報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2014年 6月 16日
パイオニア株式会社

~8 ch DACパラレル駆動を採用し、リケーブル用バランスヘッドホン端子を装備~“もっといい音”を求めるヘッドホンユーザーに向けたUSB DAC「U-05」を新発売

商品名 型番 希望小売価格(税別) 発売時期
ヘッドホンアンプ内蔵型USB DAC U-05 105,000 円 7月下旬

パイオニアは、長年培ってきた高速デジタル処理技術を活かし、8 ch DACのパラレル駆動などを用いることで高精度なD/A変換を実現するヘッドホンアンプ内蔵型USB DAC「U-05」を発売します。

近年、パソコンを使って音楽ファイルの管理や再生を行う方が増えています。また、ハイレゾリューション音源の増加により、パソコンに保存した音楽を高音質で楽しみたいというニーズも高まっており、デジタル音源を高音質化するUSB DACが注目されています。

本機は、当社が長年培ってきた高速デジタル処理技術のノウハウを活かして、ESS社製8 ch DACの性能を最大限に引き出すとともに、左右それぞれ8 chパラレル駆動させることで伝送ノイズを大幅に低減します。DACから出力(ヘッドホン/ライン)までのアナログ伝送部には、ノイズの影響が少ないバランス方式を採用することで、透明感のある音質を実現しています。また、高音質ファイルフォーマット“DSD 5.6 MHz/PCM 384 kHz 32 bitアシンクロナス転送”への対応に加え、ジッターノイズを軽減させる「ロックレンジアジャスト」機能や、最大384 kHz/32 bitまでアップスケールする「オーディオスケーラー」機能、3種類から好みの音質を選べる「デジタルフィルター」機能など、オーディオメーカーならではのデジタル信号技術を用いた機能を搭載しており、デジタル音源のパフォーマンスを最大限まで引き出します。

さらに、高音質チューニングを施したディスクリート回路で構成された本格的なヘッドホンアンプに加え、標準ヘッドホン端子とリケーブル用のバランスヘッドホン端子を2系統(XLR3/XLR4タイプ)装備しているので、ヘッドホンのケーブルをバランスケーブルに交換して音質を向上させることも可能です。前面、天面、側面パネルにアルミ素材を用いることで、質感のあるデザインに仕上げています。

※当社は、日本オーディオ協会が推進している“ハイレゾリューション・オーディオ(サウンド)認知拡大の取り組み”に賛同しており、同協会推奨ロゴマークを使用することで、ハイレゾの普及、認知拡大に努めてまいります。

【日本オーディオ協会推奨ロゴマーク】

6月17日(火)より、パイオニア プラザ銀座に「U-05」を先行展示します。

パイオニア プラザ銀座http://pioneer.jp/corp/publicity/pioneer-ginza/display/av-pc/20140616

主な特長

(1) ESS社製DAC 8 chパラレル駆動などの高速デジタル処理技術を用いて、卓越したDACパフォーマンスを実現

  • 左右のチャンネルごとに384 kHz対応ESS社製8 ch DAC(ES9016)を使用し、それぞれ8 chパラレル駆動させることで、ノイズを大幅に低減し、高いS/N比を実現
  • “DSD 5.6 MHz/PCM 384 kHz”までのファイルフォーマットに対応し、ASIOドライバー※1によるDSDネイティブ再生※2が可能
  • 本機に内蔵した高精度クロックで伝送を制御する「アシンクロナス転送」によりジッターを大幅に低減
  • 3種類のモード(SHARP/SLOW/SHORT)で音質を調整できる「デジタルフィルター」機能を搭載
  • DACのロックレンジ精度を調整してジッターノイズを軽減させる「ロックレンジアジャスト」機能を搭載
  • 原音を忠実に再生する「DIRECT」モードと、楽曲を32 bitまで拡張したり、最大384 kHzまでアップサンプリングする「オーディオスケーラー」機能を搭載

【左右の各チャンネルにESS社製のDACを使用】

(2) バランス信号伝送方式を採用した高音質なヘッドホンアンプを搭載

  • バランス信号伝送方式を採用し、クリアな音質を実現
  • 高音質チューニングを施したディスクリート回路構成を採用
  • ヘッドホンのリケーブルに対応できるバランスヘッドホン端子2系統(XLR3/XLR4タイプ)と標準ヘッドホン端子を装備
  • 大型のメインボリュームに加え、音量を微調整できる“ファインアジャスト”ボリュームを搭載
  • インピーダンスの異なるヘッドホンにも対応可能な“ゲイン切替スイッチ”を搭載

【前面にバランスヘッドホン端子2系統を装備】

【メインボリュームとファインアジャストボリューム】

(3) オーディオメーカーならではの設計と高音質パーツを採用

  • 6系統のデジタル入力端子を装備(USB-B、コアキシャル×2、オプティカル×2、AES/EBU)
  • プリアンプとしても使用できる、ボリューム連動/固定選択式アナログ出力を2系統(XLR3/RCA)装備
  • オーディオ専用の高音質パーツを採用(独立巻き線構造のシールドケース付き大型電源トランス、当社独自の電源用コンデンサー、ノイトリック社製バランス端子、削り出しタイプのRCA端子、極太電源コード等)
  • 制振性に優れた低重心設計の筐体を採用
  • 前面、天面、側面パネルにアルミ材を使用したフラットデザイン
  • ボリュームや音質を調整できる専用リモコン付属
  • 環境に配慮した「オートパワーダウン」機能を搭載

【大型電源トランスを搭載】

【高音質部品を使用した背面端子】
※1 ASIOドライバー : 音楽信号を、パソコンのオーディオ調整機能を通さずに伝送するソフトウェア。
※2 DSDネイティブ再生 : DSDフォーマットをPCMに変換せずに、そのままDSD信号として再生する手法。
* DSDは登録商標です。
* その他の商品名、技術名および会社名等は、各社の商標または登録商標です。

主な仕様

対応サンプリング周波数 USB入力(PCM):44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、 96 kHz、176.4 kHz、192 kHz、352.8 kHz、384 kHz(16、24、32 bit)
USB入力(DSD):2.82 MHz、5.64 MHz
COAXIAL/OPTICAL/AES/EBU入力:32 kHz、44.1 kHz、48 kHz、
88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz(16、24 bit)
デジタル入力 入力端子 USB 1系統、COAXIAL 2系統、OPTICAL 2系統、AES/EBU(XLR3) 1系統
アナログ出力 出力端子 アンバランス(RCA):1系統、バランス(XLR3):1系統(レベル固定/可変切替式、位相切替機能付き)
ライン出力電圧/
インピーダンス
アンバランス(RCA):2.4 V/100 Ω、バランス(XLR3):4.4 V/100 Ω
周波数特性 4 Hz~100 kHz(-3.0 dB)
全高調波歪率 アンバランス(RCA):0.0012 %、バランス(XLR3):0.0007 %
S/N比(A-weight) アンバランス(RCA):114 dB、バランス(XLR3):117 dB
ダイナミックレンジ 16 bit:96 dB、24 bit/32 bit:118 dB
ヘッドホン出力 出力端子 アンバランス(STD) 1系統、バランス(XLR3) 1系統、バランス(XLR4) 1系統
出力 アンバランス(STD):180 mW + 180 mW(32 Ω)
バランス(XLR3/XLR4):300 mW + 300 mW(32 Ω)
対応インピーダンス 16 Ω~600 Ω
周波数特性 4 Hz~80 kHz(-3.0 dB)
全高調波歪率 アンバランス(STD):0.01 %、バランス(XLR3/XLR4):0.004 % (出力-3.0 dB)
S/N比(A-weight) アンバランス(STD):106 dB、バランス(XLR3/XLR4):113 dB
その他 電源電圧 AC100 V、50 Hz/60 Hz
消費電力 35 W
待機時消費電力 0.27 W
外形寸法 296 mm(W)×101 mm(H)×271 mm(D)
質量 6.3 kg
付属品 リモコン、単4形乾電池×2、電源コード、取扱説明書、保証書

報道資料

キーワードで探す

年月で探す