採用情報

新規事業

「有機EL照明」、そして「医療・健康機器」、
新規事業の開拓にも果敢に挑んでいく。

コニカミノルタ株式会社と合弁会社を設立し、
フレキシブル有機EL照明パネルを用いた自動車向け照明の開発を推進

パイオニアは、1997年に世界で初めてディスプレイ用有機ELパネルを市場に導入し、これまでの累計出荷は1億枚を超えています。そのノウハウや技術を活用し、現在、新規事業として有機EL照明の事業を展開しており、2011年の量産開始以来、多くの商業施設や医療現場などで採用されています。株式会社資生堂の協力のもと開発した、自然光に近い有機EL照明の特性を活かした当社のメーク用有機EL照明は、色が自然に見えるため、肌の色や化粧品本来の色をわかりやすく表現します。さらに、フレキシブル有機EL照明パネルの曲げられる特長を活かした車載照明の開発を、コニカミノルタ株式会社とともに進めており、国内外の自動車メーカーへ提案しています。

未来につながる人に優しい医療機器の開発を推進

国内外の医療機器市場では、医療技術の高度化と新興国の需要拡大から新たな事業機会が生まれています。また、国家戦略においても医療機器市場は注力する市場として位置づけられています。そのような中、パイオニアは長年培った「光・音響・映像技術」を活かした非侵襲・低侵襲(人体への負担が少ない)で人に優しい医療機器の研究開発を進めています。2014年には、当社が開発した「非侵襲小型血流センサー素子」を応用した世界最小・最軽量の医療用レーザ血流計を、医療機器製造・販売会社 株式会社JMS向けに出荷。また、2016年には、音響技術・ノウハウを活かした医療用の電子聴診器も開発し、市場へ導入しています。

その他にも「光・音響・映像技術」を活かした医療機器や健康機器の開発・拡充を進め、医療・健康機器関連事業を拡大しています。

3月1日以降新規エントリーを開始いたします 3月1日以降新規エントリーを開始いたします
マイページ マイページ