IRライブラリー

質疑応答要旨

2013年3月期 通期決算説明会 質疑応答要旨

決算発表パート

4Qの営業利益は、3Q発表時の計画と比べて、各カテゴリーの良化/悪化要因は何か?今期1Qにどのようにつながっているか?
4Q実績は前回計画比で40億円下回っている。カーエレは30億円弱の未達で、大部分がOEM。ホームエレは20億円弱の未達で、その半分以上がホームAV。 今期の1Qは、全体で赤字の見通し。2Q以降は構造改革の効果もあり収益の改善を見込む。
在庫は3Q発表時の計画695億円に対し未達となったが、その要因は?
3Q発表時との比較では約70億円増加したが、為替影響は20億円強。在庫はカーエレクトロニクスの方が多い。今期の700億円の在庫目標は期末に700億円とするのではなくて、毎月の進捗をとらえながら、毎月700億円レベルに抑える計画。現在、社内に在庫削減プロジェクトを立ち上げており、仕組みから見直して在庫レベルを毎月、適正水準に抑えるように取り組んでいる。
今期の売上計画について、上期・下期のバランスは?
今期の売上は、5,150億円で約630億円の増収を想定しているが、為替影響が約400億円で、実質的には200億円程度、5%の増収。上期が前期に比べて少ないのは、4Qの拡販の反動で、1Qに売上減の影響をみているため。
構造改革では、今期100億円の構造改革効果が出るとのことだが、その内容は?また、恒久的な効果と一時的な効果に分けて教えて欲しい。
今期の構造改革効果100億円のうち、恒久的効果は65億円、残り35億円が給与カット等の一時的効果。事業別では恒久的効果65億円のうち、カーエレが約30億円、ホームエレが25億円、残りがその他および本社。
全体の100億円の内訳はカーエレが50億円、ホームエレが30億円、その他・本社関係で20億円。

前のページに戻る

アライアンス、中期事業計画パート

今期、来期の計画はリスクを織り込んでいるのか。それともチャレンジングな数字なのか?
前期は、急速な事業構造の変化についていけなかったかったこと、当初目標にしていたコストダウンが思うように達成できなかったこと、期中に膨らんだ在庫を削減するための施策に追われたことにより、計画を達成できなかった。今回発表した数字はこれらの反省を踏まえたもの。2014年3月期の150億円、2015年3月期の200億円という営業利益は構造改革による効果が100億円ということを考えると、達成できると考えている。
カーエレ市販市場の見方の前提は?
新車販売、カーナビ出荷台数は伸びているにも関わらず、前期後半から市販市場で収益性がダウンしている。理由はカーディーラーで車を売るためのプロモーションツールとしてカーナビが使われており、カーナビの市場単価そのものがダウンしていることによる。この傾向は今後も続くとみているが、我々はOEMにはない斬新な提案で市販市場を活性化させていくことがパイオニアの使命と考えている。国内では5月8日に新しいサイバーナビを発表。海外でもパイオニアは高いシェアを持っており、新興国を中心に新車販売が伸びているため、市販ビジネスは今後も伸びていくと見ており、国内の成長鈍化をカバーし、全体で拡大を図っていきたい。
新規事業の成果はいつ?またどのくらいの収益を見込んでいるのか?
有機EL照明は来年度から事業がスタートし、来年2月頃から塗布型の量産化を開始する。医療・健康事業では、他社との協業で医療用カメラの開発に取り組んでいるほか、2014年春までに血流センサーの商品化を図る。本格的に収益が立ちあがってくるのは2016年3月期以降とみている。
2011年11月発表の前回中期事業計画と売上、営業利益を比較すると?
前回の中計との比較では、カーエレの売上はほぼ計画どおりに進んでいる。ホームエレは光ディスクの売上が大幅に落ち込んだことが要因で、前期は45%超も売上が減少した。利益では、カーエレ市場の構造変化が大きく、収益性が低下したため、今回の構造改革を行う決断をした。

前のページに戻る