CSR

一人ひとりがいきいきと働くために

雇用における人権の尊重

私たちは、採用と雇用において人種、民族、国籍、宗教、思想信条、性別、性的指向、社会的身分、障害、年齢などを理由にした差別を行いません。

多様性を重視した職場風土

私たちは、固定化された役割意識に基づく行動を解消し、一人ひとりが持つ能力を最大限に発揮できるよう相互に理解し合い、その多様な資質や専門性を尊重します。パイオニアグループの継続的な発展と個人の成長を図るために、互いに協力一致し、自立と自律を図りながら主体的に行動できる職場風土づくりを行います。

ハラスメント行為の禁止

私たちは、性的な言動や職権を盾にした言動など法令やモラルに反する行為が職場で起きないように、お互いに相手の人格を尊重し、自分が投げかける言葉や態度に対して相手がどう感じるか、あるいはどう感じているかを常に意識して行動します。また、職場風土を乱すあらゆる形でのハラスメント行為に対しては断固たる態度で対応します。

プライバシーの保護

私たちは、職場や業務を通して知り得た、役員や従業員の個人生活に関する情報を本人の同意なしに社内外に開示しません。

健康で安全な職場環境

私たちは、労働関係法令、就業規則をはじめとする人事、雇用に関する社内規定や規律を守ります。また、安全や心身の健康に配慮した職場環境と作業環境の改善を図ります。

職場における情報の共有

私たちは、職場での円滑なコミュニケーション、的確な意思決定を行うために、報告、連絡、相談を適時に、漏れなく行います。

虚礼の廃止

私たちは、社内における儀礼的な贈り物などのやり取りを行いません。但し、社会常識の範囲での冠婚葬祭におけるやり取りはその対象外とします。

政治・宗教活動、勧誘活動

私たちは、会社の許可なく社内での政治活動、思想活動、宗教の布教活動、あるいは個人や特定の団体の利益を図るような勧誘活動は行いません。また、社外において個人の資格で活動する場合においても、会社の名前や役職等を利用しません。