ホーム > 講習会&演奏会

音鑑教育イベント

ONKAN 第7回「新・冬の勉強会」報告

2010年度 第8回「新・冬の勉強会」を平成22年12月26日〜27日に開催しました。
今回は、165名の先生方にご参加いただきました。ありがとうございました。

テーマは2つ。

  1. これからの鑑賞の指導のあり方
  2. これからの学習評価のあり方

この勉強会は、教員免許更新講習にも認定されています。

○ アンケートから

シンポジウムから
音楽講座「JAZZ!」の演奏から
日時 平成22年12月26日〜27日
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)
時程 スケジュール
内容
  1. 基調講演「新学習指導要領の趣旨を生かした指導のあり方 〜鑑賞の指導を中心に」

  2. 津田 正之(文部科学省教科調査官)

     新学習指導要領の内容からその趣旨やポイントを、授業に結びつく具体的な内容でお話くださいました。

  3. ワークショップ「鑑賞領域の学習展開のポイント」

  4.  鑑賞指導の考え方や具体的な取り組み方を提案したり、グループで考えたりするワークショップです。
    下記3つのテーマについて7会場で2回行い、参加者の皆さんには2コマを選択し参加していただきました。

    テーマ1:〔共通事項〕を支えとした鑑賞の指導

     〔共通事項〕の内容とその扱い方、扱うときの留意点が主な内容です。実際に音楽を聴きながら教材研究し、それをどのように授業に組立てていくかグループでディスカッションしながら進めました。

    館 雅之(横浜市教育委員会指導主事)
    萬 司(北海道札幌市立真駒内中学校教諭)

    テーマ2:言語活動の充実(「言葉で表す」「根拠をもって批評する」など)をふまえた鑑賞の指導

     「言語活動の充実」の趣旨、「言葉で表す」「根拠をもって批評する」などの活動をするときの留意点が主な内容です。実際に事例を体験していただきながら進めました。

    石井 ゆきこ(東京都荒川区立尾久第六小学校教諭)
    吉川 武彦(福島県福島市立笹谷小学校教諭)
    勝山 幸子(東京都東村山市立東村山第四中学校教諭)

    テーマ3:我が国の音楽文化を重視した鑑賞の指導

     「我が国や郷土の伝統音楽」を扱うときの留意点などを、実際に事例を体験していただいたり、
    教材研究をしながら進めました。

    江田 司(和歌山大学教育学部附属小学校教諭)
    長者久保 希史子(青森県八戸市立三条中学校教諭)

  5. 実践提案「学習評価の実際」

  6. 入山 克巳(茨城県八千代町立西豊田小学校教諭)
    高橋 宏治(岩手県盛岡市立松園中学校教諭)

     小学校の提案では、題材「尺八、箏の音楽を味わおう」という実践事例に基づいて、教材となる『春の海』を聴き深め、聴き取ったり感じとったりしたことを共有していく過程での学習評価のポイントやその工夫が提案されました。
    中学校の提案では、指導と評価の一体化という考えのもと、指導内容を明確化・焦点化し、それに基づいて評価することがポイントとなるということが、『ブルタバ』を教材とした実践事例で提案されました。
    どちらの提案も、季刊「音楽鑑賞教育」Vol.4に、実践の一部を掲載しています。

  7. 講演「これからの学習評価について」

  8. 大熊 信彦(文部科学省教科調査官)

     新しい学習評価のポイントについて、各観点の要点や学習指導とその評価についてをお話ししてくださいました。

  9. 音楽講座「JAZZ!」」

  10. 中山憲一トリオ

    中山 憲一(ベース)

    平塚 敏夫(ピアノ)

    倉田 大輔(ドラムス)

    井上 信平(フルート/リコーダー)

    秋元 直子(ヴォーカル)

     JAZZの聴きどころや面白さにつながる楽器の役割やかかわり合い、特徴的なリズム、演奏の基本構成などを解説をしながら演奏をしていただきました。
     演奏では、4ビートを中心にボサノバや8ビート、楽器では通常のフルートの他にアルト・フルートやバス・フルート、さらにはリコーダーによるジャズが披露されました。

    「新・冬の勉強会」の内容が季刊誌に!

    お話いただいた大熊信彦先生の講演内容の一部、
     学習評価の実践提案をされた入山克己先生、高橋宏治先生の事例は、
     季刊「音楽鑑賞教育」Vol.4(1月発行)に掲載されています。

    予告  2011年度 第9回「新・冬の勉強会」開催!

    今年の12/26(月)〜27(火)で開催を予定しています。
    秋にお申し込みを受け付けます。
    ONKANウェブネット、本ホームページ、季刊「音楽鑑賞教育」誌、
      おんかんメルマガでお知らせします。
    オリンピックセンターでの宿泊が可能です(先着順)。