環境活動

生物多様性

生物多様性の保全の取り組み

パイオニアは持続可能な社会を実現するために、生物多様性の保全に取り組んでいます。

生物多様性の保全についての考え方


森で見つけた卵


パイオニア森がある鎌北湖周辺の様子

企業は、食料や水の提供を受けるなどの多様な生物に支えられた生態系サービスの恩恵を受けて事業活動を行っていますが、同時に、生物種の減少など生態系への影響も与えています。
環境影響評価結果から、パイオニアグループではエネルギーの使用や廃棄物などによる環境負荷が大きいことがわかります。 そこで、地球温暖化防止や省資源と資源循環、及び化学物質の管理など、総合的な環境負荷の低減に努めることで、生物多様性の保全に寄与することができるとの考えに基づき、使用エネルギーや廃棄物の削減について継続的に取り組んでいます。
また、パイオニアの森活動や動植物の活動域整備など、地域貢献活動と生物多様性の保全につながる取り組みも継続して行っています。

活動事例については、こちらをご覧ください。
環境保全 | 生物多様性はこちら