講習会&演奏会

  音鑑主催のイベント夏のセミナー

第30回 音鑑「夏のセミナー」報告

音楽が「わかった」「おもしろい」「もっと聴きたい」などと子どもたちが目を輝かせる、そんな指導のスキルを身につける音鑑「夏のセミナー」が、7月29日から31日まで、東京・二子玉川のパイオニア研修センターで実施されました。
全国各地からご応募いただいた17名の受講生が、4グループに分かれて研修されました。
今回は「夏のセミナー」初めての試みとして、最終日に模擬授業形式で行われる「グループ研修の成果発表」の聴講を募ったところ、約60名もの先生方にご参加いただきました。

セミナーの主旨

音鑑では、指導事例の文字情報の裏に隠れている、または文字情報では伝わりにくい鑑賞指導のスキルが大切ではないかと考え、今回の「夏のセミナー」は、先生方にそのテクニックを体得していただくことに主眼をおきました。

  • 音楽が「わかった」「おもしろい」と子どもたちが目を輝かせることで、 確実に子どもたちの身に付くような「音楽のしかけ=楽曲に秘められた 構成や要素の組み合わせ」を発見する教材研究の仕方。
  • 「音楽のしかけ」に興味をもたせる発問の仕方、音の出し方などの タイミング

セミナーの概要

実際の研修は、それぞれのグループに付く助言者の元で進められます。

  • あらかじめ主催者が「指導のねらい」とそれに応じた「教材(楽曲と演奏)」を提示し、それを選んだ「音楽のしかけ」を徹底的に探ります。
  • 「指導のねらい」に迫るための「指導の流れ」を、音楽が「わかった」「おもしろい」と子どもたちが思えるように、その組み立てのプロセスを研修します。
  • 実際にグループの中でシミュレーションをしながら、発問の仕方、音の出し方を体得します。

講  師 小原光一 音鑑常務理事
渡邊學而 音鑑評議員、音鑑研究事業主管
助言者  音鑑「鑑賞指導部会」研究委員5名
研修内容 月刊「ONKAN」10月号〜12月号をご覧ください。
指導事例を含む各グループの研修内容は、11月号、12月号に掲載する予定です。

アンケートから

※音鑑「夏のセミナー」の参加者募集要項は、毎年、月刊「ONKAN」5、6月号に掲載の他、
 音鑑ホームページ(http://pioneer.jp/onkan/)、「論文作文募集」DMでお知らせしています。