報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2009年 11月 26日
パイオニア株式会社

パイオニア「スマートループ渋滞情報」と日産自動車「カーウイングス・プローブ情報」より精度の高い渋滞情報の提供を目指し、
プローブデータの相互活用を開始

 パイオニア株式会社は、精度の高い交通情報を把握して、ドライブに有益な情報を提供することを目的とした「スマートループ構想」を2006年に提唱し、推進してまいりました。
 当社は、このスマートループ構想をより強化するため、すでに提供している「スマートループ渋滞情報」と、日産自動車株式会社の「カーウイングス・プローブ情報」の相互活用を10月より開始いたしました。
 月に一度、両社でデータ交換を行い、それぞれの交通情報に反映していくことで、より精度の高いルート探索を実現し、快適なカーライフを提供してまいります。

【相互活用するデータ】

●パイオニア 「スマートループ渋滞情報」

VICS情報に加え、カロッツェリアカーナビユーザーの車から得られるリアルタイム渋滞情報を収集した「リアルタイムプローブ情報」を基に提供しているパイオニア独自の交通情報です。今回の相互活用では、スマートループ渋滞情報の元となる走行履歴データを両社で活用していきます。

●日産自動車 「カーウイングス・プローブ情報」

VICS情報に加え、カーウィングスを利用したお客様の走行履歴を収集することで、交通情報提供対象道路を拡大するとともに、独自の交通情報を配信しています。今回の相互活用では、この走行履歴データを両社で活用していきます。

報道資料

キーワードで探す

年月で探す