環境活動

ステークホルダーとともに

環境コミュニケーションをたいせつに

パイオニアは事業活動や商品の環境に関する情報をタイムリーにお伝えし、対話を行うことで信頼関係が構築できるよう取り組んでいます。また、より良い地球環境の実現に貢献できるよう、地域に根ざした環境活動を世界中で展開しています。このようにパイオニアはステークホルダーの皆さまとの環境コミュニケーションを大切にしています。

ステークホルダーとの環境コミュニケーション

パイオニアグループ環境データ集

パイオニアグループの環境活動をより多くの方にお伝えしたいと「環境データ集」を電子データ(pdf)のファイルにまとめ公開しています。

  • ※ GRI(Global Reporting Initiative)のガイドライン及び環境省の『環境報告ガイドライン2012』を参考にして作成しています。

お問い合わせにお答えします

環境活動に関する多くのお問い合わせを頂いております。パイオニアはこれらを真摯に受け止め、誠実・迅速に回答すると共に、ご意見などを参考にさせていただいております。

主なお問い合わせ内容

製品の納入先様から環境負荷物質の含有・使用、政府・自治体様からは地球温暖化防止、業界団体様からは省エネ・化学物質海外法規制などについての調査がありました。

お問い合わせ件数

2015年度は226件のお問い合わせがありました。

お問い合わせ窓口はこちら

多くの方に環境情報をお伝えしたい

パイオニアはさまざまな媒体や活動を通じ、それぞれの目的にそったステークホルダーの皆様に環境活動や環境情報を、お伝えできるようつとめています。

全体像をお知らせし対話を進めます

パイオニアグループ企業行動報告書

パイオニアの考え方や活動をわかりやすくお伝えするために「企業行動報告書」を発行しています。中でも環境保護は社会的責任の重要な位置づけとして、その活動を報告しています。

投資家様向けに環境情報を発信しています

アニュアルレポート

投資家様、株主様向けに事業や業績を報告するアニュアルレポートにも環境活動のトピックスを掲載し優れた取り組み事例をお知らせしています。

取引先様との協力体制を構築しています

グリーン調達文書関連公開

製品は多くの原材料・部品から構成されており、環境配慮製品の創出にはお取引様のご協力が不可欠です。パイオニアはお取引様に望むことの第一番に「環境の保全」を定めています。特に化学物質管理においては、刻々と変化する世界各国の規制動向に対応するため、当社管理基準などを公開し、お取引様と一体となって公的規制の確実な遵守に取り組んでいます。

標準化活動への参画

パイオニアグループでは、持続可能な社会を実現するための枠組み作りに貢献するため、業界団体や行政との連携を進めています。化学物質の管理では電機業界からの技術的な知見を各国行政に伝えるため、JEITA(電子情報技術産業協会)、日本機械輸出組合、DIGITALEUROPE、ECFIC(中国外商投資企業協会)に参加するとともに、サプライチェーンでの化学物質情報の伝達スキームを構築することを目的にJAMP(アーティクルマネージメント協議会)、IEC/TC111_VT62474検討チームに参加しています。