カーナビ

AVIC-CZ700 商品概要

カロッツェリア サイバーナビ

AVIC-CZ700

2016年10月発売生産終了
AVIC-CZ700
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image
No Image

[商品名]
7V型ワイドVGA地上デジタルTV/DVD-V/CD/Bluetooth/SD/チューナー・DSP AV一体型メモリーナビゲーション

オープン価格※

※オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。

商品掲載ページ

主な特長

■7V型VGAモニター搭載 2D(180 mm) メインユニット

■快適な操作性を実現するユーザーインターフェース
・ピンチイン/アウトをはじめ多彩な操作方法に対応し、高い処理能力によりストレスのない操作性を実現。
・機能アイコンのサイズやレイアウトを自在に変更できる「HOME画面」と「メニュー画面」。
・ドライブ状況の変化に合わせて最新の情報を、画面表示と音声でドライバーに通知する「ライブインフォ」※1。
・通信で取得した情報や操作キーなどを地図上に重ねて表示できる「マルチレイヤマップ」。
・地図画面時に、ルート確認やビュー変更などよく使う機能をすぐに呼び出せる「インスタントメニュー」。
・カーナビ起動音をはじめとする各種効果音は、音楽プロデューサー中田ヤスタカ氏(CAPSULE)が制作を担当。

■ネットワーク連携などにより、優れたナビ能力、AV能力、ドライブサポート能力を実現
<ナビ能力>
・道路が重なる場所なども見やすく表現する液晶パネルと地図データフォーマットを採用。
・独自の自車位置精度専用システムと「6軸3Dハイブリッドセンサー」の採用、3種類の衛星(GPS、グロナス、みちびき)の同時受信とGPSの補正データ「SBAS」に対応することで高い自車位置精度を実現。
・スマートループで長年蓄積されたプローブデータをサーバー上で高速演算し、時間・距離・料金の効率を考慮し最適なルートを探索する「スーパールート探索」※2に対応。ETC料金の時間帯別割引料金にも対応。
・走行履歴データを共有するサービス「スマートループ」により長年蓄積されたプローブデータをもとに、急ブレーキが多い地点をデータベース化して収録。地図上に「ヒヤリハット地点」として表示し、該当地点を通過する前にドライバーへ音声で注意喚起。
・気象庁が発表する特別警報を即時表示し、警報のおよぶ範囲を地図上に表示する「VICS WIDE」に対応。従来のFM多重放送よりも詳細な渋滞情報まで考慮したルート探索も可能。

<AV能力>
・オーディオ基板とカーナビ基板を独立構成にしてノイズを徹底排除するとともに、基板上の信号伝送・電源供給パターンを最適化した高音質設計。
・独自の「高性能48 bit デュアルコアDSP」など厳選された高音質オーディオパーツを採用。
・SDメモリーカードとUSBメモリーに収録されたハイレゾ音源のダウンコンバート再生※7に対応。
・音楽ストリーミング機能「ミュージッククルーズチャンネル」※3に、日時や目的地、自車位置などのドライブ状況に合ったチャンネルをレコメンドする「ライブレコメンド」※8や、スマートフォン内の楽曲も再生できる「MCCライブラリーモード」※8などの新機能を追加。
・リアモニターに本機の画面を映し出せるほか、独立したAVソースを再生する「リアセパレートモード」に対応。

<ドライブサポート能力>
・「マルチドライブアシストユニット」(別売)※5と連携し、前方車両と接近した時などに注意喚起する高度な画像認識技術を用いた「先進運転支援機能」や、車の異常を検知して知らせる「ライブカーセキュリティ」機能※6などを搭載しており、ドライブ中から駐車中までカーライフ全般をサポートします。暗闇でも車室内の撮影が可能な赤外線LEDを搭載した小型の新開発「フロアカメラユニット」(別売)にも対応しています。

■先進運転支援機能
・前方車両接近警告:前方車両までの到達時間を推定し、危険な時に音と画面表示で警告
・誤発進警告:前方車両よりも先に自車が発進した時、追突を防ぐために音と画面表示で警告
・右折時つられ発進検知:ヒヤリハット地点での右折時に、前方車両に続いて発進する時に注意喚起
・レーンキープサポート:高速道と一般道でレーンに片寄る走行が続いた時に、音と画面表示で注意喚起

■ライブカーセキュリティ機能
・セキュリティ録画・撮影:クルマの異常を検知した際に、自動的に動画と静止画を撮影し保存
・セキュリティインフォ※6:クルマの異常を検知した際に、指定された宛先に静止画や位置情報をメールで通知

■ドライブレコーダー機能
・ドライブレコーダー:ドライブシーンを常に高画質な動画で保存
・イベント録画:クルマへの衝撃を検知した際に、検知前20秒、検知後10秒の動画を保存
・アクシデントインフォ:イベント録画起動時に、独自のアルゴリズムで危険性を判定して指定された宛先に静止画や位置情報をメールで通知

※1 ライブインフォの一部の機能は通信接続なしでお使い頂けます。
※2 「スーパールート探索」を使用するにはナビ本体のプログラムアップデートが必要です。
※3 「ミュージッククルーズチャンネル」を使用するには、株式会社レコチョクが運営する音楽ストリーミングサービスreplay(年間税別\3,000)への登録及び、ミュージッククルーズチャンネルに対応したサイバーナビ(2016年モデル)用の専用アプリ「ミュージッククルーズチャンネル2」(無料:iOS9.0以上、AndroidOS4.4以上の端末に対応)がインストールされたスマートフォンなどが必要です。
※4 通信機能を使用するには、別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」とUSB接続ケーブル「CD-U120」、もしくは、Bluetooth(PANプロファイル)接続に対応するスマートフォンなどが必要です。スマートフォンでのご利用時はテザリング契約及びテザリング設定が必要です。
マルチドライブアシストユニットと別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」を接続する場合はUSB接続ケーブル「CD-U120」は不要です。
※5 接続には別売の外部入出力ケーブル「RD-E100」が必要です。マルチドライブアシストユニットで各種動画及び静止画撮影機能を使用するには、別売のSDメモリーカード(8 GB以上SDXC256 GBまで)が必要です。また、車室内及び車両後方を撮影するには、別売のフロアカメラユニット「ND-FLC1」が必要です。フロアカメラユニット接続時のライブカーセキュリティ機能は、自動的にフロントカメラ+フロアカメラユニットの合成撮影になります。
※6 セキュリティインフォは、別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」をマルチドライブアシストユニットに接続時のみ使用できます。
※7 192 kHz/24 bitまでのFLAC/WAVEフォーマットで収録された音源を44.1 kHz/16 bitにダウンコンバートして再生できます。
※8 「ライブレコメンド」、「MCCライブラリーモード」を使用するにはナビ本体のプログラムアップデートが必要です。

仕様

[ナビゲーション本体(共通部)]
●最大消費電流:10 A
●使用電圧:DC 14.4 V(10.8 V〜15.1 V使用可能)
[GPS部]
●受信方式:72チャンネルマルチチャンネル受信方式
[オーディオ部]
●最大出力:50 W × 4 ch
[DVDプレーヤー部]
●リージョンNo.:2
●対応ディスク:DVD(VIDEO MODE、VR MODE)、DVD-R(DL)、DVD-RW、CD-ROM、CD-DA、CD-R/RW
●MP3デコーディングフォーマット:MPEG-1、2、2.5  AUDIO LAYER-3
●WMAデコーディングフォーマット:Ver.7、8、9(2 ch audio)
●AACデコーディングフォーマット:MPEG-4 AAC(Ver.10.01.22以前のiTunesでエンコードされたもののみ)
●AVIデコーディングフォーマット:MPEG-4 Video+MP3 、MPEG-4 Video+AC3
[FM/AMチューナー部]
●受信周波数帯域:FM:76.0 〜 99.0 MHz、AM:522 〜 1,629 kHz
[地上デジタルTVチューナー部]
●放送方式:地上デジタル放送方式(日本)
●受信チャンネル:470 MHz〜710 MHz (UHF13〜52 ch)
[TVモニター部]
●画面サイズ:7 V型ワイドVGA
●有効画素数:1,209,600画素【水平840×垂直480×3(RGB)】
●方式:TFTアクティブマトリクス方式
[外形寸法]
●ナビゲーション部取付寸法 (W×H×D):178 × 100 × 165 mm
[質量]
●ナビゲーション部:2.2 kg

関連コンテンツ

該当するコンテンツがありません。

商品掲載ページ

主な特長

■7V型VGAモニター搭載 2D(180 mm) メインユニット

■快適な操作性を実現するユーザーインターフェース
・ピンチイン/アウトをはじめ多彩な操作方法に対応し、高い処理能力によりストレスのない操作性を実現。
・機能アイコンのサイズやレイアウトを自在に変更できる「HOME画面」と「メニュー画面」。
・ドライブ状況の変化に合わせて最新の情報を、画面表示と音声でドライバーに通知する「ライブインフォ」※1。
・通信で取得した情報や操作キーなどを地図上に重ねて表示できる「マルチレイヤマップ」。
・地図画面時に、ルート確認やビュー変更などよく使う機能をすぐに呼び出せる「インスタントメニュー」。
・カーナビ起動音をはじめとする各種効果音は、音楽プロデューサー中田ヤスタカ氏(CAPSULE)が制作を担当。

■ネットワーク連携などにより、優れたナビ能力、AV能力、ドライブサポート能力を実現
<ナビ能力>
・道路が重なる場所なども見やすく表現する液晶パネルと地図データフォーマットを採用。
・独自の自車位置精度専用システムと「6軸3Dハイブリッドセンサー」の採用、3種類の衛星(GPS、グロナス、みちびき)の同時受信とGPSの補正データ「SBAS」に対応することで高い自車位置精度を実現。
・スマートループで長年蓄積されたプローブデータをサーバー上で高速演算し、時間・距離・料金の効率を考慮し最適なルートを探索する「スーパールート探索」※2に対応。ETC料金の時間帯別割引料金にも対応。
・走行履歴データを共有するサービス「スマートループ」により長年蓄積されたプローブデータをもとに、急ブレーキが多い地点をデータベース化して収録。地図上に「ヒヤリハット地点」として表示し、該当地点を通過する前にドライバーへ音声で注意喚起。
・気象庁が発表する特別警報を即時表示し、警報のおよぶ範囲を地図上に表示する「VICS WIDE」に対応。従来のFM多重放送よりも詳細な渋滞情報まで考慮したルート探索も可能。

<AV能力>
・オーディオ基板とカーナビ基板を独立構成にしてノイズを徹底排除するとともに、基板上の信号伝送・電源供給パターンを最適化した高音質設計。
・独自の「高性能48 bit デュアルコアDSP」など厳選された高音質オーディオパーツを採用。
・SDメモリーカードとUSBメモリーに収録されたハイレゾ音源のダウンコンバート再生※7に対応。
・音楽ストリーミング機能「ミュージッククルーズチャンネル」※3に、日時や目的地、自車位置などのドライブ状況に合ったチャンネルをレコメンドする「ライブレコメンド」※8や、スマートフォン内の楽曲も再生できる「MCCライブラリーモード」※8などの新機能を追加。
・リアモニターに本機の画面を映し出せるほか、独立したAVソースを再生する「リアセパレートモード」に対応。

<ドライブサポート能力>
・「マルチドライブアシストユニット」(別売)※5と連携し、前方車両と接近した時などに注意喚起する高度な画像認識技術を用いた「先進運転支援機能」や、車の異常を検知して知らせる「ライブカーセキュリティ」機能※6などを搭載しており、ドライブ中から駐車中までカーライフ全般をサポートします。暗闇でも車室内の撮影が可能な赤外線LEDを搭載した小型の新開発「フロアカメラユニット」(別売)にも対応しています。

■先進運転支援機能
・前方車両接近警告:前方車両までの到達時間を推定し、危険な時に音と画面表示で警告
・誤発進警告:前方車両よりも先に自車が発進した時、追突を防ぐために音と画面表示で警告
・右折時つられ発進検知:ヒヤリハット地点での右折時に、前方車両に続いて発進する時に注意喚起
・レーンキープサポート:高速道と一般道でレーンに片寄る走行が続いた時に、音と画面表示で注意喚起

■ライブカーセキュリティ機能
・セキュリティ録画・撮影:クルマの異常を検知した際に、自動的に動画と静止画を撮影し保存
・セキュリティインフォ※6:クルマの異常を検知した際に、指定された宛先に静止画や位置情報をメールで通知

■ドライブレコーダー機能
・ドライブレコーダー:ドライブシーンを常に高画質な動画で保存
・イベント録画:クルマへの衝撃を検知した際に、検知前20秒、検知後10秒の動画を保存
・アクシデントインフォ:イベント録画起動時に、独自のアルゴリズムで危険性を判定して指定された宛先に静止画や位置情報をメールで通知

※1 ライブインフォの一部の機能は通信接続なしでお使い頂けます。
※2 「スーパールート探索」を使用するにはナビ本体のプログラムアップデートが必要です。
※3 「ミュージッククルーズチャンネル」を使用するには、株式会社レコチョクが運営する音楽ストリーミングサービスreplay(年間税別\3,000)への登録及び、ミュージッククルーズチャンネルに対応したサイバーナビ(2016年モデル)用の専用アプリ「ミュージッククルーズチャンネル2」(無料:iOS9.0以上、AndroidOS4.4以上の端末に対応)がインストールされたスマートフォンなどが必要です。
※4 通信機能を使用するには、別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」とUSB接続ケーブル「CD-U120」、もしくは、Bluetooth(PANプロファイル)接続に対応するスマートフォンなどが必要です。スマートフォンでのご利用時はテザリング契約及びテザリング設定が必要です。
マルチドライブアシストユニットと別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」を接続する場合はUSB接続ケーブル「CD-U120」は不要です。
※5 接続には別売の外部入出力ケーブル「RD-E100」が必要です。マルチドライブアシストユニットで各種動画及び静止画撮影機能を使用するには、別売のSDメモリーカード(8 GB以上SDXC256 GBまで)が必要です。また、車室内及び車両後方を撮影するには、別売のフロアカメラユニット「ND-FLC1」が必要です。フロアカメラユニット接続時のライブカーセキュリティ機能は、自動的にフロントカメラ+フロアカメラユニットの合成撮影になります。
※6 セキュリティインフォは、別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」をマルチドライブアシストユニットに接続時のみ使用できます。
※7 192 kHz/24 bitまでのFLAC/WAVEフォーマットで収録された音源を44.1 kHz/16 bitにダウンコンバートして再生できます。
※8 「ライブレコメンド」、「MCCライブラリーモード」を使用するにはナビ本体のプログラムアップデートが必要です。

仕様

[ナビゲーション本体(共通部)]
●最大消費電流:10 A
●使用電圧:DC 14.4 V(10.8 V〜15.1 V使用可能)
[GPS部]
●受信方式:72チャンネルマルチチャンネル受信方式
[オーディオ部]
●最大出力:50 W × 4 ch
[DVDプレーヤー部]
●リージョンNo.:2
●対応ディスク:DVD(VIDEO MODE、VR MODE)、DVD-R(DL)、DVD-RW、CD-ROM、CD-DA、CD-R/RW
●MP3デコーディングフォーマット:MPEG-1、2、2.5  AUDIO LAYER-3
●WMAデコーディングフォーマット:Ver.7、8、9(2 ch audio)
●AACデコーディングフォーマット:MPEG-4 AAC(Ver.10.01.22以前のiTunesでエンコードされたもののみ)
●AVIデコーディングフォーマット:MPEG-4 Video+MP3 、MPEG-4 Video+AC3
[FM/AMチューナー部]
●受信周波数帯域:FM:76.0 〜 99.0 MHz、AM:522 〜 1,629 kHz
[地上デジタルTVチューナー部]
●放送方式:地上デジタル放送方式(日本)
●受信チャンネル:470 MHz〜710 MHz (UHF13〜52 ch)
[TVモニター部]
●画面サイズ:7 V型ワイドVGA
●有効画素数:1,209,600画素【水平840×垂直480×3(RGB)】
●方式:TFTアクティブマトリクス方式
[外形寸法]
●ナビゲーション部取付寸法 (W×H×D):178 × 100 × 165 mm
[質量]
●ナビゲーション部:2.2 kg

関連コンテンツ

該当するコンテンツがありません。

AVIC-CZ700に関する情報は、下記ページでも確認できます。