報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2014年 5月 15日
パイオニア株式会社

徹底した音質強化により、豊かでクリアなサウンドを実現する
高音質AVアンプ2機種を新発売~最新4K映像信号(4K/60p/4:4:4)※1の伝送と多様なハイレゾ音源※2の再生に対応~


【VSA-1124】

【VSA-824】
商品名 型番 希望小売価格(税別) 発売時期
AVアンプ VSA-1124 85,000円 6月下旬
VSA-824 51,000円
※1 解像度:4K(4,096/3,840×2,160)、フレームレート:60p、色信号フォーマット 4:4:4の最新の4K映像信号で、 本機に搭載のHDMI端子はこの信号の伝送に対応しています。
※2 CDの特性を上回る高解像度音源の総称。ハイレゾリューション音源。

パイオニアは、最新4K映像信号※1の伝送に対応するHDMI端子を搭載し、多様なハイレゾ音源への対応と徹底した音質強化により、音楽や映画の持つ本来のクオリティーを忠実に再現するAVアンプ2機種「VSA-1124」「VSA-824」を発売します。

近年、4K映像信号に対応したTVやプロジェクター、ビデオカメラなどが発売され、高画質な映像コンテンツをそのままの画質で楽しみたいという方が増えています。両機は最新の4K映像信号の伝送が可能な“HDMI 2.0”規格に対応しており、4K映像機器と接続して高画質な映像を楽しめるとともに、192 kHz/24 bit DACとハイパワーアンプの搭載により、さまざまなハイレゾ音源を高音質で再生できます。また、専用のコントロールアプリケーションをインストールしたスマートフォンで、直感的で快適な操作・設定も可能です。

「VSA-1124」は、ESSテクノロジー社製オーディオ機器専用DAC“SABRE Premier Audio DAC(ES9006S)”の搭載による自然で滑らかな高音質再生と、低域の再現力を向上させた当社独自の音場補正技術「Advanced MCACC※3」による、視聴環境に左右されない迫力あるマルチチャンネル再生を実現します。FLAC/WAVのハイレゾ音源によるマルチチャンネルコンテンツの再生にも対応しています。

※5月15日(木)より、パイオニア プラザ銀座に「VSA-1124」「VSA-824」を先行展示 いたします。

パイオニア プラザ銀座http://pioneer.jp/corp/publicity/pioneer-ginza/display/av-pc/20140515/

主な特長

(1) 多様なハイレゾ音源に対応する192 kHz/24 bit DACとハイパワーアンプを搭載

全チャンネルに192 kHz/24 bit DACを搭載し、多様なハイレゾ音源の再生に対応するとともに、ハイパワー出力(VSA-1124:180W/ch、VSA-824:160W/ch)のアンプ、伝送経路の最短化や高剛性構造による制振性の向上などにより、高音質再生を実現しています。

◆ オーディオ専用DACなど高音質部品の採用に加え、独自の位相補正技術「オートフェイズコントロールプラス」やbit拡張処理技術「Hi-bit24 Audio Processing」による高音質化を実現(VSA-1124)

「VSA-1124」の192 kHz/24 bit DACにはオーディオ機器専用に開発されたESSテクノロジー社製の“SABRE Premier Audio DAC(ES9006S)”、電源部にはオーディオ機器専用カスタムコンデンサーなど、厳選した高音質部品を採用しています。また、「オートフェイズコントロールプラス」機能で、ソース由来の低音のズレをリアルタイムに自動補正します。上位機種でも採用されている「Hi-bit24 Audio Processing」機能により、自然で滑らかな高音質再生を実現します。

◆ 多様なハイレゾ音源の再生に対応

FLAC/WAV/AIFF/Apple losslessのハイレゾ音源のギャップレス再生に加え、「VSA-1124」では、FLAC/WAVのマルチチャンネルコンテンツやDSDファイルの再生に対応しており、幅広くハイレゾ音源を再生することができます。

(2) 最新の4K映像信号の伝送を可能にする“HDMI 2.0”規格対応のHDMI端子を装備

最新の4K映像信号(4K/60p/4:4:4)の伝送が可能な“HDMI 2.0”規格に対応したHDMI端子を装備しており、4K映像機器と接続することで、高画質な映像を楽しめます。また、「4Kパススルー」機能で4K映像信号をディスプレイにそのまま伝送できます。「VSA-1124」は高性能ビデオコンバーターを搭載しているので、SD/HD映像から4Kへのアップスケーリングにも対応しています。

(3) 理想的な再生環境を実現する自動音場補正技術「Advanced MCACC※3」を搭載(VSA-1124)

“周波数”と“音圧レベル”に加え、“時間軸”の要素を加えた音場補正により、視聴環境に左右されることなくマルチチャンネル再生の理想的な音場を実現します。また、低域の再現力を向上させるサブウーファーEQ補正機能も新たに搭載しました。

(4) AVアンプの設定・操作を分かりやすくサポートする「AVナビゲーター」を本体に内蔵(VSA-1124)

本機の設定や操作を分かりやすくサポートする「AVナビゲーター」を本体に内蔵しており、有線・無線LAN※4経由で、MacやiPhone/iPod touch/iPad、PCやスマートフォンなど、さまざまな端末から本機の設定や操作ができます。

(5) 使いやすく進化した専用コントロールアプリケーション「iControlAV5」

iPhone/iPod touch/iPad、またはAndroid端末にインストールすることで、ネットワークに接続した※5本機の操作が可能で、操作画面をフリック操作で切り替えられるインターフェースを採用しています。また、「プッシュプレーヤー」機能により、端末内の音楽コンテンツをワイヤレスで再生できます。「VSA-1124」では、AVアンプの状態を表示し、各種設定が行える「3D STATUS VIEWER」や、映像信号のスケーリングをワンタッチで設定できる「AV SCALER」が使えるとともに、「AVナビゲーター」を簡単に呼び出すことができます。

【3D STATUS VIEWER】音声・映像の入出力状況をビジュアルで確認・設定(画面はiPhone/iPod touchでの表示イメージです)。

(6) 環境に配慮した「ECOモード」を搭載

コンテンツ再生時のピークボリュームを分析して消費電力を抑える「ECOモード」を搭載しています。また、新電源ユニットを採用することで、待機時消費電力はクラス最高水準の0.1 Wを実現しているほか、「iContorolAV5」使用時のネットワークスタンバイ状態での消費電力を抑えています(VSA-1124:2.0 W、VSA-824:3.0W) 。オートパワーオフ機能も搭載しています。

(7) その他の特長

  • AirPlayに対応
  • DLNA1.5準拠/Windows 8.1に対応
  • インターネットラジオ※6機能を搭載
  • MHL Ver.2.0に対応
  • ジッターレス伝送を実現した「PQLSビットストリーム」を搭載(VSA-1124)
  • フロントチャンネルプリアウトを装備(VSA-1124)
  • 2つのサブウーファーが接続できる“Dual Subwoofer”出力端子を搭載
  • オプションの無線LANコンバーター「AS-WL300」(オープン価格)、BLUETOOTH®アダプター「AS-BT200」(オープン価格)に対応
※3 MCACC=Multi-Channel Acoustic Calibration System(自動音場補正システム)。「MCACC」は、録音スタジオにおけるモニタリング手法と同一レベルの音場調整を行うことができる当社独自の音場補正技術です。
※4 無線LANによるネットワーク環境が整っていることが必要です。接続には別売の無線LANコンバーター「AS-WL300」(オープン価格)をお使いください。
※5 Wi-Fi規格に対応した無線LANのネットワーク環境が整っていることが必要です。
※6 インターネットサービスを提供しているプロバイダーとの契約が別途必要です。
* Apple、AirPlay、iPad、iPod、iPod touchおよびMacは米国および他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。
* HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国その他の国々における商標または登録商標です。
* MHLおよびMobile High-Definition Linkという用語はMHL, LLCの米国および他の国々における商標または登録商標です。
* Windowsは、Microsoftグループ企業の商標または登録商標です。
* DLNAはDigital Living Network Allianceの商標です。
* Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パイオニア株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。
* DTS、DTS-HD、記号、およびDTSまたはDTS-HDと記号の組み合わせはDTS社の登録商標です。
* AndroidはGoogle Inc.の商標です。
* iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。

5.1 chホームシアターセットでのご提案

既発売5.1 chスピーカーシステム「S-HS100」とのホームシアターセット「Smart Theater S8A」として展開(VSA-824)

小型で高音質と評価の高い既発売の5.1 chスピーカーシステム「S-HS100」と組み合わせ、お求めやすい価格のホームシアターセット「Smart Theater S8A」として展開し、臨場感あるサラウンド空間を提案します。

主な仕様

  VSA-1124 VSA-824
■オーディオ特性
実用最大出力
(JEITA、1 kHz、10 %、
6 Ω、1 ch駆動時)
フロント:180 W / ch、センター:180 W、
サラウンド:180 W / ch、
サラウンドバック:180 W / ch
フロント:160 W / ch、
センター:160 W、
サラウンド:160 W / ch
定格出力
(20 Hz~20 kHz、0.09 %、
8 Ω、1 ch駆動時)
100 W / ch 95 W / ch
周波数特性 5 Hz ~ 100 kHz (+0 dB / -3 dB)
ライン入力S/N比 100 dB (IHF-A) 98 dB (IHF-A)
■HDMI端子 7入力(リア:6、フロント:1)/
2出力(OUT2はゾーン出力切換可能)
6入力(リア:5、フロント:1)/1出力
■MHL端子 1系統(リアHDMI入力兼用)
■音声入力端子
デジタル 同軸1系統、光1系統
アナログ(オーディオ) 1系統(アサイン可能) 1系統
アナログ(AV) 2系統 2系統
■映像入力端子 
コンポジット 2系統 2系統
コンポーネント 1系統(アサイン可能) -
■音声出力端子 
プリアウト 2.2 ch:フロント、サブウーファー × 2 0.2 ch:サブウーファー × 2
■映像出力端子
コンポジット 1系統(モニター出力)
■その他端子 
USB入力端子 1系統(iPod/iPhone Digital入力対応)
LAN端子 1系統(10BASE-T/100BASE-TX)
IR入出力 1系統 -
マルチゾーン端子 1系統(AV)、1系統(HDMI出力) -
ADAPTER PORT
(Bluetooth®対応)
1系統
■その他 
外形寸法(W×H×D) 435 mm × 168 mm × 362.5 mm 435 mm × 168 mm × 331.5 mm
本体質量 9.8 kg 8.6 kg
消費電力 550 W 450 W
待機時消費電力 0.1 W (スタンバイ状態)
2.0 W(ネットワークスタンバイON時)
0.1 W (スタンバイ状態)
3.0 W(ネットワークスタンバイON時)

報道資料

キーワードで探す

年月で探す