本サイトはスタイルシートを使用しております。
お客様がご使用のブラウザはスタイルシート非対応のため、表示結果が異なっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

本文へジャンプ

Pioneer
ホーム>お客様サポート>ソフトウェアダウンロード>ポタナビ SGX-CN700-W/-K バージョンアッププログラム

お客様サポート ソフトウェアダウンロード

2013年3月11日更新
2012年4月26日

イメージ

ポタナビ SGX-CN700-W/-Kをご愛用のお客様へ

平素は当社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
この度、ポタナビ 「SGX-CN700-W/-K」をご愛用のお客様へバージョンアッププログラムを無償でご提供いたします。バージョンアップを行っていただくことで、お手持ちのポタナビの機能が向上します。

対象製品

ポタナビ

  • SGX-CN700-W
  • SGX-CN700-K

2013年3月11日提供 : 主なバージョンアップ内容

ポタナビ本体 / 専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

ポタナビユーザー同士でグループを組んで、メンバーの位置がわかる「フレンズポイントモード」を追加します。

  • 「サイクルラボ」上で最大5名のグループを編成することができます。

※グループの編成にはサイクルラボのアカウントを取得する必要があります。

  • ポタナビ本体では位置と方向、直線距離を表示することができます。
  • 「サイクルラボ」ではメンバーの位置、速度、ケイデンス、心拍数を表示することができます。

※ケイデンス、心拍数はセンサー使用時(ペアリング時)に有効です。

  • 「サイクルラボ」から各メンバーにメッセージを送信することができます。

イメージ

イメージ

ポタナビ本体のバージョンアップ

マップナビモードの表示内容を追加します。

  • ポップアップナビモードで表示するポップアップ情報をマップナビモードでも表示できるようになります。

※従来のマップナビモードにてメーター表示していたエリアを「サブウィンドウ」と称し、メーター表示とポップアップ表示を切り替える方式となります。
 これに伴い、マップナビモードのメーター表示/非表示の設定方法が変更になります。

設定方法はユーザーズガイド(WEB編)をご参照ください。
http://pioneer.jp/support/manual/cycle/sgx-cn700/

イメージ

メーターモードの表示パーツを追加します。

  • ダイエットモードで表示されるキャラクターをメーターパーツとして表示できるようになります。

※キャラクターは自転車の走行に応じて「余裕あり」「順調」「頑張りすぎ」の3種類の静止画が表示されます。

イメージ

その他変更内容

  • ケイデンスで連動したダイエットモードのキャラクター動作対象が、スピードでも連動できるようになります。
  • マップナビモードのルート再検索を従来の方法に加えて、ACTIONボタンの長押しで実行できるようになります。

専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

詳細はサイクルラボヘルプ(https://pioneer-bicycle.com/help/ 別ウィンドウで表示します )をご覧ください。

バージョンアップのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

バージョンアップ開始時期

2013年3月11日(月)13時より順次実施

バージョンアップ方法

バージョンアップは、ポタナビ本体の「TopMenu」の「サーバー同期」メニューを起動して行ってください。

具体的な手順は ユーザーズガイド(WEB編) をご参照ください。
http://pioneer.jp/support/manual/cycle/sgx-cn700/ にアクセスし、「準備」→「最新ソフトウェアの確認」を選択。

  • ソフトウェア更新時は電波状態の良い所に移動して実行してください。
  • ソフトウェア更新時間は1~2分程度です。
  • 「ソフトウェアの更新に失敗しました。」というメッセージが表示されましたら、電波状況をご確認の上再度お試しください。

今回のバージョンアップを行っていただくと、3月下旬発売のポタナビ「SGX-CN710」と同様の本体機能になります。
2012年4月から実施してきました機能アップに関するバージョンアップは一旦終了となります。



2012年11月29日提供 : 主なバージョンアップ内容

ポタナビ本体 / 専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

パワー値が表示・記録できるようになります。

イメージ

パワーセンサーからの計測値をメーターモードにて
表示できるようになります。

イメージ

パワー値はログとして記録するので、「サイクルラボ」で
グラフ表示することができます。

※動作確認済みパワーセンサー: 「PowerTap SL+」

Lap機能を向上します。

  • Lapスタート、Lapリセット機能を追加し、ログに記録することで「サイクルラボ」で確認することができます。

イメージ

ポタナビ本体のバージョンアップ

マップナビモードの表示内容を改善します。

イメージ

  • ヘディングアップ時における進行方向の表示エリアを広くします。

イメージ

  • マイスポットのアイコンをより見やすく変更します
    (☆印に変更)。

目的地(ライン、ルート)の表示方法を改善します。

  • 目的地を設定した際、目的地に到着すると目的地ライン及び目的地ルートを自動消去します。

※設定した目的地の50m以内に達した時点で自動消去します。

  • 自分で作成したルート(マイルート)におけるルートスポットを目的地にし、ルートスポットに到達するごとに次のルートスポットを目的地に自動設定し直すことができます。

モードの切替え方法を改善します。

  • アイコンメニュー表示中にActionボタンを押さなくても4秒後に選択しているモードに自動切換えします。

専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

総走行時間、総走行距離が表示できるようになります。

  • 総走行時間および総走行距離をマイページトップに表示します。

イメージ

イメージ

  • 月単位での総走行距離、総走行時間を「記録」画面のカレンダー上部に表示します。


※総走行時間は、設定した速度以上で走行した時間となり、休憩時間や停車時 間を総走行時間から除くことができます。
※総走行時間、総走行距離の値は本バージョンアップ以降の記録データが対象となります。

マイルート、マイスポットの本体転送方法が簡単にできるようになります。

  • 従来は本体に転送するマイルート、マイスポットの選択のために「設定」画面に移る必要がありましたが、「プラニング」にて、マイルートおよびマイスポットの登録ボタンを押すことで簡単に設定することができます。

※設定したマイルートの本体への転送は従来どおり「サーバー同期」が必要です。

イメージ

「記録」ページにおけるグラフの機能を改善します。

  • グラフと地図のポインタが連動することで、走行データと地図上の位置がわかりやすくなります。
  • グラフの好きな領域を選択し、保存することができます。

※選択した領域データはサイクルラボのサーバー上に保存されます。
※同一ファイルにおいて複数の領域選択はできません。
※選択した領域のみの削除はできません。

  • 一日単位の記録や保存された領域を削除することができます。

※一日単位の記録を削除すると保存された領域も削除されます。

イメージ

詳細はサイクルラボヘルプ(https://pioneer-bicycle.com/help/ 別ウィンドウで表示します )をご覧ください。

バージョンアップのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

バージョンアップ開始時期

2012年11月29日(木)13時より順次実施

バージョンアップ方法

バージョンアップは、ポタナビ本体の「TopMenu」の「サーバー同期」メニューを起動して行ってください。

具体的な手順は ユーザーズガイド(WEB編) をご参照ください。
http://pioneer.jp/support/manual/cycle/sgx-cn700/ にアクセスし、「準備」→「最新ソフトウェアの確認」を選択。

  • ソフトウェア更新時は電波状態の良い所に移動して実行してください。
  • ソフトウェア更新時間は1~2分程度です。
  • 「ソフトウェアの更新に失敗しました。」というメッセージが表示されましたら、電波状況をご確認の上再度お試しください。

× 詳細を閉じる



2012年10月29日提供 : 主なバージョンアップ内容

ポタナビ本体のバージョンアップ

本体にてルート探索ができるようになります。

マップナビモードにて目的地を設定すると現在地-目的地間のルート探索・表示を行います(目的地ルート)。
目的地ルートは地図上に緑色で表示します(サイクルラボで作成したルートは従来どおり黄色で表示します)。

※ルート探索は3G通信を使用しております。
※ルート探索はマップナビモードの「周辺検索」「マップスクロール」、ポップアップナビモードの「ポップアップ表示」から目的地設定が可能です。

イメージ


マップナビモードの表示項目が増えます。

  • 目的地までの直線距離を表示できるようになります。
  • 風速、風向き情報を表示できるようになります。

イメージ


ポップアップナビモードの表示項目が増えます。

  • 速度とケイデンス値および天気情報を常時表示します。
  • 風速、風向き情報を表示できるようになります。
  • ポップアップで表示される情報が増えます(「消費カロリー」など)。

※「消費カロリー」は電源投入している期間の走行データが対象となります。

専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

より細かくオリジナルルート作成ができるようになります。

  • これまでルートを引くことができなかった、道路データのない箇所(例:サイクリングロード)にもルートを引くことができるようになります。
  • ルート上をクリックすることで経由地を追加し、移動することができます。
  • オリジナルルート作成画面で標高グラフが表示できるようになります。また標高グラフと地図の位置は連動して表示することができます。

詳細はサイクルラボヘルプ(https://pioneer-bicycle.com/help/ 別ウィンドウで表示します )をご覧ください。

イメージ

バージョンアップのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

バージョンアップ開始時期

2012年10月29日(月)13時より順次実施

バージョンアップ方法

バージョンアップは、ポタナビ本体の「TopMenu」の「サーバー同期」メニューを起動して行ってください。

具体的な手順は ユーザーズガイド(WEB編) をご参照ください。
http://pioneer.jp/support/manual/cycle/sgx-cn700/ にアクセスし、「準備」→「最新ソフトウェアの確認」を選択。

  • ソフトウェア更新時は電波状態の良い所に移動して実行してください。
  • ソフトウェア更新時間は1~2分程度です。
  • 「ソフトウェアの更新に失敗しました。」というメッセージが表示されましたら、電波状況をご確認の上再度お試しください。

× 詳細を閉じる



2012年9月24日提供 : 主なバージョンアップ内容

ポタナビ本体のバージョンアップ

イメージ

高度表示機能が追加されます。

メーターモードおよびマップナビモードにレイアウト可能なメーターパーツに高度表示を追加します。
表示する高度はGPSで取得した値を当社独自のアルゴリズムで補正し表示します。
走行しながら現在地の高度情報をモニタできるようになります。

※高度データはサイクルラボの記録には残せません。

専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

「記録」のライディング・グラフ表示する走行記録の見え方を改善します。

サイクルラボで表示される走行記録の、ライディング・グラフを拡大したときのデータが見やすくなります。

※ポタナビ本体のバージョンアップ実施後に記録されたデータのみが対象となります。

イメージ

イメージ

「記録」のカレンダー内の日付をクリックすることで
その日の記録が表示されます。

日付ならびに天気予報(本日より1週間先)の確認に加えて、過去の記録を含め、お客様の走行実績が記録されている日付が青で表示され分かるようになります。
また、記録を確認したい日付をクリックすると記録画面が切り替わり、当日のグラフ・地図などが表示されるようになります。

バージョンアップのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

バージョンアップ開始時期

2012年9月24日(月)12時より順次実施

バージョンアップ方法

バージョンアップは、ポタナビ本体の「TopMenu」の「サーバー同期」メニューを起動して行ってください。

具体的な手順は ユーザーズガイド(WEB編) をご参照ください。
http://pioneer.jp/support/manual/cycle/sgx-cn700/ にアクセスし、「準備」→「最新ソフトウェアの確認」を選択。

  • ソフトウェア更新時は電波状態の良い所に移動して実行してください。
  • ソフトウェア更新時間は1~2分程度です。
  • 「ソフトウェアの更新に失敗しました。」というメッセージが表示されましたら、電波状況をご確認の上再度お試しください。

× 詳細を閉じる



2012年8月9日提供 : 主なバージョンアップ内容

ポタナビ本体のバージョンアップ

  • マップスクロールモードにおいて、現在地からスクロール位置(十字マーク)までラインを表示します。
  • マップスクロールモードにおいて、現在地からスクロール位置(十字マーク)までの直線距離を表示します。

バージョンアップにより、方角と直線距離がわかることになり、マップスクロールモードの使いやすさが向上します。
これにより、スクロール時に現在地表示が画面から外れた際に、スクロール位置が現在地とどのような位置関係になるかがわかります。

その他変更内容

マップスクロールの起動がスムーズになるように「地図ActionMenu」の配置を変更しました。
(「マップスクロール」と「スケール選択」の配列を入れ替えました)

バージョンアップのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

バージョンアップ開始時期

2012年8月9日(木)10時より順次実施

バージョンアップ方法

バージョンアップは、ポタナビ本体の「TopMenu」の「サーバー同期」メニューを起動して行ってください。

具体的な手順は ユーザーズガイド(WEB編) をご参照ください。
http://pioneer.jp/support/manual/cycle/sgx-cn700/ にアクセスし、「準備」→「最新ソフトウェアの確認」を選択。

  • ソフトウェア更新時は電波状態の良い所に移動して実行してください。
  • ソフトウェア更新時間は1~2分程度です。
  • 「ソフトウェアの更新に失敗しました。」というメッセージが表示されましたら、電波状況をご確認の上再度お試しください。

× 詳細を閉じる



2012年4月26日提供 : 主なバージョンアップ内容

ポタナビ本体のバージョンアップ

起動時間が短縮します。

  • 起動時間が約15秒早くなります。(バージョンアップ実施前と比較して約30%短縮。)

今いる場所を「出発地」に設定することが可能になります。

  • これまでは、「電源を入れた地点」が「出発地」になっていましたが、現在いる場所を「出発地」にすることが可能になります。
      ※マップモードの状態で「ACTIONボタン」を押し、「Menu画面」から設定します。

電源を切る時に、走行データが強制アップロードされます。

  • これまでは10分間隔でアップロードしていたので、走行終了までのデータがアップされない場合がありましたが(次回電源を入れた際、最初のアップロード時に追加でアップされます。)、電源を切る時に、その時点までの走行データを強制的にアップロードするようになり、専用Webサイト「サイクルラボ」でのデータ表示がより正確になりました。

天気情報のアイコンが追加されます。

  • 「TopMenu」および「ポップアップナビモード」からの「天気情報表示」にアイコンを追加(気温は温度計アイコン、降水確率は傘アイコン)し、情報表示がより分かりやすくなります。

専用Webサイト「サイクルラボ」のバージョンアップ

「サイクルラボ」にてルート作成が可能になります。

  • 専用Webサイト「サイクルラボ」上で、自分だけのルートを作成することができるようになります。(外部サイトからのルート取込機能は、これまで通り可能です。)
      ※GPX、KML、TCXデータ形式に対応したサイトに限ります。

メーターレイアウト作成機能が改善されます。

  • 専用Webサイト「サイクルラボ」上で、メーターレイアウトを作成・変更する際に、PC画面上で各 メーターパーツをレイアウトした状態が、色付きで確認できるようになります。

バージョンアップのより詳しい内容はこちらをご覧ください。

バージョンアップ開始時期

2012年4月26日(木)13時より順次実施

× 詳細を閉じる




【お問い合わせ】

本件に関し、ご質問等ございましたら、下記までお問合わせ下さいますようお願い申し上げます。

サイクルナビサポートセンター
電話番号0120-926-792(無料)
電話 : 0570-037-604(ナビダイヤル:有料)
(携帯電話、PHS等からのご利用が可能ですが、通話料金がかかります。あらかじめご了承ください。
受付時間 月~金曜 9:30~18:00、土曜 9:30~12:00、13:00~17:00
(但し、日曜・祝日・当社休業日を除く)

【個人情報の使用目的について】

上記窓口にてお客様からご提供いただくお名前、ご住所等の個人情報は本バージョンアップに係わる業務のためにのみ利用させていただきます。尚、お客様の個人情報は当社が定める個人情報保護方針に則って厳重に管理いたします。