報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2008年 9月 25日
パイオニア株式会社

~ 日米欧のエンジニアによるインターナショナルなプロジェクトチームが開発 ~進化した高級スピーカーシステム「EXシリーズ」に新モデル登場
EXシリーズ第5弾 「S-4EX」、「S-8EX」 新発売

S-4EX S-8EX
※スピーカースタンド「CP-4EX」は別売です。
S-4EX
※スピーカースタンド「CP-7EX」(既発売)は別売です。
S-8EX
商品名 型番 希望小売価格 発売時期
3ウェイスピーカーシステム
(ブックシェルフ型)
S-4EX 231,000円〈1台〉
(税抜価格 220,000円)
10月下旬
3ウェイスピーカーシステム
(ブックシェルフ型)
S-8EX 315,000円〈1台〉
(税抜価格 300,000円)
10月下旬
スピーカースタンド
(S-4EX専用)
CP-4EX 73,500円〈1台〉
(税抜価格 70,000円)
10月下旬

【企画意図】

 パイオニアは、1938年の創業から今年で70周年を迎えます。スピーカーメーカーとして起業した当社は、以来、今日までより良い音を求めて研究開発を重ね、「TAD(Technical Audio Devices)」に代表されるプロユース・ハイエンドモデルから家庭用の高音質スピーカーまで、様々な商品を世界に送り出してまいりました。
この度当社が発売するスピーカーシステム「S-4EX」、「S-8EX」は、2005年11月の発売以来、世界各国で高い評価をいただいている「EXシリーズ」の最新モデルです。
これらの新商品は、2007年6月に発売した「S-3EX」の高音質技術を継承し、ステレオからサラウンドまで幅広いニーズへの対応を目指し、これまでの「EXシリーズ」と同様、パイオニアグループの日本・米国・欧州の3つの事業拠点で活躍するエンジニアたちによるインターナショナルなプロジェクトチームによって開発されました。
より多くの方々に、より良い本物の音をお届けするスピーカーシステムとして、また、新たなオーディオ市場を牽引する商品として、順次世界市場へ導入してまいります。

【「S-4EX」「S-8EX」の主な特長】

1 ) 「EXシリーズ」の優れた設計思想を受け継ぐ「S-2EX」、「S-7EX」の直系モデル

 パイオニアが世界に誇る「TAD」の技術を投入し開発された「EXシリーズ」のスピーカーです。「S-4EX」、「S-8EX」は、そのハイエンドモデルである「S-2EX」、「S-7EX」と同一の設計思想から誕生しました。「EXシリーズ」としてのクオリティはそのままに、より親しみやすく音楽性豊かな開放感にあふれたサウンドをお楽しみ頂けます。

2 ) 独自開発の「セラミックグラファイト振動板」を採用した「CST」ドライバー

 「TAD-Reference One」をはじめ、「EXシリーズ」スピーカーのコアテクノロジーとして採用されている同軸スピーカーユニットCST(Coherent Source Transducer)ドライバーを採用しました。
その構造は、マグネシウム振動板を採用したミッドレンジユニットの中央に、独自開発した「セラミックグラファイト・トゥイーター」を装着。それぞれの音源の音響的な中心を時間軸でも揃え、点音源の理想を追求した「TAD」独自の技術を受け継ぐ画期的なドライバーです。周波数特性の乱れを一掃し、広帯域にわたり正確な音像と自然な音場の融合を実現させています。
また、振動板素材として最高クラスの強度と適度な内部損失を両立する「セラミックグラファイト」の採用により、共振周波数を可聴帯域外へ追いやるとともに、超高域再生技術「HSDOM(Harmonized Synthetic Diaphragm Optimum Method)」を採用することで、高域再生限界100kHzを達成しました。
さらに「S-3EX」同様、「発泡ポリカーボネイト系ウレタン使用コルゲーションエッジ」「高強度チタンボビンボイスコイル」を採用し、素材や構造の細部までオリジナル技術を注ぎ込みました。

3 ) 独自技術「LDMC磁気回路」が優れたリニアリティを実現する16cmウーファー

 ウーファーには「EXシリーズ」で定評のあるアラミド織布とカーボン不織布を積層構造にした独自の「アラミドカーボン複合振動板」を採用。さらに、新開発の「LDMC(Linear Drive Magnetic Circuit)磁気回路」により磁気ギャップ内の磁束分布を前後対称、かつ均一にすることで卓越したリニアリティを実現し、不均一な磁束による歪を大幅に低減しました。
また特殊製法による「高強度チタンボビン」や「発泡ポリカーボネイト系ウレタン使用コルゲーションエッジ」など、素材や構造の細部までオリジナル技術を注ぎ込みました。

4 ) 音響的な必然が生んだフォルム「パーフェクト・タイムアラインメント・デザイン」

 従来のスピーカーシステムでは、一般的に複数のスピーカーユニットがフロントバッフル板にフラットに並べられています。しかし、この構造では各スピーカーユニットからリスナーの耳までの距離が微妙に異なり、各ユニットから発せられ合成された音には濁りやにじみが生じてしまいます。
「EXシリーズ」では、パーフェクトなタイムアラインメントを実現する精密な曲面のバッフル形状(プレシジョンカーブ)を採用することで、この悪影響を排除しています。スピーカーユニットは、聴き手を中心とする球形に沿って配置されており、すべてのスピーカーユニットからの音がリスナーの耳に届くまでの時間を同一にすることができます。

【その他の特長】

1 ) 当社独自開発の「フェイズコントロール」技術を導入

 「フェイズコントロール」技術はスピーカー、アンプ、そしてソフトに至るまで、時間と位相を管理することにより、飛躍的な高音質化を実現する技術コンセプトです。「フェイズコントロール」技術を導入したスピーカーではネットワークの位相特性のマッチングなどをはじめ、同一システム内で位相や音色のマッチングを図ることにより、チャンネル間で音がスムースにつながり、空間表現力の高いオーディオ再生が可能になります。

2 ) 「Air Studios」(エアスタジオ/UK)とのコラボレーションによる音質チューニング

 本機の音質チューニングは、世界最高峰の録音スタジオとして高い評価を受けている英国ロンドンにある「Air Studios」とのコラボレーションにより行われました。キャビネットに印された「Air Studios」の紋章は、世界トップクラスの録音エンジニアも認めるクオリティの証です。

【主な仕様】

型番 S-4EX S-8EX
型式 位相反転式ブックシェルフ型、防磁設計(JEITA)
スピーカー構成 3ウェイ方式
ウーファー 16 cm コーン型 16 cm コーン型 × 2
ミッド/トゥイーター 同軸 14 cm コーン型 / 3 cm ドーム型
インピーダンス 6 Ω
再生周波数帯域 34 Hz ~ 100 kHz
出力音圧レベル 85.5 dB (2.83 V) 88.5 dB (2.83 V)
最大入力 160 W (JEITA)
クロスオーバー周波数 400 Hz、2 kHz
ユニット極性 低域(+)、中域(+) 、高域(+)
外形寸法 (W) × (H) × (D) 263 mm × 490 mm × 387 mm 723 mm × 263 mm × 387 mm
質量 20.0 kg  (1台) 28.0 kg (1台)
付属品 グリルネット、スパイク(ナット付)×4、スパイク受け×4、補助足×2、滑り止めパッド グリルネット、台座、スパイク×3、フォームプラグ×2、滑り止めセット

●CP-4EX

・外形寸法:360 mm (W) ×570 mm (H) × 485 mm (D)、・質量:14.1 kg (1台)

報道資料

キーワードで探す

年月で探す