報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2014年 10月 8日
パイオニア株式会社

~『楽ナビ』からの操作が可能で、振動を検知して駐車中も自動録画できるなど
取り付けやすい小型カメラ搭載のフルHD画質で録画できるドライブレコーダー~
カロッツェリア ドライブレコーダー「ND-DVR1」を新発売


【ND-DVR1】

【撮影された画像例(左上:昼間、右下:夜間)】
商品名 型番 希望小売価格(税別) 発売時期
ドライブレコーダー ND-DVR1 20,000円 2015年春

パイオニアは、『楽ナビ』からの操作が可能で、振動を検知してさまざまな状況を撮影できるなど、フルHD(1920×1080p)画質のドライブレコーダー「ND-DVR1」を発売します。

本機は、当社『楽ナビ』シリーズ※1で本機を操作できる「ドライブレコーダーリンク」機能を搭載しているので、録画やファイルの送り・戻しなどのタッチパネルでの操作や、録画した映像・設定画面などの『楽ナビ』画面での確認が行えます。また、小型カメラ部と本体部を分離したセパレートタイプなので、前方視界を妨げずにさまざまな車に取り付けることができます。カメラ部に高解像度CMOSセンサーと広角レンズを採用しているので、microSDカードにフルHD(1920×1080p)画質で広範囲に撮影できます。さらに、振動を検知すると撮影する「セキュリティ機能」※2や「イベント録画機能」などを搭載しているので、さまざまな状況を撮影することができます。RCA入力端子(映像・音声)を持った車載器とも接続可能※3で、録画した映像、設定画面などを車載器の画面で確認できます。

主な特長

(1) 『楽ナビ』側から操作できる「ドライブレコーダーリンク」機能を搭載

当社の『楽ナビ』シリーズと接続することで、録画ボタンやファイルの送り・戻し、メニュー・モードなどが『楽ナビ』の画面に表示され、タッチパネルによる操作が可能です。「セキュリティ機能」など、振動を検知して撮影した際の通知なども『楽ナビ』で確認できます。録画ファイルには、『楽ナビ』が持つ日時/緯度・経度/方位角/速度の情報を記録するので、トンネルの中やGPS電波を受信しにくい場所でも、正確な情報の記録が可能です。また、常時電源と接続しているので日時情報を再設定する必要がありません。


【『楽ナビ』の画面の操作キー表示例】

(2) 広画角のフルHD映像をmicroSDカードに常時録画※4

カメラ部の高解像CMOSセンサーと広角レンズ(水平120度、垂直63度、対角145度)により、フルHD(1920×1080p)画質で風景を広範囲に撮影できるとともに、車のアクセサリー電源ON/OFFに連動してmicroSDカードに自動で常時録画※4します。WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能により、明暗のある風景でも白飛びや黒つぶれのない撮影が可能で、夜間でも鮮明な映像が録画できます。また、高フレームレート(27.5fps)の撮影により、滑らかなで高画質な映像を記録できることに加え、フレームレートをLED信号機の明滅タイミングとずらしているので、信号機の色を鮮明に録画できます。

(3) 取り付けやすく操作しやすい、小型カメラ部と本体部を分けたセパレートタイプ

カメラ部が小型(W:30 mm×H:30 mm×D:30 mm)なので、前方視界を妨げずに車に取り付けられます。W:55 mm×H:90 mm×D:20 mmのコンパクトな本体部は運転席周りに設置しやすく、録画などのボタン操作を手元で行うことができます。また、RCA入力端子(映像・音声)を持った車載器と接続※3することも可能で、録画した映像を車載器の画面で確認できます。

(4) 本体部の振動センサーにより、「セキュリティ機能」や走行中の「イベント録画機能」を実現

本体部の振動センサー(3軸Gセンサー)で駐車中の振動を検知し、撮影する「セキュリティ機能」を搭載しています。また、「イベント録画機能」により、走行中の振動検知時点の静止画と振動検知前後の動画を同時に撮影し、記録したファイルを保護して保管することができます。「手動撮影機能」でも録画ボタンを押した時点の静止画と前後の動画を同時に撮影・保管できるので、ドライブ時の印象的な風景などを接続の車載器やPCで楽しめます※5

(5) その他の特長

  • 録画中に地上波デジタル放送やGPS電波への干渉を抑えた安心設計。
  • 音声録音用マイクを本体部に装備。
※1 対応機種: AVIC-RL09/RW09/RZ09/RZ07/RZ06/RZ05/RW03/RZ03
※2 常時電源接続時に動作。
※3 接続する際には、ミニジャック(φ3.5 mm、4極)をRCAピン(映像・音声)に変換するケーブルやアダプターが必要です。
※4 録画した映像は設定時間単位で1ファイルとして記録され、microSDカードの容量が無くなると、古いファイルから上書きします。
※5 PCで再生する場合には、動画(MOV(H.264))・静止画(JPEG)に対応したアプリケーションが必要です。
※  本製品の仕様および外観は、改善のため予告なく変更する場合があります。
※  本資料の表示画面や画像は最終ではありません。
* この資料に記載されているその他の商品名、およびシステム名は各社の商標、または登録商標です。

主な仕様

本体部
出力端子 4極ミニピンジャック(同梱)、USB接続ケーブル(同梱)
記録媒体 microSDカード (32 GBまで、class4以上、動作確認用microSD 8 GB同梱)
記録解像度 1920×1080p、1280×720p、640×480p
記録解像度(動画) フルHD(1920×1080p)、HD(1280×720p)、VGA(640×480p)
記録解像度(静止画) 1920×1080、1280×720、640×480
画素圧縮方式 動画:MOV形式(H.264動画圧縮規格) 静止画:JPEG形式
フレームレート 27.5 fps
録画可能時間 約1.2時間(フルHD時)、約2.5時間(HD時)、約4.5時間(VGA時)
消費電流 190 mA
取付寸法(W×H×D) 55 mm×90 mm×20 mm
質量 66 g (ブラケット、接続ケーブル等を除く)
センサー 3軸Gセンサー内蔵
その他 音声録音用マイク内蔵、録画音声用外部出力端子(ミニピンジャック×1)
カメラ部
撮影素子 CMOSセンサー
画素数 207万画素
画角 水平120度 垂直63度 対角145度(フルHDおよびHD時)
F値 2.0
取付寸法(W×H×D) 30 mm×30 mm×30 mm

報道資料

キーワードで探す

年月で探す