報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2007年 10月 9日
パイオニア株式会社

~ さらなるマスターサウンドクオリティの追求 ~2チャンネル ピュア・オーディオを存分にお楽しみいただける
スーパーオーディオCDプレーヤーとFM/AMチューナーを新発売

PD-D9

PD-D9

F-F3

F-F3

商品名 型番 希望小売価格 発売時期
スーパーオーディオCDプレーヤー PD-D9 138,000円
(税抜価格:131,429円)
11月下旬
FM/AMチューナー F-F3 45,000円
(税抜価格:42,858円)
10月下旬

【企画意図】

 パイオニアはこの度、「シンプルなオーディオシステムで、音楽を存分に楽しみたい」というお客様の声にお応えし、スーパーオーディオCDプレーヤー「PD-D9」とFM/AM チューナー「F-F3」を新発売いたします。
 これらの新商品は、当社の培った高音質技術をふんだんに投入。「PD-D9」はさらなるマスターサウンドクオリティを追求し、世界最高峰の録音スタジオ「Air Studios」※1の一流サウンドエンジニアと共同で音質のチューニングを繰り返し行ない、レスポンスが速くスピード感にあふれ、同時にクリアで開放感のあるサウンドの再生を実現しました。これにより、アーティストの意図する音楽を忠実に再現します。
 また外観は、前モデルよりご好評頂いている楽器をイメージさせる美しいフォルムのインナーテンションデザインに統一しました。
 これらの新商品の導入により、当社は今後も、オーディオ市場のさらなる活性化を図ってまいります。

【スーパーオーディオCDプレーヤー「PD-D9」の主な特長】

1 ) マスターサウンドクオリティの追求

  1. 無帰還型電源&低ESR(等価直列抵抗)コンデンサーによるクイックレスポンス電源回路を採用
     電源部にパワーロスの少ない無帰還型電源回路と低ESRコンデンサーを採用することで、レスポンスが速くスピード感のあるサウンドの再生を実現します。
     デジタル電源部においては低ESRコンデンサーを3個パラレルで使用。デジタル回路部への電源供給のレスポンス性能をより高めています。さらにオーディオ専用整流回路には、ノイズが少なくリニアリティの良いショットキーバリアダイオードを採用しました。
  2. ツインRコアトランス搭載
     デジタル、アナログ各専用のRコアトランスを採用し安定した電源供給を実現しています。
    電源トランスも含めデジタル/アナログをそれぞれ独立させた回路構成により、相互に及ぼす干渉を排除し、常にクリアで安定した電源供給を行ないます。
  3. ジッター低減を実現するサンプリングレートコンバーター搭載
     D/Aコンバーター専用の高精度なマスタークロックを加えたツインクロックシステムを搭載し、このクラスでは初めてサンプリングレートコンバーターを採用しました。 CD再生時にはオーディオデータを176.4kHzにアップサンプリングすると同時にジッター低減を実現しています。デジタルオーディオの世界を広げるマスターサウンドのクオリティを損なうことなく高音質再生を実現します。
  4. ウォルフソン、ツインD/Aコンバーター(192kHz/24bit)を搭載
     プロのサウンドエンジニアが音で認めたウォルフソン※2の新開発フラッグシップモデル(WM8741)をD/Aコンバーダーとして搭載しました。
    さらにパラレル接続(モノモード)で使用することにより、オーディオ性能の向上を図り、微小な音楽信号に含まれるニュアンスまでもリアルに再現します。
  5. 理想的な内部レイアウト、アイソレーテッド電源ブロック
     電源ブロックと小信号ブロック、メカブロックをセンタープレートで完全に分離し、より開放的で抜けのよい音を実現しました。
  6. シャーシの剛性を飛躍的にアップさせるリジッドアンダーベース採用
     4層シャーシとアルミフレームにより構成されたリジッドアンダーベースを採用。これにより低域において、よりクリアで存在感のある再生を実現します。

2 ) さらなる高音質化技術

  1. SACDのDSD(Direct Stream Digital)信号を1チップでデコードする「ダイレクトコンストラクション」を採用
     デジタル回路部では、SACDのDSD信号も含め1チップでデコード。回路規模を最小にし、極めてクリアなサウンドとクイックレスポンスを同時に実現しています。
  2. 当社独自の高音質機能 「レガートリンクコンバージョンPRO」、「Hi-bit」(16bitを24bit変換)を搭載
     CD再生において、より自然で原音に近い音質でお楽しみ頂けます。
  3. クリアな音の再生を実現
     デジタル部とアナログ部を完全分離したクリーングラウンドにより、グラウンドノイズを徹底除去しました。SACDならではの、クリアな音の再生を実現します。

3 ) その他の特長

  • トッププレートとサイドプレートにアルミニウムを使用
  • 優れた制振効果のTAOC製専用インシュレーターを採用
  • 信頼性の高い当社製ローディングドライブメカとピックアップを搭載
  • ピュアオーディオモード搭載
  • 音質にも配慮したLCDディスプレイを採用
  • 再生可能メディア: SACD※3/音楽CD/CD-R&CD-RW(音楽フォーマット、MP3、WMA※4)

【FM/AMチューナー「F-F3」主な特長】

1 ) 高音質設計

  1. ショットキーバリアダイオードによるレスポンスの速さとリニアリティを追求
     整流回路には、ノイズの少ないショットキーバリアダイオードを採用し、クイックレスポンスを可能にしました。
  2. 確実なメカニカルグラウンドを確保する高剛性メタルインシュレーター採用
     振動の影響を抑えるメタルインシュレーターを採用し、さらなる音質の向上を実現しています。
  3. デジタル、アナログ分離 クリーングラウンド採用
     デジタルとアナログのグラウンドを分離し、相互干渉による受信性能における影響を最小限に抑えています。また出力端子には金メッキ端子を採用し高精度な信号伝送を実現します。
  4. 高S/Nバランスタイプアンテナ入力(AM)
     ノイズの少ないクリアな音質でAM放送を楽しめます。
  5. インナーテンションデザイン
     インテグレーティドアンプ「A-A9」「A-A6」(既発売)、スーパーオーディオCDプレーヤー「PD-D6」(既発売)、「PD-D9」と合わせたインナーテンションデザインを採用しました。
     フロントパネルには「PD-D9」などと同様に、厚肉アルミニウムを採用し、不要振動を抑えより明快な音場再生を実現します。

2 ) 多彩な機能

  1. 放送局名をメモリー登録できるステーションネームメモリー機能搭載
     選局しやすいように、お気に入りのFM/AM放送局名を最大8文字(アルファベット、記号、数字)でメモリー登録することができます。
  2. FM/AM放送局を100局まで自動で登録、「オートプリセットメモリー」機能搭載
  3. MPXモード(FMステレオ/モノ切り替え)搭載
     受信状況をボタンひとつで変えられるMPXモードを搭載。電波が弱くステレオ受信ではノイズが大きい場合、モノラルにするとノイズが低減し安定した放送を受信することができます。

3 ) その他の特長

  • 音質にも配慮したLCDディスプレイ
  • オートプリセット機能(FM)
  • オートチューニング/マニュアルチューニング
  • インレットタイプ電源コード採用
  • SR 端子
  • リモコン付属
※1:Air Studios イギリス ロンドンにある世界的に有名なレコーディングスタジオ。
※2:ウォルフソンはWolfson Microelectronics plcの登録商標です。
※3:2chのみの再生が可能です。
※4:WMA(Windows Media Audio)は、Microsoft社がWindows Me 以降のOSに標準搭載している高音質な音楽圧縮フォーマッです。

【主な仕様】

<スーパーオーディオCDプレーヤー「PD-D9」>

SACD部 チャンネル数 2 ch
周波数特性 4 Hz ~ 50 kHz (-3 dB )
S/N比 110 dB
ダイナミックレンジ 110 dB
全高調波歪率 0.003 %
ワウ・フラッター 測定限界以下
チャンネルセパレーション 105 dB
出力レベル 2.0 V
サンプリング周波数 2.8224 MHz (DSD)
CD部 チャンネル数 2ch
周波数特性 4 Hz ~ 20 kHz (-1 dB )
S/N比 115 dB
ダイナミックレンジ 100 dB
全高調波歪率 0.002 %
チャンネルセパレーション 105 dB
デジタル出力 0.5 Vp-p/75 Ω
出力レベル 2.0 V
ワウ・フラッター 測定限界以下
その他 アナログ出力(電圧) LR×1(RCA)
デジタル出力端子 光×1、同軸×1(RCA)
その他の端子 SR-IN/OUT
消費電力 19 W
待機時消費電力 0.4 W
外形寸法 420 mm (W) × 113 mm (H) × 340 mm (D)
質量 11.0 kg

<FM/AM チューナー 「F-F3」>

FMチューナー部 受信周波数 76.0 MHz~90.0 MHz
実用感度(モノラル) 11.3 dBf (1.0 μV/75 Ω )
S/N50dB感度(モノラル) 21.3 dBf (3.2 μV/75 Ω )
S/N比(85 dBf入力時) 76 dB (モノラル) / 75dB (ステレオ)
全高調波歪率(ステレオ) 0.3 % (1kHz)
実効選択度 75 dB (±400 kHz)
ステレオセパレーション 45 dB (1 kHz)
周波数特性 30 Hz ~ 15 kHz (±1 dB )
イメージ妨害比 45 dB
IF妨害比 90 dB
アンテナ 75Ω不均衡型(付属)
AMチューナー部 受信周波数 522 kHz~1629 kHz
受信感度(付属ループアンテナ) 350μV/m
選択度 33 dB (±9 kHz)
S/N比 55 dB
イメージ妨害比 35 dB
IF妨害比 65 dB
アンテナ ループアンテナ(付属)
その他 出力レベル/出力インピーダンス(FM:100%変調) 1 V/2.2 kΩ
出力レベル/出力インピーダンス(AM:30%変調) 200 mV/1 kΩ
その他の端子 SR-IN/OUT
消費電力 8 W
待機時消費電力 0.5 W
外形寸法 420 mm (W) × 78 mm (H) × 344 mm (D)
質量 5.0 kg

報道資料

キーワードで探す

年月で探す