USBスピーカー

PCとつないで楽しめる、ニアフィールド専用の設計

新開発、広帯域フルレンジユニット搭載

高域と低域が同じ一点からの放たれることにより、ニアフィールド(近距離音場)においても優れたステレオフォニック効果を実現しました。

純アルミHSDOM振動板を採用

軽量で高剛性の金属振動板と、当社スピーカーのハイエンドモデルに採用している超高域再生技術「HSDOM」※1を組み合わせ、高域の再生帯域を広げるとともに、金属振動板に固有の音を抑えることで、伸びのある高音を再生します。ピュアアルミ箔を成形し、裏打ち材を無くすことで金属素材ならではのスピード感のある切れの良さを追求しました。

  • ※1 「Harmonized Synthetic Diaphragm Optimum Method」の略。振動板の素材、形状、エッジなどを、コンピューターによる有限要素法を用いて解析することにより、ピストンモーションと分割振動をバランスよく組み合わせ、高域再生を可能にします。
イメージ

豊かな低域再生を実現する蝶ダンパー

シリンダースプリング状の独自に開発した蝶ダンパーを採用することで小口径ながら余裕のストロークで豊かな低域再生を実現しました。

イメージ

高性能Dualレアアースマグネット&平角ボイスコイル

モーター(ボイスコイル)を高性能化し、レスポンスを向上。原音に忠実な高精細サウンドを実現しました。

イメージ

堅牢なマグネシウムボディー&バスレフポート

堅牢で響きの少ないマグネシウムを採用。不要な付帯音を抑制し、原音に忠実なサウンドを実現。

イメージ
イメージ

音を最適化するDirac HD Sound採用

Dirac HD Sound

Dirac HD Soundはインパルスレスポンスを崩さずに周波数特性補正すると同時に不要付帯音を低減する技術です。これにより、録音されたソースの本来のステレオフォニック効果を存分に引き出すことが可能になりました。

  • *Dirac HD SoundはDirac Research社の商標です。

充実の高品位・高音質デザインと拡張性

肉厚アルミバッフル採用

12mmの肉厚アルミ板材から削り出された純素材バッフルを採用。音質向上を図っています。

イメージ

高品位アルミノブ&ボリュームコントローラー採用

感触や操作感に徹底的にこだわった、専用外付けボリュームコントローラーを同梱。 手元で音量の微調整をする時に違和感を感じさせず、音楽に浸ることができます。

USBバスパワーでも余裕のパワー感

USBバスパワーでは一般的に迫力ある大音量での再生は難しいとされています。 ISS-C270A-Sでは、大容量電解コンデンサとDC-DCコンバータ回路による独自の電源ブロックを搭載することにより、オーデイオ向けに低インピーダンス化と共にノイズ発生も十分に抑えられた設計を施しました。この電源により、瞬間的にパワーが要求される音楽ソースに十分な対応が可能となり、パワー不足を感じさせない音楽再生を実現しました。

音質を重視したアナログアンプ搭載

デジタルアンプでは、その方式上、小音量では音の情報量が損なわれがちです、そこで、本機では小音量でも情報を損なうことなく音楽を再生できる専用アナログアンプ回路を設計。Lch/Rch独立に構成することでチャンネル間のクロストークを排除し、ステレオフォニック効果を最大限に発揮します。さらに、アンプICの電源コンデンサには定評のあるニチコン電解コンデンサ"MUSE KZ"を採用。高音質化に貢献しています。

イメージ

カスタマイズ可能なシステム構成

USBケーブルを交換可能な方式にすることで、音の違いをお楽しみいただけます。

■高品位金メッキスピーカー入力端子
外部アンプが使用できるパッシブモードへの切り替えが可能で、お手持ちのDACやアンプなどと接続して、音楽を楽しめます。

■USB入力端子
USBケーブルを交換可能でき、音の違いをお楽しみいただけます。

■サブウーファー出力端子