公益財団法人音楽鑑賞振興財団

サイト内の現在位置
ホーム
出版・販売
書籍

出版・販売書籍

「よくわかる! 鑑賞領域の指導と評価 実践しよう!確かめよう! これからの鑑賞の授業2」
デジタル教材DVD-ROM付

目次

第1章:音楽科の学習指導と学習評価

1.学習評価はどう改善されたのか
1.1 ポイント1 目標に準拠した評価の実施
1.2 ポイント2 「学力の3つの要素」などをふまえた評価の観点の整理
1.3 ポイント3 4つの観点に基づく教科の特性に応じた観点の設定
2.音楽科の学習評価はどう改善されたのか
2.1 音楽科の特性に応じた評価の観点の設定
2.2 「評価規準に盛り込むべき事項」等の理解
2.3 評価方法等の工夫改善に向けて
3. 鑑賞領域の指導と評価

第2章:指導と評価が一体となった授業の展開

1.「楽曲分析」を基盤とした指導計画・評価計画の検討
1.1 〔共通事項〕を窓口にした楽曲分析
1.2 鑑賞指導事項と〔共通事項〕の取り扱い
1.3 学習指導と学習評価の検討
2.指導と評価が一体となった授業の展開をめざして

第3章:授業づくりのための7つのQ&A

Q1 「指導に生かす評価」とは具体的にどのようなものですか。
Q2 「記録に残す評価」とは具体的にどのようなものですか。
Q3 評価規準を設定する際、参考資料の【評価規準に盛り込むべき事項】等はどう活用したらよいですか。
Q4 様々な評価方法がありますが、それぞれの評価方法の特徴を教えてください。
   また、音楽科でよく用いられる評価方法があれば教えていください。
Q5 ワークシートなどを作成するとき、評価するときの留意点を教えてください。
Q6 小学校における「体の動き」は音楽科における活動の一つとして大切ですが、その評価はどのようにすればよいですか。
Q7 題材の評価計画を考えるときに大切なことは何でしょうか。
   また、1単位時間の評価項目数は、どれくらいが適当なのでしょうか。

第4章:小学校・中学校の事例

1.事例の見方
2.事例
<小学校>
事例1.第1学年:がっきのおとにしたしもう
事例2.第4学年:せんりつのとくちょうを感じ取ろう
事例3.第5学年:詩と音楽を味わおう
<中学校>
事例4.第1学年:ソネットと音楽とのかかわりをとらえて聴き深めよう
事例5.第3学年:様々な雅楽の特徴をとらえて、よさや魅力を味わおう

<付属> DVD-ROM

授業で使えるデジタル教材「授業支援ツール」 (PDF 723 KB)


書籍のお申し込みはこちら 別ウィンドウで表示します。