報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2002年 10月 11日
パイオニア株式会社

~音楽をありのままに再現することを目指して開発した
高音質コンポーネントカースピーカー群~
「カロッツェリア」カースピーカー3機種とネットワークを新発売

TS-T1RS

TS-T1RS(左)/TS-W1RS(中)/TS-M1RS(右)

商品名 型番 希望小売価格
(税別)
発売時期 月産予定数
3.5cmトゥイーター TS-T1RS 100,000円 12月下旬 200組
17cmミッドバス TS-M1RS 100,000円 12月下旬 200組
25cmサブウーファー TS-W1RS 100,000円 12月下旬 250本
2ウェイパッシブクロス
オーバーネットワーク
UD-N1RS 30,000円 12月下旬 50組

【企画意図】

 現在、手軽にカーオーディオを楽しみたいというユーザーが増えている一方で、より原音に忠実でハイクオリティな音を追求したいというニーズも定着しています。さらに、DVDを始めとする新しいメディアの普及に伴い、より高性能・高音質なカースピーカーへのニーズも高まって参りました。
 そこで当社は創業以来スピーカー分野で培った技術を結集し、豊かな音楽性と精度を徹底的に追求したコンポーネントカースピーカー「RSシリーズ」3機種を開発いたしました。最高級カーオーディオシステム「カロッツェリア X(エックス)」との組み合わせをも想定した、カースピーカーのトップエンドシリーズとして市場導入いたします。
 またハイファイカーオーディオの裾野を広げ、より多くのお客様に「RSシリーズ」のパフォーマンスを楽しんでいただけるよう、2ウェイクロスオーバネットワークを同時に発売いたします。

【主な特長】

■3.5cmトゥイーター  「TS-T1RS」

1 ) 新開発、デュアルアークリングダイアフラムを採用

内側と外側で異なる2つのリング形状をもつ振動板(デュアルアークリングダイアフラム)はチタン製。さらに、イオンプレート処理を施すことにより、表面の硬度を高め、歪みを大幅に低減。48kHzまでクリアに再生。

2 ) 新開発、"耐共振構造タングステン振動板ホルダー"を採用

振動板を支えるホルダーには、アルミの約7.1倍の比重をもつタングステンをベースとした、"耐共振構造タングステンホルダー"を採用。振動板の振動によって発生する不要な共振を抑制。またフレーム部にはアルミの約2.6倍の比重をもつ亜鉛を使用。磁気回路の反作用によって発生する振動を抑え、艶やかで伸びのある高音を再生。

3 ) 高精度削り出し製法による真鍮イコライザーを採用

指向性をコントロールするイコライザーには真鍮を使用。高精度削り出し製法により混変調歪の原因となるサイドローブを低減し、優れた指向特性を実現。

■17cmミッドバス  「TS-M1RS」

1 ) 新開発、高音質振動板を採用

振動板には厳選したパルプを使用。多種の繊維混抄により剛性、内部損失を高めるとともに、優れた応答性と高い分解能を獲得。正確かつ豊かな表現力を実現。

2 ) 新開発、"耐共振構造タングステンダンパーホルダー"を採用

ダンパーの振動によって発生する不要な共振を抑えるため、ダンパーを支えるホルダーにはアルミの約7.1倍の比重をもつタングステンをベースとした、"耐共振構造タングステンホルダー"を使用。非面接触型ポイント支持構造を採用することにより、フレーム共振との干渉を抑制。

3 ) 亜鉛ダイキャストフレームを採用、フルバスケット構造により磁気回路の反作用を低減

■25cmサブウーファー  「TS-W1RS」

1 ) 新開発、高音質振動板を採用

振動板には厳選したパルプを使用。振動板面積の中心に配した大口径
φ140mmボイスコイルが効率的にコーンを駆動し、正確で量感あふれる低音再生を実現。

2 ) 新設計、薄型アルミダイキャストフレームを採用

埋め込み寸法75mmの薄型構造を採用。小容積設計により、優れた取り付け性を実現。

3 ) ネオジウムマグネットを使用、圧倒的な高磁束を獲得し、豊かな低音を再生

■2ウェイパッシブクロスオーバーネットワーク  「UD-N1RS」

1 ) 厳選した高品位音響パーツを使用、TS-T1RSとTS-M1RSの性能を最大限に発揮

2 ) タングステン配合ネットワークケースを採用

樹脂に高比重で制振、制動性に優れたタングステンを配合し、ケースの共振を抑制。

3 ) 70μ(ミクロン)パターン銅箔を採用

銅箔の厚みを通常の2倍の70μに設定、低インピーダンス化と電流容量の拡大を実現。

【主な仕様】

  TS-T1RS TS-M1RS TS-W1RS UD-N1RS
瞬間最大入力 120W
(4Ω換算値)
120W 300W -
定格入力 50W
(4Ω換算値)
50W 150W -
再生周波数帯域 1,200Hz~48,000Hz 35Hz~11,000Hz 20Hz~3,000Hz -
出力音圧レベル 95dB/W(1m) 89dB/W(1m) 86dB/W(1m) -
インピーダンス -
外形寸法 φ68×64mm φ174×75mm φ276×94mm 182×43×107mm
質量(1個) 0.65kg 1.56kg 6.62kg 0.79kg

報道資料

キーワードで探す

年月で探す