報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2015年 5月 8日
パイオニア株式会社

~バイアンプ接続に対応した高音質カスタムフィットスピーカーと、小型で取り付けやすいパワーアンプ~カロッツェリア カースピーカー2機種とパワーアンプ1機種を新発売


【TS-C1720A II】

【TS-C1620A II】

【GM-D1400 II】
商品名 型番 希望小売価格(税別) 発売時期
■ カスタムフィットスピーカー 「Cシリーズ」
17cm セパレート2ウェイスピーカー TS-C1720A II 32,000 円 5月下旬
16cm セパレート2ウェイスピーカー TS-C1620A II 32,000 円
■ パワーアンプ
100W×4・ブリッジャブルパワーアンプ GM-D1400 II 16,000 円 5月下旬

パイオニアは、さまざまな車種に取り付けられる高音質な2ウェイカスタムフィットスピーカー「Cシリーズ」2機種と、音質を向上させる小型のパワーアンプ1機種を発売します。

「Cシリーズ」は、上位機種で培った“Open & Smooth”コンセプト※1に基づき、ボーカルや楽器などを原音に忠実かつ明瞭に再生するセパレートタイプのハイグレードカスタムフィットスピーカーです。「サイバーナビ」などとのバイアンプ接続にも対応しており、広帯域で高音質再生を実現します。

ブリッジャブルパワーアンプ「GM-D1400 II」は、 “Class D増幅回路”の見直しにより、小型・軽量化とハイパワー(100W×4)な高音質再生を実現しています。新開発の消費電流制御回路により、長時間豊かな音量で音楽を楽しめるほか、コンソール内からの電源供給に対応しているので、コンソール内や運転席周辺に本機を取り付けて、手軽にオーディオシステムの音質を向上できます。

※1 「低クロスオーバーによる広指向特性」と「全帯域にわたる低歪み」をキーワードとしたサウンドコンセプト。“Open”は開放的な音の鳴り方や音場がスピーカーの間隔より広く感じられるようなステージ感、“Smooth”はウーファーとトゥイーターの音がスムーズにつながっている状態を表します。

Cシリーズ(「TS-C1720A II」「TS-C1620A II」)の主な特長

(1) 車室内で理想の空間描写と原音再生を実現

“Open & Smooth”コンセプトに基づき、従来ウーファーで再生していた中音域を指向性に優れたトゥイーターで再生することで、周波数特性を改善しています。また、明確な音像定位と歪みの低減を実現しており、ボーカルや楽器の音を原音に忠実かつ明瞭に再生します。

(2) 高音質振動板「2層構造アラミドファイバーコーン」

振動板に、軽量・高剛性な「2層構造アラミドファイバーコーン」を採用しました。微少信号にも素早く反応し、広帯域にわたって躍動感のある高音質再生を実現します。

(3) 広い帯域で高音質再生を実現する2.9cmピュアアルミニウム製のバランスドドーム

トゥイーターのダイアフラムに、低歪みで指向特性に優れた「ピュアアルミニウム製バランスドドーム」を採用しており、幅広い帯域で原音に忠実かつ明瞭な再生を実現します。また、2.9cmの大口径ユニットを採用し、クロスオーバーを低く設定することで周波数特性の乱れを低減し、中域の定位感を向上させました。

(4) バイアンプ接続にも対応した「パッシブクロスオーバーネットワーク」

パワーアンプを、ウーファーとトゥイーターそれぞれに接続し、広帯域でクリアな高音再生を実現する “バイアンプ接続”用の端子を、クロスオーバーネットワークに装備しています。また、感度を3段階調整できるアッテネーターも装備しています。

(5) その他の特長

  • 純正トゥイーターから交換する際に使用するトゥイーター取付ブラケットを付属(TS-C1720A II)
  • 別売のトゥイーター取付キットを使用すれば、幅広い車種の純正スピーカー位置へのトゥイーター取付けが可能
  • 車メーカーごとに異なるスピーカー端子でも、簡単に接続できる「ワンタッチ接続アダプター」を付属

パワーアンプ「GM-D1400 II」の主な特長

(1) “Class D増幅回路”により、小型・軽量化とハイパワーな高音質再生を実現

高性能パワー素子“MOS FET”を“Class D増幅回路”内に集積することで回路の小型化を図り、筺体の小型・軽量化を実現しています。また、回路構成を見直し、高効率でハイパワー(100W×4ch)な高音質再生を実現しています。

(2) 長時間再生時の発熱から回路を保護する消費電流制御回路PCSを搭載

新開発の消費電流制御回路PCS(Protection Control System)により、長時間再生時の発熱から回路を保護するとともに大音量時の過電流を抑えるので、豊かな音量で長時間音楽を楽しめます。

(3) コンソール内からの電源供給に対応し、取り付け用のケーブルを同梱

コンソール内からの電源供給に対応しており、取り付けに必要な1.5mのケーブル(電源・スピーカー入出力ケーブルなど)も同梱しているので、コンソール内や運転席周りへ簡単に取り付けることができます。

(4) 純正カーオーディオなど幅広いオーディオシステムと接続可能

メインユニットのスピーカーケーブルに本機を接続する “スピーカーライン接続”により、メインユニットの起動を検出し、本機の電源を自動的に立ち上げます。スピーカーの入力感度を合わせることができるので、純正カーオーディオを含むさまざまなカーオーディオシステムとの接続が可能です。

(5) その他の特長

小型化(181mm×38mm×64mm)、軽量化(質量:0.55 kg)、省電力化(消費電流:15 A)を実現するなど、環境にも配慮した設計です。

「TS-C1720A II/C1620A II」の主な仕様

  TS-C1720A II TS-C1620A II
スピーカー構成 17 cm 2層構造アラミドファイバー
コーンウーファー、
2.9 cm ピュアアルミニウム
バランスドドームトゥイーター
16 cm 2層構造アラミドファイバー
コーンウーファー、
2.9 cm ピュアアルミニウム
バランスドドームトゥイーター
瞬間最大入力 150 W 120 W
定格入力 40 W 30 W
再生周波数帯域 33 Hz ~ 46,000 Hz 38 Hz ~ 48,000 Hz
出力音圧レベル 90 dB 89 dB
インピーダンス 4 Ω 4 Ω
質量(1個) 0.78 kg(ウーファー)
0.06 kg(トゥイーター)
0.67 kg(ウーファー)
0.06 kg(トゥイーター)

「GM-D1400 II」の主な仕様

チャンネル数 4チャンネル
定格出力 45 W × 4 ch(4 Ω、2 Ω) / 90 W × 2 ch(4 Ω)
最大出力 100 W × 4 ch(4 Ω、2 Ω) / 200 W × 2 ch(4 Ω)
高調波歪率(10 W、1 kHz) 0.05 %
SN比 90 dB
周波数特性 10 Hz ~ 40 kHz(+0 dB、-3 dB)
消費電流 15 A
負荷インピーダンス 4 Ω(対応可能範囲:2 Ω ~ 8 Ω)
最大入力レベル RCA:1.0 V、スピーカー:10.0 V
ローパスフィルター 80 Hz(-12 dB/oct)
ハイパスフィルター 80 Hz(-12 dB/oct)
取付寸法(W×H×D) 181 mm × 38 mm × 64 mm
質量 0.55 kg

報道資料

キーワードで探す

年月で探す