• お問い合わせ
  • FAQ

potter navi ポタナビ

美ら島オキナワCentury Run 2012 レポート ポタナビと走る、オキナワ。

160km、100km、60kmの3つのコースを選べるこのイベント。今回、そのなかから、60kmの「まぁさんスイーツコース」走破に、ポタナビ開発者がチャレンジ。発売前のポタナビの実地試験も兼ねて。沖縄の景色を楽しみながら走りました。

① START!

  • いよいよ出発。沖縄では40日以上雨の日が続いているとか。今日も天気予報は雨。今日だけは降らないで欲しい・・・
  • スタートしていきなり長い上り坂。想像以上にキツいコースで、早くも参加者の間隔が開く。子どもから年輩の方までそれぞれマイペースで漕いでいく。自分も気づけばメーターモードに切換えて、少しでも前へとペダルを踏み込む。あ!つい、レースと勘違い!
  • 今回は心拍センサーを装着して走行。走行時の心拍数はグラフィック(右上部のハート)でも数値(最下部)でも確認できるので、無理のないペースで走行することができる。

ページトップへ

② 休憩スポットへ一直線

  • 本コースのルートと休憩スポットは、事前に作成して登録済み。スタートから20キロに近づいた頃、地図上に休憩スポットアイコンが見えたときは「もう少しで休憩だ!」とペダルが軽く感じた。
  • 画面を見たら、ここまでで「ケーキ3個分」のカロリーを消費していたらしい。しっかりエネルギー補給しながら休憩しよう。
  • ガジュマルの木陰でやっと一息。走った距離はまだコースの3分の1だけど、なぜか清々しい。気温も20℃まで上がった。身体もポタナビも快調!休憩スポットで配られるバナナとスナック菓子がこんなに美味しいとは。

ページトップへ

③ まだまだ頑張れそう!

  • 道の駅は、嘉手納基地のすぐ隣。道は広いし、道路サイドも美しいヤシ並木。走る車は多くがYナンバー。沖縄を走っているなぁ。まだまだ元気!
  • 先程の休憩所から5km進んだところに、早くも2つめの休憩所が。ゆっくりしたいけど、いつ降り出してもおかしくないような雨雲になってきた・・・
  • 大会スタッフの皆さんお疲れ様です。次の休憩ポイントは昼食のバイキング。ここはグッとガマン・・・と思いつつも、皆さんお菓子に手が伸びていました。

ページトップへ

④ あと半分!雨の中を疾走

  • 走行距離が、トータル距離のほぼ半分に。すでにスイーツでお腹いっぱいだけど、皆おいしそうにバイキングを楽しんでいるので自分もつい合流。外では、とうとう本格的に雨が降り出した模様。
  • これを見て「いっぱい食べていいのね!」と思うか「せっかくカロリー消費できたからここは我慢」と思うかは自分次第かな。
  • GPSによる現在地も、3つ目の休憩スポットとしっかり一致。この後はいよいよ残波岬へ。
  • 目の前に現れた、残波岬のホテルと風力発電機。その周りは季節外れのサトウキビ畑。海はあともう少しだ。チェックポイントも近いのに、なぜか周りに参加者の姿はなし。コースを間違ったかな?少し不安な雨の中。

ページトップへ

⑤ 沖縄の景色に感動

  • 天候もあって、想像していた沖縄の海とは違うけど、それでも普段走っている湘南の海とは色が違うなぁ。
  • この頃から本降りに。風も強くなって、路面のスリップと横風の煽りに注意しながらの走行。後につづく参加メンバーのことも心配。
  • チェックポイント横の公園に立ち寄り。そこで超巨大シーサー発見。まさか陶器ではないよね?正面から見ると立派なシーサーも、横からは栄養失調のライオンに見える。ただ、その視線は海を見つめているところあたり、さすがは沖縄の守り神。ここは地点登録しておこう。

ページトップへ

⑥ GOAL!

  • 最後の休憩ポイント残波岬からの17kmで、ようやく海岸コースに。晴れていたら絶景なのに、残念ながら暴風雨。1月とは思えない天候の変化に「スイーツコース」という響きをすっかり忘れつつ、なんとかゴール。
  • 後夜祭では、具だくさんのとん汁をはじめ、地元の料理やスイーツがたくさん振舞われ、参加者の疲れも癒されました。同じ趣味を楽しむ仲間が一同に介して楽しむイベントは、やっぱり楽しい。今度は晴天の下で、160kmコースに挑戦したいです。
  • 慣れない沖縄の道では、やっぱり地図は便利。途中はすごい風雨に見舞われたものの、防水機能があるので安心して走行できました。

ページトップへ