採用情報

私たちは採用活動のポリシーとして、まず学生のみなさんに自社の状況を正直にすべてお伝えすることを掲げています。会社にとって不都合なことを隠したまま採用しても、入社された後に実態を知って「こんなはずではなかった」と信頼を失い、結局貴重な人材が離れてしまうことになると考えるからです。ですからみなさんも、自分に正直に就職活動に臨んでほしいと思っています。エントリーシートで変に目立とうとする必要などありませんし、面接でも飾らず本音で話してほしいと思っています。面接というのは「お見合い」のような場であり、学生のみなさんにも企業を選ぶ権利があります。たとえ選考に落ちたとしても、それはご自身に合わない会社だったということであり、悲観することはありません。就職活動を前向きにとらえて楽しみながら取り組み、お互いにすべてを理解したその上でパイオニアが自分にいちばん合っていると感じたなら、ぜひ当社を選んでほしいと思っています。

片岡 宏之 人事部 採用グループ マネージャー

私は技術者として入社しました。エンジニア時代、入社3年目でチームのリーダーとなるチャンスを与えられました。当然ながら失敗も数多く重ねてきましたが、パイオニアは新しいことに取り組んだ結果の失敗は許容してくれます。その後も様々な仕事にチャレンジし続けています。パイオニアは常に進化を続けている企業であり、変わることを恐れず自分の意志でやりたいことにチャレンジしていく、そんな気概を持ったみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

山根 篤 人事部 採用・人材開発担当

パイオニアで長年働いて実感するのは、本当に人情に厚い会社だということ。仕事の面はもちろん、私はオフにバグパイプの奏者として国際的に活動しているのですが、そうした社員の意欲もパイオニアという会社は尊重してくれます。社会に何か新しい価値を創り出していこうというチャレンジを本当にサポートしてくれる企業であり、こうした社風に魅力を感じる方はぜひパイオニアの門をたたいてほしいですね。

築根 かな子 人事部 採用グループ

私は就活中、「この会社は自分に合っている」と直感的にパイオニアを選びましたが、入社後、良い意味で当初抱いていた「会社」のイメージを裏切られることばかりでした。尊敬できる上司や先輩に恵まれ、とても充実したキャリアを重ねています。私は文系出身ですが、パイオニアの事務系職場は少数精鋭ながら新人の面倒見が良く、若いうちから大きな仕事を任されるので、文系の方にとっても大いに働き甲斐のある会社だと思います。

2018年度新卒採用の募集は終了いたしました 2018年度新卒採用の募集は終了いたしました