採用情報

経理

パイオニアに入社した理由

税理士の立場ではなく、自ら当事者になって経営をサポートしたい。

私は税理士法人からの転職です。大学院で税務会計を学んだ後、新卒で国内の大手税理士法人に入社し、そちらに2年半ほど勤務しましたが、次第に税理士の仕事にもどかしさを覚えるようになっていきました。クライアント企業の決算・申告業務において、上がってくる数字について監査する機会などもありましたが、なぜそうした決算に至ったのかは外部からはうかがいしれず、会計や税務の面から事業の成長をサポートしたいと思っても、税理士の立場ではできることに限界があった。そこで自ら当事者になって経営に貢献したいと、一般企業の経理職への転職を決意したのです。なかでもパイオニアに惹かれたのは、状況の変化に応じて積極的な投資や挑戦を行っている企業だという印象があり、面接でも私のキャリアについて詳しく聞いてくださって、とても有意義な時間を過ごせたから。できれば楽しく仕事ができる環境でキャリアを重ねていきたいと思っていましたので、そうした面でもパイオニアは魅力的な場に映りました。

現在の仕事内容

グローバルなスケールで、パイオニアグループ全社の業績を集計・分析。

入社後は希望通り経理部に配属となり、現在は主にパイオニアグループ全社の売上を集計する業務を任されています。単に毎月の売上数字をまとめるだけの仕事だと思われるかもしれませんが、たとえば、集計した実績数値が前月や前年同月に比べて大きく変化している時は、社内の事業部門や子会社に問い合わせて、その要因を分析して経営陣に報告したり、あるいは現場の事業部門が新たなビジネスを立ち上げる際、実務上の手続きや会計上問題がないかを検討するということも私の重要な役割です。パイオニアはグローバルに事業を展開しているので、海外拠点ともやりとりしながら売上の集計や分析を進めており、遠く離れた南米の子会社とも頻繁にコミュニケーションをとっています。上場企業の経理に携わるのは初めての経験で、当初はそのスケールの大きさやシステムの複雑さにとまどうこともありましたが、チームの上司や先輩方のサポートも得ながら経験を積んでいるところです。

やりがいを感じる瞬間

私が経営陣に報告した内容をもとに、パイオニアの今後の戦略が決まる。

今後、パイオニアがどのように事業を成長させていくか、その戦略を打ち立てていく上で経理部は大きく関わっています。私たちが集計・分析した業績に関する数字が、社長をはじめとする経営陣に上がり、それをもとに今後の経営戦略が立案されていく。そして、その数字は外部にも開示されて、マーケットでのパイオニアの評価にもつながっていく。たいへん責任の重い仕事を担っていると実感しています。私のもとに役員から直々に「この数字の背景を知りたい」という問い合わせが入ることもあり、自分の仕事が会社の意思決定に影響していると思うと本当にやりがいがある。もともと私は「企業の中で当事者となって経営をサポートしたい」という思いを抱いて税理士法人からパイオニアに転身しましたが、幸運にもそんな経験を早くから味わうことができ、たいへん充実した毎日を送っています。

これからの目標

会計や税務を究め、将来は海外に赴いて子会社をマネジメントしたい。

パイオニアの経理部は、さまざまな業務をローテーションで経験し、会計や税務すべてに通じたスペシャリストに成長できる環境が整えられています。ですから私もまずは経理業務を一通り経験して、会計や税務に関する知識を究めていくとともに、パイオニアの事業や市場環境に対する理解もさらに深めて、経営により貢献できる分析力をもっと磨いていきたいと思っています。そしてゆくゆくは、海外の子会社へ赴任して、現地のマネジメントにも携わってみたい。上司からも「そうした人材になってほしい」と期待されていますし、チャンスを掴んでぜひチャレンジしてみたいですね。

パイオニアの風土

新人のうちから大きな仕事を任され、成長の機会を与えてくれる。

パイオニアの経理部は少数体制ですが、それだけに一人一人が担う領域は大きく、若手の頃から海外赴任を経験している社員もたくさんいます。それは、本人の意思はもちろん、会社としても社員に機会を与えて、大きく成長・貢献してほしいという強い思いがあるからだと感じています。私のような新人にも重大な仕事をどんどん任せてくれます。他企業にいる友人からは「入社半年で決算業務を任されることなんて普通はまずない」と驚かれましたし、自分次第で若いうちからでも会社の“パイオニア”的存在になれる可能性があり、それは当社ならではの風土だと思います。

他の先輩社員を見る

2018年度新卒採用の募集は終了いたしました 2018年度新卒採用の募集は終了いたしました