商品に関する重要なお知らせ

電源コード・プラグの取り扱いについて

「商品に関する重要なお知らせ」を表示

電源プラグはコンセントに根元まで差し込まれていますか?

電源プラグはコンセントに根元まで確実に差し込んでください。

差し込みが不完全だと発熱したりホコリが付着して火災の原因となることがあります。また、電源プラグの刃に触れると感電することがあります。

電源プラグが"ぐらぐら"していませんか

電源プラグを根元まで差し込んでもゆるみがあるコンセントに接続しないでください。

発熱して火災の原因となることがあります。販売店や電気工事店にコンセントの交換を依頼してください。

電源プラグが汚れていませんか

電源プラグの刃および刃の付近にホコリや金属物が付着している場合は、電源プラグを抜いてから乾いた布で取り除いてください。

そのまま使用すると火災・感電の原因となります。

電源コードが重いものの下敷きになっていませんか

電源コードの上に重い物をのせたり、コードが製品の下敷きにならないようにしてください。

コードが断線・ショートして火災の原因になります。
コードの上を敷物などで覆うことにより、それに気づかず、重い物をのせてしまうことがあります。

電源プラグを抜くときに、電源コードを引っ張っていませんか

電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張らないでください。

コードが傷つき火災・感電の原因となることがあります。必ずプラグを持って抜いてください。

電源コードを束ねて使用していませんか

電源コードは、必ず伸ばして使用してください。

電源コードを束ねたままで使用すると、放熱が妨げられて発熱し、火災の原因となることがあります。

電源コードを傷つけたり、加工したりしていませんか

電源コードを傷つけたり、加工したり、無理に曲げたりしないでください。

コードが破損して火災・感電の原因となります。コードが傷んだら(芯線の露出、断線など)、販売店に交換をご依頼ください。

電源コードを壁や床に固定していませんか

電源コードをステップルや釘などで固定しないでください。

使っているうちに固定した部分の皮ふくが破れて、火災や漏電の原因になります。

電源コードが人の足にひっかかる恐れがありませんか

電源コードが引っ張られないようにしてください。

コードが傷ついて、火災・感電の原因となります。

電源プラグを濡れた手で扱っていませんか

濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。

感電の原因となることがあります。

タコ足配線になっていませんか

タコ足配線はしないでください。

多くの電気製品が接続可能となるタコ足配線は、定格電流を超える恐れがあり、発熱して火災の原因になります。

※タコ足配線とは、同じコンセントからテーブルタップや栓刃式マルチタップ(三角タップ、コーナータップなどの商品名)を複数使用する形態を意味します。

電源コードが温度の高い部分にさわったり、近づいていませんか

電源コードを熱器具に近づけないでください。

コードの被ふくが溶けて、火災・感電の原因となることがあります。

前のページに戻る

商品に関する重要なお知らせ

その他のお知らせ