報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2014年 4月 15日
パイオニア株式会社

~“クラブミュージックを楽しむ”ハイエンドヘッドホン~「Superior Club Sound」シリーズを発売

  • mixi Check
  •  
【SE-MX9-S】商品詳細へ
【SE-MX9-S】
【SE-MX7-W】商品詳細へ
【SE-MX7-W】
【SE-CX9-S】商品詳細へ
【SE-CX9-S】
【SE-CX8-S】商品詳細へ
【SE-CX8-S】

企画意図

パイオニアは、ヘッドホンの最上位モデル“Superior Club Sound(スーペリア クラブ サウンド)”シリーズを新たに立ち上げ、4月下旬に発売します。

近年、世界の音楽シーンでは、ビートや低音の効いたクラブミュージックが人気を集めています。欧米においては、10万人規模のクラブミュージックイベントが各地で開催され、DJ・クラブ文化は若者のライフスタイルに広く浸透しています。近年、日本においても、クラブミュージックイベントが各地で開催され、参加者も年々増加しており、DJ・クラブ文化が若者を中心に広がりを見せています。

音楽の楽しみ方も、デジタル音源(ファイルミュージック)やスマートフォンの普及により、音楽を手軽に持ち歩いてヘッドホンで楽しむ方が増え、ヘッドホンのファッション性が重視されるようになっています。

“Superior Club Sound”シリーズは、当社がDJ用ヘッドホンで培ってきた技術・ノウハウを活かし、ビートや低音の効いたクラブミュージックを聴く喜びを追求したヘッドホンです。素材や細部のデザインにまでこだわり、高品位で先進的な外観と心地よい装着感を実現しています。

“Superior Club Sound”シリーズロゴ

途切れることなく繰り返される(Loopする)クラブミュージックを象徴しながら、クラブミュージックを通じて繋がる人の輪、クラブミュージック・クラブカルチャーと繋がったアクティブなライフスタイルを提供するヘッドホンでありたい、という思いを込めたロゴデザインです。

商品プロモーションYouTube動画

“Superior Club Sound”シリーズのラインアップ

クラブミュージックの再生に最適な、新開発の大口径50 mmスピーカーユニットを搭載し、デザインだけでなく、装着感や扱いやすさなどすべてにこだわったフラッグシップモデル「SE-MX9」(ヘッドバンドタイプ)

低音を自在にコントロールできる「ADVANCED BASS LEVEL CONTROL」の搭載により、楽曲のジャンルや気分に合わせた、音楽の新しい楽しみ方を実現する「SE-MX7」(ヘッドバンドタイプ)

低周波数振動を発生させる新開発の「BASS EXCITER(ベースエキサイター)」(振動素子)により、新感覚の重低音再生を実現するとともに、バランスド・アーマチュアドライバーユニットとのハイブリッド構造を採用し、広帯域に渡りキレのあるクリアな音で微細なニュアンスを再現する「SE-CX9」(インナーイヤータイプ)

低周波数振動を発生させる新開発の「BASS EXCITER(ベースエキサイター)」(振動素子)により、新感覚の重低音再生を実現するとともに、高性能ダイナミックドライバーとのハイブリッド構造を採用し、豊かな低音とクリアな中高音を再生する「SE-CX8」(インナーイヤータイプ)  

商品名 型番 カラー 希望小売価格 発売時期
密閉型ダイナミックステレオヘッドホン SE-MX9-S Bright Silver オープン価格 4月下旬
SE-MX9-K Indigo Black
SE-MX9-T Bright Copper
密閉型ダイナミックステレオヘッドホン SE-MX7-W Matte White オープン価格
SE-MX7-K Matte Black
SE-MX7-L Matte Blue
SE-MX7-M Matte Orange
密閉型インナーイヤーヘッドホン SE-CX9-S Deep Silver オープン価格
密閉型インナーイヤーヘッドホン SE-CX8-S Bright Silver オープン価格
SE-CX8-K Indigo Black
SE-CX8-T Bright Copper

4月15日(火)より、パイオニア プラザ銀座http://pioneer-ginza.jp/event_report/2014/04/415-superior-club-sound.html 別ウィンドウで表示します)に全モデルを先行展示します。

SE-MX9の主な特長

1 ) クラブミュージックの再生に最適な新開発の大口径50 mmスピーカーユニットを搭載

全世界のトップDJに使用されているDJ用ヘッドホン「HDJ-2000」をベースに、クラブミュージックの再生に最適な新開発の大口径50 mmスピーカーユニットを搭載しました。新たに開発した振動板は、コンピューター解析・シミュレーションを繰り返し行い、振幅対称性の向上による低歪化、低域感度の向上および広帯域再生を実現しています。また、磁気回路の磁束密度を高めたことで感度と音質を向上させ、迫力のあるビート再生を実現します。

ハウジング部に小容積のチャンバー(空気室)を設けることで、外部の騒音に対する遮音性能を高めており(騒音を約3 dB低減:周波数帯域20 Hz ~ 20,000 Hzまでの平均値、当社従来モデル比)、屋外でも優れたリスニング環境を実現します。

<スピーカーユニット分解図>
<ハウジング部に設けたチャンバー(空気室)>

2 ) 快適な装着感と扱いやすさを兼ね備えた、先進的で高品位なデザイン

素材や細部の形状にまでこだわり、扱いやすさ・快適な装着感と、先進的で高品位なデザインを両立しています。好みやファッションに合わせて選べる、3つのカラーバリエーションを展開しています。

  1. ハンガー部とハウジング部には、アルミ合金を使用し、フラッグシップモデルにふさわしい質感と高品位なデザインを実現しました。
  2. ヘッドバンド部には、屈曲や復元力に優れ、スポーツ用メガネフレームなどにも採用されている高耐久性素材ポリアミド樹脂を採用しています。シリコン素材で頭部への接触面の広いヘッドクッションにより、アクティブな使用シーンでも安定した装着が可能です。
  3. イヤーパッドには、肌ざわりの良いレザータイプ素材と耳形状にフィットする低反発ウレタンを採用し、快適な装着感で長時間の使用でも疲れにくい仕様です。

3 ) 音質を向上させるとともにデザイン性に優れた、新開発の“D-shapeコード”

音質を向上させるだけでなく、デザイン性に優れた、新開発の“D-Shapeコード”を採用しています。

  1. 熱可塑性エラストマー素材の採用と、D-shape形状により、よじれにくく、からみにくい仕様です。また、2色使いのD-Shapeデザインで個性を演出します。
  2. 電線の導体断面積を増やすことで音声信号の伝達における抵抗を小さくし(当社従来モデル比、約30%低減)、クリアな音質を実現します。
  3. プロDJ用ヘッドホンと同等のコード屈曲耐久性(当社民生用従来モデル比、約1.5倍)を実現し、アクティブな使用シーンでも使える高信頼設計です。
  4. 独自のロック機構付着脱式コード構造を採用し、スタイルに合わせてコードを左右のハウジングどちらにも付け替えることができます。断線時には専用コードに交換することができます。
<2色使いのD-shapeコード>
<コード断面図>

4 ) iPod/iPhone/iPadに対応※1したマイク付リモートコントローラーを搭載

iPod/iPhone/iPadで再生した音楽・映像の再生/停止/一時停止/送り/戻しの基本操作と音量調整が可能なリモートコントローラーをコード部に搭載しています。また、マイクを内蔵しているので、iPhoneでのハンズフリー通話が可能です。

5 ) その他の特長

  • フラットに折りたためて持ち運びに便利なスイーベル機構を採用
  • 自宅のAV機器との接続に便利な付け替え用2.0 mロングカールコード(伸長時 約3.0 m)を付属
  • 航空機用プラグアダプターを付属※2
  • 持ち運びに便利なキャリングポーチを付属

SE-MX7の主な特長

1 ) 楽曲のジャンルや気分に合わせて低音を自在に調整できる「ADVANCED BASS LEVEL CONTROL」

ハウジング部のジョグダイヤルで低音のレベルを調整できる、新開発の「ADVANCED BASS LEVEL CONTROL(アドバンスド・ベース・レベル・コントロール)」(特許出願中)により、曲のジャンルや気分に合わせ、低音を調整して楽しむことができます。また、ローパスフィルターの採用により低域の迫力再生を実現した低域再生用の口径40 mmスピーカーユニットと、CCAWボイスコイルを搭載した中高域再生用の口径40 mmスピーカーユニットのデュアルスピーカーユニット構造により、迫力ある低域とクリアな中高域を再生します。

<コントロール部>
大型ジョグダイヤルでBASS LEVELの 無段階調整が可能
<効果イメージ>
本シリーズ最大の低域から、バランスの良い低域まで、低域のレベルを自在にコントロール可能
<デュアルスピーカーユニット構造図>
中高域再生用ユニット, 低域再生用ユニット

2 ) スタイリッシュなラバー風マットフィニッシュデザイン

快適な装着感と、先進的で高品位なデザインを両立しています。好みやファッションに合わせて選べる、4つのカラーバリエーションを展開しています。

  1. ヘッドバンド部からハンガー部にかけて、スタイリッシュなラバー風マット仕上げを施しています。
  2. ヘッドバンド部とスライダー部には、屈曲や復元力に優れ、スポーツ用メガネフレームなどにも採用されている高耐久性素材ポリアミド樹脂を採用しています。レザータイプ素材で頭部への接触面の広いヘッドクッションにより、アクティブな使用シーンでも安定した装着が可能です。
  3. イヤーパッドには、肌さわりの良いレザータイプ素材を採用し、快適な装着感で長時間の使用でも疲れにくい仕様です。
【SE-MX7-W】【SE-MX7-K】【SE-MX7-L】 【SE-MX7-M】

3 ) 音質を向上させるとともにデザイン性に優れた、新開発の“D-shapeコード”

音質を向上させるだけでなく、デザイン性に優れた、新開発の“D-Shapeコード”を採用しています。

  1. 熱可塑性エラストマー素材の採用と、D-shape形状により、よじれにくく、からみにくい仕様です。また、2色使いのD-Shapeデザインで個性を演出します。
  2. 電線の導体断面積を増やすことで音声信号の伝達における抵抗を小さくし(当社従来モデル比、約30%低減)、クリアな音質を実現します。
  3. コードの屈曲耐久性は、プロDJ用ヘッドホンと同等の耐久性(当社民生用従来モデル比、約1.5倍)を実現し、アクティブな使用シーンでも使える高信頼設計です。
  4. 独自のロック機構付着脱式コード構造を採用しています。断線時には専用コードに交換することができます。

4 ) iPod/iPhone/iPadに対応※1したマイク付リモートコントローラーを搭載

iPod/iPhone/iPadで再生した音楽・映像の再生/停止/一時停止/送り/戻しの基本操作と音量調整が可能なリモートコントローラーをコード部に搭載しています。また、マイクを内蔵しているので、iPhoneでのハンズフリー通話が可能です。

5 ) その他の特長

  • 持ち運びに便利なキャリングポーチを付属

SE-CX9、SE-CX8の主な特長

1 ) 低周波数振動を発生させる新開発の「BASS EXCITER」(振動素子)を搭載したハイブリッド構造

「SE-CX9」「SE-CX8」は、フルレンジスピーカーユニットに新開発の「BASS EXCITER」を搭載したハイブリッド構造です。「BASS EXCITER」が振動し、イヤホンチップの先端から低周波数振動を発生させることで、低音域をより強く体感することができます(特許出願中)。

「SE-CX9」は、フルレンジスピーカーユニットにバランスド・アーマチュアスピーカーユニットを採用したことで、それぞれの楽器の音やボーカルまで、広帯域に渡り、キレのあるクリアな音で微細なニュアンスを再現します。

「SE-CX8」には、強磁力希土類マグネットを使用した高性能ダイナミック型スピーカーユニットを採用しました。不要な内部振動を低減する独自開発のセラミックパウダーコーティング振動板と、軽量のCCAW(銅被覆アルミニウム線)ボイスコイルにより、豊かな低音とクリアな中高音を再生します。

「BASS EXCITER」による迫力の重低音に加え、中高域の高音質再生にもこだわって、クラブミュージックの楽しさを引き出します。

【SE-CX9】【SE-CX8】
※バランスド・アーマチュアスピーカーユニット

磁石に取り付けたコイルに電流を流し、アーマチュアを震わせることで振動板を振動させ、音を発生させる。
モニターヘッドホンなど、プロユースで採用されている高音質ユニット。

2 ) 快適な装着感と扱いやすさを兼ね備えた、先進的で高品位なデザイン

素材や細部の形状にまでこだわり、扱いやすさ・快適な装着感と、先進的で高品位なデザインを両立しています。

  1. ハウジング部にアルミ合金を採用した「SE-CX9」は、先進的で高品位なデザインに仕上げています。「SE-CX8」はメタル調仕上げの3つのカラーバリエーションをそろえました。
  2. ラバークッション付きのセルフフィットホルダーが耳のくぼみ部分にフィットするので、屋外での使用時も快適で安定した装着を実現します。
  3. スピーカーユニットとノズル部の角度を耳穴の角度に合うように設計したイヤーダイレクトマウント構造の採用により、装着感を向上させました。

【SE-CX9-S】

【SE-CX8-S】

【SE-CX8-K】

【SE-CX8-T】
<セルフフィットホルダー>
<イヤーダイレクトマウント構造>

3 ) 音質を向上させるとともにデザイン性に優れた、新開発の“D-shapeコード”

音質を向上させるだけでなく、デザイン性に優れた、新開発の“D-Shapeコード”を採用しています。

  1. 熱可塑性エラストマー素材の採用と、D-shape形状により、よじれにくく、からみにくい仕様です。また、2色使いのD-Shapeデザインで個性を演出します。
  2. 電線の導体断面積を増やすことで音声信号の伝達における抵抗を小さくし(当社従来モデル比、約10%低減)、クリアな音質を実現します。
  3. 着脱式コードには、独自の小型接続コネクター(金メッキ)を採用しています。断線時には専用コードに交換することができます。
<2色使いのD-Shapeコード>
<コード断面図>
<小型接続コネクター>

4 ) iPod/iPhone/iPadに対応※1したマイク付リモートコントローラーを搭載

iPod/iPhone/iPadで再生した音楽・映像の再生/停止/一時停止/送り/戻しの基本操作と音量調整が可能なリモートコントローラーをコード部に搭載しています。また、マイクを内蔵しているので、iPhoneでのハンズフリー通話が可能です。

5 ) その他の特長

  • 持ち運びに便利なキャリングケースを付属
  • 左右を容易に判別できるカラードボディーデザインを採用(右:赤)
  • 航空機用プラグアダプターを付属(SE-CX9)※2

主な仕様

  SE-MX9 SE-MX7
型式 密閉型ダイナミック 密閉型ダイナミック
出力音圧レベル 106 dB 102 dB
接続コード OFC リッツ線 1.2 m OFC リッツ線 1.2 m
最大入力 1,200 mW (JEITA) 1,000 mW (JEITA)
プラグ φ3.5 mm 4極 ステレオミニプラグ(金メッキ) φ3.5 mm 4極 ステレオミニプラグ(金メッキ)
ユニット口径 φ50 mm φ40 mm/φ40 mm
再生周波数帯域 6 Hz ~ 40,000 Hz 6 Hz ~ 37,000 Hz
インピーダンス 32 Ω 16 Ω
質量 305 g (コード含まず) 227 g (コード含まず)
付属品 2.0 mロングカールコード(伸長時 約3.0 m)
φ6.3 mmステレオ標準プラグアダプター(金メッキ)
航空機用プラグアダプター※2
キャリングポーチ
ジャックキャップ 2個
キャリングポーチ
  SE-CX9 SE-CX8
型式 密閉型バランスド・アーマチュア + エキサイター  密閉型ダイナミック + エキサイター 
出力音圧レベル 101 dB 102 dB
接続コード OFC リッツ線 1.2 m OFC リッツ線 1.2 m
最大入力 100 mW (JEITA) 100 mW (JEITA)
プラグ φ3.5 mm 4極 ステレオミニプラグ(金メッキ) φ3.5 mm 4極 ステレオミニプラグ(金メッキ)
ユニット口径  ― φ9.4 mm
再生周波数帯域 6 Hz ~ 25,000 Hz 4 Hz ~ 30,000 Hz
インピーダンス 20 Ω 16 Ω
質量 13.0 g (コード含まず) 12.3 g (コード含まず)
付属品 イヤホンチップ(シリコン)S、M、L各2個
航空機用プラグアダプター※2
キャリングケース
イヤホンチップ(シリコン)S、M、L各2個
キャリングケース
※1 iPad、iPod、iPod classic、iPod nano、および iPod touch は米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
リモートコントローラーとマイクはiPhone 3GS以降、iPad, iPod touch (第2世代以降)、iPod classic (120 GB, 160 GB) とiPod nano (第4世代以降) のみ対応しています。リモートコントローラーはiPod shuffle (第3世代以降) にも対応しています。
オーディオ機能はすべてのiPad とiPodモデルに対応しています。
※2 航空機によっては互換性がない場合があります。
* iPhoneはアイホン株式会社のライセンスにより使用しています。

商品情報へ別ウィンドウで表示します

報道資料

キーワードで探す

年月で探す