報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2013年 8月 8日
パイオニア株式会社

~フルコードレスタイプで業界初※1
停電時でも受話子機・子機で通話ができる「簡易停電対応」機能※2を搭載~
デジタルコードレス留守番電話機「TF-FA70シリーズ」を新発売


【TF-FA70W-W】

【TF-FA70W-K】
商品名 型番 カラー 希望小売価格 発売時期
デジタルコードレス
留守番電話機
TF-FA70S-W(受話子機タイプ) ホワイト オープン価格 8月下旬
TF-FA70S-K(受話子機タイプ) ブラック オープン価格
TF-FA70W-W(子機1台付) ホワイト オープン価格
TF-FA70W-K(子機1台付) ブラック オープン価格
TF-FA70T-W(子機2台付) ホワイト オープン価格
増設子機 TF-EK70-W ホワイト 15,000円(税込)
TF-EK70-K ブラック 15,000円(税込)

※1 フルコードレスタイプの電話機として。2013年8月8日時点、パイオニア調べ。

※2 別売の単3乾電池4本を、親機に入れる必要があります。

パイオニアは、フルコードレスタイプの電話機として業界で初めて※1、停電時でも親機のコードレス受話機(受話子機)と子機で通話できるデジタルコードレス留守番電話機「TF-FA70シリーズ」を発売します。

コンパクトでスタイリッシュな横置きデザインの本機は、停電時でも受話子機・子機で通話できる「簡易停電対応」機能※2を搭載しています。また、「ナンバー・ディスプレイ」サービス契約をしていなくても、暗証番号を知っている家族などからの着信を呼出音と画面表示で知らせる「あんしん呼出し」機能を搭載しています。

さらに、高齢の方や、離れて暮らすご家族向けの電話機アクセサリー(別売)「ハッピーセンサー“まもるとあかり”」「フラッシュベルエアー」「受話器で話せるあんしん子機“ら・く・わ”」と組み合わせて使用することもできます。

主な特長

1 ) フルコードレスタイプで業界初※1、停電時でも受話子機・子機で通話ができる「簡易停電対応」機能※2を搭載

停電時でも受話子機・子機で約5時間の連続通話ができる「簡易停電対応」機能を搭載しています。受話子機・子機での通話以外に、親機でのハンズフリー通話も可能です※2

2 ) 家族などからの着信を、呼出音と画面表示で知らせる「あんしん呼出し」機能を搭載

「ナンバー・ディスプレイ」サービス契約をしていなくても、暗証番号を知っている家族などからの着信を呼出音と画面表示で知らせる「あんしん呼出し」機能を搭載しています。発信者が留守応答時に暗証番号を入力すれば、専用呼出音に切り替わり、画面にも“あんしん呼出し”と表示されるので、家族などからの着信を確認してから電話に出られます。

3 ) コンパクトでスタイリッシュな横置きデザインを採用

親機は、奥行き14cmとコンパクトでスタイリッシュな横置きデザインを採用しています。また、充電端子の無い無接点方式を採用しており、受話子機を左右どちら向きにも置くことができます。

4 ) 大きな文字で名前を判別しやすい漢字表示を親機と子機に採用

名前を判別しやすい漢字表示を親機と子機に採用しており、着信時には、電話帳に登録した電話番号と発信者の名前を漢字で表示します※3。また、表示画面の文字サイズを従来モデル※4比約2.2倍にするなど、視認性を向上させています。

5 ) さまざまな電話機アクセサリー(別売)に対応

高齢の方や、離れて暮らすご家族向けの電話機アクセサリー(別売)「ハッピーセンサー“まもるとあかり”(TF-TA51HS-W)」や、「フラッシュベルエアー(TF-TA31FA-W)」、「受話器で話せるあんしん子機“ら・く・わ”(TF-TA61RW-T)」と組み合わせて使用することができます。

6 ) 他の家庭用電子機器との電波干渉を軽減する“DECT準拠方式※5”を採用

1.9GHzの周波数帯を使用する“DECT準拠方式”を採用しており、電子レンジや無線LANなどの2.4GHz周波数帯を使用する機器との電波干渉を軽減します。

7 ) その他の特長

  • 通話内容や留守録メッセージをたっぷり録音(約58分)できる録音機能を搭載
  • 通話録音を始める前に警告メッセージを流す「録音前警告」機能を搭載(子機・受話子機)
  • 「まかせて応答」※6や「お知らせ着信」※3など充実した迷惑電話ガード機能を搭載
  • ドアホン対応
  • 設定時間にアラームを鳴らす「モーニングコール」機能を搭載(子機)
  • 待機時消費電力を抑えた(0.8 W)、環境に配慮した省エネ設計(子機)
※3 NTT東日本・NTT西日本の「ナンバー・ディスプレイ」サービスの申し込みが必要です。
※4 当社電話機「TF-FV3000シリーズ」比。
※5 DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)はETSI(欧州電気通信標準化機構)が1988年に策定したデジタルコードレス電話の規格であり、世界で広く普及している無線通信方式のひとつです。本製品はARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠しています。
※6 「ナンバー・ディスプレイ」サービスの契約をしなくてもご利用できます。

TF –FA70シリーズの主な機能

■電話帳機能
電話帳タイプ 親機漢字電話帳 100件
子機漢字電話帳 100件
電話帳コピー 親機⇔受話子機・子機、受話子機・子機⇔子機
ワンタッチダイヤル 受話子機:-、子機:3件
■ホームテレホン機能
子機間通話/子機間転送 ○(受話子機+子機1台以上)
内線ネーム呼出 ○(子機)
三者通話 ○(受話子機+子機1台以上)
一斉呼出 ○(受話子機+子機1台以上)
■ナンバー・ディスプレイ対応機能※3
着信時番号表示 ○(親機・受話子機・子機)
キャッチホン・ディスプレイ対応 ○(受話子機・子機)
着信履歴 親機、受話子機、子機 各30件
迷惑電話ガード機能 非通知ガード、公衆電話ガード、表示圏外ガード、
特定番号ガード(30件)
鳴り分け 6種類(個別設定)
■その他の機能
あんしん呼出し※6 ○(親機)
まかせて応答※6 ○(親機)
お知らせ着信※3 ○(親機・受話子機・子機)
かんたんガード※6 ○(その着信に限りワンタッチでガード)
盗聴防止機能※7
子機増設 付属の受話子機・子機を含めて最大4台
保留メロディ 1曲 (曲名:花のワルツ)
停電時通話※2 ○(受話子機・子機)
ハンズフリー通話 ○(親機・受話子機・子機)
モーニングコール ○(受話子機・子機)
発信履歴(リダイヤル) 親機・受話子機・子機 各10件
呼出音量切替 親機・受話子機・子機 各4段階+消音
呼出音切替 親機・受話子機・子機 各6種類
受話音量切替 親機・受話子機・子機 各8段階
受話音質切替 受話子機・子機 3段階
スピーカー音量設定 親機・受話子機・子機 各8段階
携帯通話プリセット機能(0033) ○(070の携帯番号帯にも対応)
フラッシュベルエアー(別売)対応
ハッピーセンサー(別売)対応
あんしん子機“ら・く・わ”(別売)対応
壁掛け対応※8 ○(子機)
 通話録音 ○(受話子機・子機)
録音前警告
■留守番機能
DSP方式録音 最大約58分
新規留守用件表示 ○(親機・受話子機・子機)
居留守モニター ○(受話子機・子機は同時に2台まで) 
自作応答メッセージ ○(1種類 最大約30秒)
固定応答メッセージ ○(1種類)
※7 第三者が特殊な手段を講じた場合には傍受される可能性があります。
※8 別売りの壁掛けネジが必要です。

TF –FA70シリーズの主な仕様

  親機 受話子機・子機
使用周波数 1,895.616 MHz ~ 1,902.528 MHz の帯域
電源 AC100 V (50/60 Hz) DC2.4 V (Ni-MH電池)
使用時間
/充電完了時間
待受約180時間・連続通話約6時間
/充電完了約10時間
停電時使用時間 待受約10時間・連続通話約5時間 フル充電時は上記同様
消費電力 最大 約2.7 W/留守待機時 約1.7 W 充電器充電時 約0.8 W
寸法
(幅×高さ×奥行)
約 203 mm×55 mm×140 mm 受話子機 :約178 mm×27 mm×47 mm
子機     :約48 mm×176 mm×30 mm
充電器   :約85 mm×42 mm×90 mm
質量 約460 g(付属品含まず) 受話子機 :約140 g (充電池を含む)
子機     :約140 g (充電池を含む)
充電器   :約140 g   

◆電波の干渉について
本機の使用周波数帯では、PHSの無線局のほか、異なる種類のデジタルコードレス電話の無線局が運用されています。本機は同一周波数を使用する他の無線局と電波干渉が発生しないように考慮していますが、万一、本機から他の無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、本機のACアダプターを抜いてパイオニアコミュニケーションズ(株) お客様相談室にご連絡いただき、混信回避のための処置等についてご相談ください。

商品情報へ

報道資料

キーワードで探す

年月で探す