社会貢献

生物多様性

中国のピンクイルカの保護

PHK(香港の販売・生産法人)では、野生のピンクイルカ(正式名 シナウスイロイルカ)が生活している海域にある無人島の1つ"龍鼓洲"の掃除活動をしています。この海域は、マカオまでの橋を作る工事、中国の内河より流れ来たゴミ等により、汚染が進んでイルカの生活を脅かしています。
PHKは2011年より香港の環保生態協会"Eco Association Limited"の指導の元で、野生のイルカを観察し、その生態を知ると共に、その海域の中の島を掃除し環境の改善を目的に活動しています。
2014年は10月に、社員とその家族、友人等総勢25名で船で島に渡り活動を行いました。行きの船内では環保生態協会の指導員より地域の汚染やピンクイルカの生態について説明を受け、生態系保全の大切さなどを学びました。

  • ※ シナウスイロイルカは国際自然保護連合(IUCN)において、絶滅の恐れのある生物種のレッドリストで準絶滅危惧(near-threatened)に指定されています。


ピンクイルカ


船内での説明の様子


清掃作業


参加者