドライブネット アプリ」をダウンロード
※無料サービスは、ダウンロード後そのままご利用いただけます。
※有料サービスを利用するには、「ドコモ ドライブネット」契約が必要です。
「ドコモドライブネット」契約のお申し込み方法 My docomo(インターネット受付)
ドコモ インフォメーションセンター(電話受付)
ドコモの携帯電話から … 151
一般電話などから … 0120-800-000
ドコモショップ
月額使用料
(「ドコモ ドライブネット」)
315 円(税込)
※別途パケット通信料がかかります。
※別途spモードなどのご契約が必要となります。
対応機種
ドコモ スマートフォン
Xperia™ SO-01B、Xperia arc SO-01C、MEDIAS N-04C(予定)
※上記対応機種は、2011年4月14日現在です。対応機種は順次拡大していく予定です。
詳しくはドコモホームページをご確認ください。

【スマートフォンリンク ナビクレイドルの概要】

サービス開始日 スマートフォンリンク ナビクレイドル
型番 SPX-SC01
希望小売価格 15,750 円(税込)
発売日 2011年4月21日(木)
サイズ 86 mm(W) × 125 mm (H) × 61 mm (D)
質量 約170 g
搭載センサー 車載用GPS、加速度センサー、ジャイロセンサー
供給電源 シガーライターソケット電源
接続方式 Bluetooth®によるワイヤレス接続
※給電する場合は、コードでの接続が必要です。
販売チャネル カー用品販売店
「ドコモ ドライブネット アプリ」からアクセスできるオンラインサイト など
対応機種
ドコモ スマートフォン
Xperia SO-01B、Xperia arc SO-01C、MEDIAS N-04C(予定)
※上記対応機種は、2011年4月14日現在です。対応機種は順次拡大していく予定です。

報道資料

キーワードで探す

年月で探す