報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2013年 5月 27日
パイオニア株式会社

~さまざまな機器やホームネットワークと接続して、多彩なコンテンツを楽しめる~ブルーレイディスクプレーヤー搭載サラウンドシステムを新発売

【MCS-434 システム構成】 ブルーレイディスクレシーバー、フロントスピーカー×2、センタースピーカー、サラウンドスピーカー×2、スリムサブウーファー、リモコン

商品名 型番 希望小売価格 発売時期
ブルーレイディスク
5.1chサラウンドシステム
MCS-434 オープン価格 6月下旬

【企画意図】

 近年、映像・音楽コンテンツのデジタルファイル化やインターネットによる配信サービスにより、CD/DVD/ブルーレイディスク(BD)だけでなく、ネットワーク上のコンテンツや、さまざまなデジタル機器に保存した動画や音楽を楽しめるようになりました。
パイオニアは、多彩なコンテンツを1つの機器で簡単に再生したい、というニーズに応え、さまざまな映像・音楽ファイルや多様な入力形態に対応したBDプレーヤー搭載のサラウンドシステムを発売します。
本機は、さまざまな映像・音楽ファイルの再生に対応しているだけでなく、ホームネットワークを使って、YouTube※1などのネットコンテンツを再生することができます。また、4つのHDMI入力端子と2つのUSB端子の搭載により、さまざまなデジタル機器を接続することが可能です。さらに、独自の音場技術により、奥行きのある音を高音質で再生するので、3D映像などに合わせて臨場感のあるサラウンドを楽しむことができます。

 なお、5月28日(火)より、パイオニア プラザ銀座http://pioneer-ginza.jp/event_report/2013/05/522.html 別ウィンドウで表示します)に「MCS-434」を先行展示します。

【主な特長】

1 ) 豊富な入力端子にさまざまなデジタル機器を接続できるデジタルAVセンター

4つのHDMI入力端子と2つのUSB端子を搭載しているので、ゲーム機やレコーダーなど、家庭内のさまざまなデジタル機器を接続できるだけでなく、USBメモリーやHDDをつないで、撮影した動画や写真をその場で簡単にシェアすることもできます。USB端子を使えばiPod/iPhone/iPadからも音楽再生が可能で、iPhone 5やiPad miniなど最新の端末にも対応しています。

2 ) ホームネットワーク内の音楽や映像を手軽に再生

DLNAやWi-Fi※2環境を使って、ホームネットワーク内の音楽や映像※3を再生できます。また、専用のアプリケーション「Pioneer ControlApp」をダウンロードすれば、iPad/iPad mini/iPhoneやスマートフォンから本機の再生や停止などの基本操作が可能です※2。Wi-Fi 環境がなくてもスマートフォンなどのWi-Fi デバイスと直接ワイヤレス接続できる「Wi-Fi Direct™」にも対応しています。

3 ) 多彩な映像や音楽コンテンツをテレビ画面とサラウンドスピーカーで楽しめるメディアプレーヤー

ブルーレイ3D™やSACDなどのディスク再生に対応しており、3D映画や高音質の音楽が楽しめます。また、MP3、AACなどの音楽ファイル、DivX®、WMV、FLVなどの映像ファイルに加え、YouTubeやvTuner、Picasa™ Web Albumといったネットサービス※1などの多彩なコンテンツを、自宅のテレビとサラウンドスピーカーを使って楽しむことができます。

4 ) 奥行き感のある3Dサウンドと迫力の重低音再生による優れた臨場感

5.1chスピーカーシステムで仮想11.1chの音場を再現する、パイオニア独自の仮想音場技術「バーチャル3Dサウンド」※4を搭載しています。3D映像など迫力の映像に合わせて、テレビの後ろ側にもスピーカーがあるかのような臨場感のある音を楽しむことができます。また、迫力のある重低音再生を実現する「Bass Boostモード」や、リアスピーカーをフロントに設置してもサラウンドを楽しめる「フロントサラウンドモード」を搭載しており、コンテンツやお客様の好み、部屋のスペースに合わせた方法でサラウンドを楽しむことができます。

5 ) ボーカルキャンセルなど豊富なカラオケ機能を搭載

キーやエコー調整だけでなく、ボーカルキャンセルや簡易採点など、豊富なカラオケ機能を搭載しています。映画や音楽を楽しむだけでなく、家族や仲間とカラオケを楽しむことができます※5

6 ) 環境に配慮した省エネ設計

待機時消費電力0.3Wの省エネ設計を実現しています。また、無操作状態が一定時間続くと自動的に本体の電源が切れる「オートパワーオフ機能」を搭載しています。

7 ) その他の特長

  • 縦置きにも横置きにも対応し、置き場所を選ばない横幅13cmのスリムサブウーファー。
  • FMチューナー搭載。
  • 音楽CDのお気に入りの曲やFM番組をUSBメモリーに録音可能。
  • 「DTS-HD マスターオーディオ」、「ドルビー TrueHD」、「ドルビーデジタルプラス」などの最新サラウンドフォーマットに対応。
  • BDの特典映像などを楽しめる「BD- LIVE™」対応。
※1 この機能を使用するためには、インターネットサービスを提供しているプロバイダーとの契約が必要です。
※2 この機能によるネットワークへの接続には、ご自宅にWi-Fi接続に対応した無線LAN環境が整っている必要があります。
※3 デジタル放送(BS、CS、地上波)などを録画した、著作権保護されたファイル・コンテンツはLAN経由では再生できません。
※4 音声フォーマットや設定によっては再現できない場合があります。
※5 マイク(別売)が必要です。
* ブルーレイディスク、BD-Live™はBlu-ray Disc Associationの商標です。
* YouTube™、Picasa™ Web AlbumはGoogle Inc.の商標です。
* DivX®、DivX Certified®、DivX Plus® HDおよびこれらの関連ロゴは、Rovi Corporation およびその子会社の登録商標であり、ライセンス許諾に基づき使用しています。
* iPodおよびiPadは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
* Dolby、ドルビー及びダブルD 記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。
* 記載されているその他の会社名、製品名、機能マークは各社の商標または登録商標です。

【主な仕様】

■本体部
入力端子 HDMI入力 4 系統
光デジタル入力 1 系統
アナログ音声入力 1 系統
USB入力 2 系統 (フロント1系統、リア1系統)
PORTABLE IN 1 系統
出力端子 HDMI出力 1 系統
定格出力(RMS30%パワー) 1,000 W 
(170 W×4:フロント・リア/170 W:センター/170 W:サブウーファー ) 
FM受信周波数 76 MHz ~ 90 MHz
消費電力 145 W (待機時消費電力:0.3 W)
外形寸法 (W)×(H)×(D) 430 mm × 63 mm × 349 mm
質量 3.1 kg
■スピーカー部
形式 密閉式ブックシェルフ型 フルレンジ6.6 cm (コーン型)
再生周波数帯域 フロント/サラウンドスピーカー:120 Hz ~ 20 kHz 
センタースピーカー:110 Hz ~ 20 kHz
インピーダンス フロント/センター/サラウンドスピーカー:4 Ω
外形寸法 (W)×(H)×(D) フロント/サラウンドスピーカー:95 mm × 80 mm × 90 mm / 1台
センタースピーカー:230 mm × 80 mm × 90 mm
質量 フロント/サラウンドスピーカー:0.4 kg / 1台
センタースピーカー:0.7 kg
■サブウーファー部
形式 バスレフ式フロア型 16 cm (コーン型)
再生周波数帯域 40 Hz ~ 1.8 kHz
インピーダンス 4 Ω
外形寸法 (W)×(H)×(D) 130.5 mm × 420 mm × 375 mm
質量 4.4 kg

>> 商品情報へ

報道資料

キーワードで探す

年月で探す