報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2012年 6月 13日
パイオニア株式会社

~上位機種※1の技術を投入し、マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現~Class D「ダイレクト エナジー HDアンプ」搭載AVアンプ2機種を発売

SC-LX56 SC-2022
【SC-LX56】 【SC-2022】
商品名 型番 希望小売価格(税込) 発売時期
AVアンプ SC-LX56 175,000円 7月中旬
SC-2022 118,000円

【企画意図】

 パイオニアは、上位機種で好評を得ている、マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現する「ダイレクト エナジー HDアンプ」を搭載し、Apple社のAirPlay※2など充実したネットワーク機能やハイレゾリューション音源の再生に対応したAVアンプ≪SC-LX56≫≪SC-2022≫を発売します。
近年、ハイビジョンテレビやブルーレイ(BD)レコーダー/プレーヤーの普及により、高画質で高音質なマルチチャンネル音声のコンテンツを楽しむ機会が増えています。また、インターネットでハイレゾリューション音源※3の配信が増加する中、高音質な音楽ファイルを本格的に楽しみたいというお客様のニーズが高まっています。
本機は「ダイレクト エナジー HDアンプ」の搭載により、マルチチャンネル再生時の同時ハイパワー出力が可能となり、より迫力のあるサラウンド再生を実現しました。また、WAVやFLACなどのハイレゾリューション音源を高音質のまま再生することも可能です。これに加え、≪SC-LX56≫ではMHL端子※4を搭載することで、Android OS搭載のスマートフォンやタブレットからの高画質・高音質なコンテンツの再生を実現しました。また、将来に向け4K映像※5信号のパススルー伝送にも対応しています。
当社は、多機能でありながら簡単・快適な操作を実現しつつ、高画質・高音質を実現したAVアンプを発売することで、本格的なホームシアターやさまざまなコンテンツの再生を楽しむスタイルを提案していきます。

【主な特長】

1 ) Class D「ダイレクト エナジー HDアンプ」搭載により、高音質・高出力を実現

  • 「ダイレクト エナジー HDアンプ」の搭載により、マルチチャンネル同時駆動でのハイパワー出力(SC-LX56:9ch-720W、SC-2022:7ch-630W)を実現し、迫力のある本格的なサラウンドを楽しむことができます。リード線などを排除したダイレクト構造のパワー素子「Direct Power FET」やシンプルな回路設計など、ノイズを抑えた信号伝達と高効率駆動による省電力化を実現し、音のばらつきや信号劣化の要因を排除しています。
  • 「ダイレクト エナジー HDアンプ」の高効率駆動により、スピーカーのインピーダンスに幅広く対応(4Ω~16Ω)し、特別な設定や切り替えをすることなく、さまざまなスピーカーとの接続が可能です。

2 ) 上位機種から追求し続けている高音質設計

  • 「アドバンスド クリーングランド思想」による設計で、すべての回路のグランド(基準)を1点アースとして安定動作させ、接続機器からのノイズを低減することで、映像や音声信号の忠実な出力を実現します。
  • 筐体内のメインシャーシ部とパワーアンプ専用シャーシ部に、絶縁二重構造の「インシュレーテッド・デュアルシャーシ」を採用し、電気的に完全に分離することで音質を向上させています。

3 ) 高音質再生を実現するさまざまな機能を搭載

  • 「オートフェイズコントロールプラス」
    マルチチャンネル再生時に、アンプ内で生じる低音(LFE成分)のズレの補正に加え、ソースに由来する低音のズレを全自動でリアルタイムに補正する「オートフェイズコントロールプラス」。低域のズレを補正することで、中高域がよりクリアに再生され、チャンネル間の自然な音のつながりを実現します。
  • 「フルバンドフェイズコントロール」(SC-LX56)
    スピーカーシステム内で発生する低音と高音の時間的なズレやチャンネル間で異なる位相特性を、AVアンプ側で測定し接続スピーカー間すべての位相をそろえることで、明確な音像定位と優れた音場の広がりを再現します。
  • 「Hi-bit Audio Processing」
    ≪SC-LX56≫では、音声信号の解像度を32bitまで拡張処理する「Hi-bit32 Audio Processing」により、CD、FLACやWAVなどのPCファイルやBDなどロスレスコンテンツ(Hi-bit32/96kHzまでの音源に対応)の音質を向上させます。また、≪SC-2022≫では、音声信号の解像度を24bitまで拡張処理する「Hi-bit24 Audio Processing」により、CDや圧縮されたファイルミュージック音源(Hi-bit24/48kHzまでの音源に対応)の音質を向上させます。
  • DTS社のマトリクスサラウンド技術「DTS Neo:X」(SC-LX56)
    2ch、5.1ch、7.1ch収録のソースをスピーカーシステムに合わせて9.1chに拡張して再生することができる、DTS社のマトリクスサラウンド技術「DTS Neo:X」を搭載しています。フロントハイト/フロントワイド、サラウンドバックなどのチャンネルを加え、9ch AVアンプならではのサラウンドを楽しめます。

4 ) 高画質再生を実現するさまざまな機能を搭載

  • 接続するディスプレイの特性やディスプレイとの視聴距離に合わせて、色調やコントラスト、ディテール感などを自動的に調整する「アドバンスド ビデオアジャスト」機能を搭載しています。
  • ネットワーク経由のストリーミングコンテンツなど、転送レートの低い動画を再生する際に発生する色ムラ、ブロックノイズ、歪みを低減する「ストリームスムーサー」機能を搭載しています。
  • 「P.C.24p (Precise Conversion for 24p)」機能を搭載しており、市販のDVDのほか、録画したディスクも1080/24p出力することで、フィルムの質感を忠実に再現します。
  • ハイビジョン映像のノイズにも対応した「トリプルHDノイズリダクション」機能を搭載し、高品位な映像を楽しむことができます。

5 ) サラウンドをより豊かに楽しめる、サラウンドモード「バーチャルワイド」を搭載

フロントチャンネルとサラウンドチャンネルの間の音を補完し、シームレスで広がり感に優れた音場を実現するサラウンドモード「バーチャルワイド」。「バーチャルサラウンドバック」、「バーチャルハイト」、「バーチャルワイド」を同時に動作させることで、5.2chスピーカーシステムを最大仮想11.2ch音場で楽しむことができます。また、独自の音場機能「バーチャルデプス」により、3Dコンテンツ再生時に音の奥行き感を再現することができます。

6 ) Apple社の「AirPlay」と「Made for iPod/iPhone/iPad」に対応

  • AirPlayに対応し、ネットワーク経由でiPod touch/iPhone/iPad※6やMac/PC内のiTunesライブラリー※7の音楽コンテンツを楽しめます。楽曲データに付随するデータも送信し、アルバムアート表示も可能です。
  • iPod/iPod touch/iPhone/iPadの音声信号をデジタル伝送が可能なUSB接続に対応しており、付属の専用ケーブルで接続することで高音質再生が可能です。さらにコンポジット端子に接続して動画や静止画再生にも対応※6しています。また、iPadの充電に対応しています。(2.1A充電)

7 ) MHL(モバイル・ハイディフィニション・リンク)端子を装備し、Android OS端末の接続に対応(SC-LX56)

MHL端子を前面パネルに装備し、付属の専用ケーブルで接続することでAndroid OS端末の中のフルHDコンテンツ(フルHD映像、7.1ch マルチオーディオ)を本機と接続したTVで楽しむことができます。また、コンテンツを楽しみながらの端末充電にも対応し、付属のリモコンで操作することも可能です。

8 ) 「4K PASS Through」機能を搭載(SC-LX56)

入力された4K映像信号をさまざまな回路を通さず伝送する「4K PASS Through」機能を搭載し、高精細な映像をTVで楽しむことができます。

9 ) 充実したネットワーク機能で多様な機器との接続に対応

  • ネットワークやフロントUSB端子を介して、WAV/FLACの192 kHz/24 bit高音質フォーマットなど、ハイレゾリューション音源ファイルの再生が可能です。
  • DLNA1.5に準拠し、Windows®7認証を取得しています。有線・無線LAN※8どちらのネットワーク経由でも、音楽ファイルの再生など多彩なメディアを楽しめます。また、インターネットラジオのポータルサイト「vTuner」を使って、世界中の放送局にアクセスし、さまざまな音源を楽しむことができます※9

10 ) オリジナルアプリケーションにより快適操作を実現

  • iOS端末(iPod touch/iPhone/iPad)に、専用アプリケーション「iControlAV 2012」※10をApp Storeからダウンロード(無料)すれば、ネットワークに接続※11した本機および対応BDプレーヤー※12の基本機能を、 各端末から操作することができます。また、端末ごとに違う表示面積を考慮し、iPod touch/iPhone では画面を4分割して機能操作メニューを表示、iPadでは大画面を活かして機能操作一覧メニューを表示することができます。また、「Sound Explorer」機能では、多彩な機能設定を直感的に行うことができます。
  • PC※13を使って、AVアンプの設定や操作を分かりやすくサポートする「AVナビゲーター2012」を搭載しています。配線接続のガイドや取扱説明書との連動などに加えて「操作ガイド」機能を追加し、再生や入力切替、機能設定などのリモコン操作を動画でガイドします。さらに、ネットワーク接続したPC画面上の取扱説明書の機能を選択すると、ネットワークに接続した本機の該当機能が連動して立ち上がります。
  • iPadを使って、AVアンプの設定や操作を分かりやすくサポートする「AVNavigator for iPad」を用意し、App Storeからダウンロード(無料)することで、配線接続のガイドや取扱説明書などを手軽に利用することができます。
  • iOS端末(iPod touch/iPhone/iPad)に、専用アプリケーション「Air Jam」をApp Storeからダウンロード(無料)すれば、別売のBluetooth®アダプター「AS-BT200」を介してのBluetooth®伝送※14(iPod touch/iPhone/iPadは最大4台まで※15)で、お互いの楽曲の情報を共有し、聴くことができます。また、共有した楽曲の履歴をもとに、iOS端末でiTunes Storeから曲を購入したり、YouTubeで関連動画を見ることもできます※8
  • 上記の「iControlAV 2012」および「Air Jam」はAndroid OS端末版も用意しています。Google Playよりダウンロード(無料)して、利用することができます。

11 ) 当社の対応BDプレーヤーとの連動機能を搭載

本機と当社の対応BDプレーヤー※16をHDMI®接続し、HDMI®コントロールをオンにすることで、プレーヤーから伝送されるファイル情報に応じて、本機側で圧縮音源を高音質化する「オートサウンドレトリバー」機能と、動画ファイルのノイズを軽減する「ストリームスムーサー」機能が自動的に働きます。また、PQLS機能を搭載した当社のBDプレーヤー※17と接続し「PQLSビットストリーム」機能をオンにすることで、ジッターレス伝送によるクリアな音を再生します。

12 ) 環境に配慮した仕様

  • 電源オフ時(スタンバイ時)に、本機の電源を入れなくても接続しているHDMI®機器の入力を切り替えることができる「HDMI®スタンバイスイッチング」機能を搭載。
  • 自動で電源が切れるまでの時間が選べる「オートパワーオフ」機能搭載。
  • 待機時消費電力0.1Wを実現。(HDMI®によるコントロール:OFF時)

13 ) その他の特長

  • 多彩なスピーカー設定が選択可能。(SC-LX56:7パターン、SC-2022:5パターン)
  • 好みに応じた音質モード(SLOW、SHARP、SHORT)の選択が可能な「デジタルフィルター」機能を搭載。(SC-LX56)
  • TV放送の圧縮音源を高音質化する「オートサウンドレトリバー for TV」機能搭載。
  • 本体FL表示を見なくてもTV画面で操作状況を確認できる「シンプルオーバ-レイ」機能搭載。(SC-LX56)
  • 3D映像伝送※18やオーディオリターンチャンネル(ARC)機能など、最新のHDMI®規格対応の端子を搭載。
  • 「ドルビーTrueHD」「DTS-HDマスターオーディオ」に対応した高性能デコーダーを搭載。
  • THX社の最新サラウンド方式「THX Select2 Plus」に準拠。(SC-LX56)
  • 別な部屋で映像や音楽が楽しめる「サブZONEルーム」機能を搭載。
※1 対象機種:SC-LX85、SC-LX75
※2 AirPlay:ネットワーク経由でiTunesライブラリーの音楽コンテンツをAV機器などで再生するApple社の技術です。
※3 CDの特性を上回る高解像度音源の総称。
※4 本機はMHL規格に準拠した機器との接続が可能です。MHL(Mobile High-definition Link)は携帯機器向けのデジタル信号伝送用のインターフェイス規格です。リモコンのMHLボタンを押すことで本機のリモコンでMHL対応機器の操作ができますが、お使いのMHL対応機器によっては一部操作できないボタンがあります。
※5 水平画素数4,000×垂直画素数2,000前後の解像度を持つ動画信号の総称。
※6 対応機種や対応iOSのバージョンなどの詳細情報はパイオニアホームページ(http://pioneer.jp)をご覧ください。
※7 iTunes 10.1以降のバージョンであることが必要です。またAirPlayは、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(第4、第3、第2世代)、iPad2、iPadのiOS 4.2以降、iTunes 10.1以降(MacまたはPC)からの音声ストリーミングに対応しています。iTunes 10.1以降のバージョンであることが必要です。
※8 無線LANによるネットワーク環境が整っていることが必要です。接続には別売の無線LANコンバーター「AS-WL300」(オープン価格)をお使いください。
※9 インターネットサービスを提供しているプロバイダーとの契約が別途必要です。
※10 本アプリケーションは、iOS4.3の環境下で開発、動作確認をしております。開発、動作環境および対応するiOSバージョンは 予告無く変更になる場合があります。対応機種や対応OSなどの詳細情報はパイオニアホームページ(http://pioneer.jp)を ご確認ください。
※11 Wi-Fi規格に対応した無線LANのネットワーク環境が整っていることが必要です。
※12 対応機種「BDP-150」「BDP-LX55」「BDP-440」「BDP-140」「BDP-LX54」「BDP-430」「BDP-LX53」「BDP-330」(2012年6月現在)
※13 対応OS:Microsoft® Windows® XP(SP3)/Vista/7 環境。対応ブラウザ:Microsoft® Internet Explorer 6、7 または8。
※14 Bluetooth®機能搭載機器がプロファイル(A2DP)に対応している必要があります。すべてのBluetooth®無線技術搭載機器との接続を保証するものではありません。
※15 参加台数が制限される場合があります。iPod touch/iPhone/iPadが他のBluetooth機能搭載機器と接続されている場合、ノイズや音途切れの原因となります。本アプリケーションは、iOS4.2の環境下で開発、動作確認をしています。開発、動作環境および対応するiOSバージョンは予告無く変更になる場合があります。対応機種や対応OSなどの詳細情報はパイオニアホームページ(http://pioneer.jp)をご確認ください。
※16 対応機種:BDP-440、BDP-150および今後発売予定のパイオニア製BDプレーヤー(2012年6月現在)。
※17 対応機種:BDP-LX55、BDP-440(2012年6月現在)。
※18 その他HDMIの3D伝送:次の必須フォーマットに対応しています。フレーム・パッキング:720p@50 Hz/59.94 Hz/60 Hz、1080p@23.97 Hz/24 Hz、サイドバイサイド(ハーフ):1080i@50 Hz/59.94 Hz/60 Hz、トップアンドボトム:720p@50 Hz/59.94 Hz/60 Hz、1080p@23.97 Hz/24Hz
* 「Made for iPod」、「Made for iPhone」および「Made for iPad」とは、それぞれiPod、iPhoneあるいはiPad専用に接続するよう設計 され、Apple社が定める性能基準を満たしているとデベロッパーによって認定された電子アクセサリーであることを示します。Apple社は、本製品の機能および安全および規格への適合について一切の責任を負いません。このアクセサリーをiPod、iPhoneあるいはiPadと使用することにより、無線の性能に影響を及ぼす可能性がありますのでご注意ください。
* Apple、AirPlay、iPad、iPod、iPod touch、iTunesおよびMacは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。AirPlayロゴは、Apple Inc.の商標です。
* DLNA®、DLNAロゴおよびDLNA CERTIFIED® はDigital Living Network Allianceの商標、サービスマークまたは認証マークです。
* HDMIとHDMI High-Definition Multimedia Interfaceという用語、およびHDMIロゴは、HDMI Licensing, LLCの米国その他の国々における商標または登録商標です。
*  MHL、MHLロゴおよびMobile High-Definition Linkという用語は、MHL, LLCの米国および他の国々における商標または登録商標です。
* Windows、Windowsロゴは、Microsoftグループ企業の商標です。
* Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パイオニア株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。
* THX、THX Ultra2 Plus及びTHX Select2 Plusは、THX社の登録商標または商標です。
* ドルビーはドルビーラボラトリーズの登録商標です。
* DTS、DTS-HD、記号、およびDTSまたはDTS-HDと記号の組み合わせはDTS社の登録商標です。
© DTS社 不許複製。
* Android、Google Play 及びYouTubeはGoogle Inc. の登録商標です。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。
* その他、商品名、技術名および会社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。

【主な仕様】

型 番 SC-LX56 SC-2022
■オーディオ特性
定格出力
(マルチチャンネル同時駆動時)
Total 720 W
(1 kHz、THD 1 %、8 Ω、9 ch)
Total 630 W
(1 kHz、THD 1 %、8 Ω、7 ch)
定格出力
(1 kHz、THD 1 %、
4 Ω、2 ch)/
(1 kHz、THD 0.08 %、
8 Ω、2 ch)
フロント:210 W+210 W/130 W+130 W
センター:210 W/130 W
サラウンド:210 W+210 W/130 W+130 W
サラウンドバック:
210 W+210 W/130 W+130 W
フロントハイト/フロントワイド:
210 W+210 W/130 W+130 W
フロント:210 W+210 W/130 W+130 W
センター:210 W/130 W
サラウンド:210 W+210 W/130 W+130 W
サラウンドバック:
210 W+210 W/130 W+130 W
実用最大出力
(JEITA、4 Ω、1 ch駆動時)
310 W/ch
ライン入力S/N比 101 dB
対応スピーカー 4 Ω~16 Ω (設定切替:不要)
■HDMI入力/
出力端子
8 入力(リア:7、フロント:1)/
2 出力(同時出力可)
7 入力(リア:6、フロント:1)/
1 出力
■MHL入力端子 1系統(フロントHDMI入力5 兼用) -
■音声入力端子
デジタル 光 2系統、 同軸 2系統
アナログ(オーディオ) 1系統
アナログ(AV) 4系統
■映像入力端子
コンポジット  4系統
コンポーネント  2系統
■音声出力端子
プリアウト 9.2 ch (端子数 11.2 ch、
フロントハイト⇔フロントワイド選択)
7.2 ch (端子数 9.2 ch、
フロントハイト⇔フロントワイド選択)
デジタル 光 1系統 -
アナログ(AV) 1 系統
マルチゾーン用 2系統(Zone 2用:1 / Zone 3用:1)
マルチゾーン用
サブウーファー出力
Zone 2用: 1系統
■映像出力端子
コンポジット 1 系統(モニター出力)
コンポーネント 1 系統(モニター出力)
マルチゾーン用 Zone 2用:コンポーネント&コンポジット
Zone 3用:コンポジット
Zone 2用:コンポジット
Zone 3用:コンポジット
■その他端子
USB入力端子 フロント 1 系統(iPod/iPhone/iPad Digital入力対応)
(+iPod/iPhone/iPad専用コンポジット動画入力端子)
リア 1 系統(ワイヤレスコンバーター「AS-WL300」電源供給専用)
IR入出力 2入力/ 1出力
12 Vトリガー出力  2系統
RS-232C端子  1系統
ADAPTER PORT
(Bluetooth®対応)
 1入力
LAN端子
(10BASE-T/100BASE-TX)
 1系統
■その他
外形寸法
(W)×(H)×(D)
435 mm × 185 mm × 441 mm
本体重量  15.4 kg 14.8 kg
消費電力  330 W 290 W
待機時消費電力 0.1 W (HDMI®によるコントロール:OFF時)

報道資料

キーワードで探す

年月で探す