報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2008年 5月 15日
パイオニア株式会社

ハイコストパフォーマンス AVマルチチャンネルアンプ2機種を新発売

  • ブルーレイディスクプレーヤーからのフルHD信号に対応したHDMI端子搭載
  • USB端子を介したデジタル接続により、iPod®の高音質再生を実現
  • 当社独自技術による新機能「オートレベルコントロール」を搭載
VSX-918V

VSX-918V

VSX-518V

VSX-518V

商品名 型番 希望小売価格 発売時期
AVマルチチャンネルアンプ VSX-918V 70,000円
(税抜価格66,667円)
6月上旬
AVマルチチャンネルアンプ VSX-518V 58,500円
(税抜価格55,715円)
6月上旬

【企画意図】

 パイオニアはこの度、ブルーレイディスクプレーヤーから出力される1080pのフルHD信号に対応したHDMI端子搭載のAVマルチチャンネルアンプ「VSX-918V」、「VSX-518V※1」を新発売いたします。
 この2機種は当社独自の高音質化と音歪みの低減を実現する「PHA(Pioneer Hybrid Amplification)」を搭載したハイコストパフォーマンスモデルです。フロントパネルに装備したUSB端子を介してデジタル接続することにより、iPod®※2の高音質再生を実現。USBメモリーや携帯型ミュージックプレーヤーに収録された音声圧縮ファイルの再生も可能にするなど、優れた拡張性も備えています。
 また、異なる録音レベルで収録された楽曲を一定の音量に自動調節する「オートレベルコントロール」機能を搭載。さらに、最適なサラウンド環境に設定できる「オートMCACC※3」に加え、マルチチャンネル再生時に生じる低音のズレを解消する当社独自の「フェイズコントロール」技術を採用し、快適な音場環境を実現しました。
 当社は、これら新商品の導入により、ご家庭での本格的なホームシアターやホームコンサートホールの構築を提案して参ります。

【「VSX-918V」「VSX-518 V」の主な特長】

1 ) 高画質・高音質のデジタル伝送を可能にする「HDMI」入出力端子を装備

 「VSX-918V」は、DVDオーディオなどの音声信号やブルーレイディスクプレーヤーから出力される1080p/24bitのフルHD映像信号を、一本のケーブルで伝送するデジタルインターフェイス「HDMI端子」を搭載。
 また、「VSX-518V※1」は、1080pのフルHD信号もスイッチング可能な「HDMI」セレクターを装備しています。

2 ) 「iPod®デジタル入力」に対応したUSB入力端子(TypeA、Ver.2.0 Full Speed)を装備

 iPod®からそのままデジタル入力が可能なUSB入力端子を装備。フルデジタル処理により、さらに高音質なサウンド再生を実現しました。しかも、iPod®に付属のケーブルでUSB接続が可能なうえ、OSD(オンスクリーンディスプレイ)機能によりiPod®の情報をTV画面に表示して、手軽に楽しむことができます。
 また、パソコンなどを使用して音声圧縮ファイル(WMA、MP3、MPEG-4 AAC)※4を収録したUSBメモリー※5を挿し込むだけで、手軽に音楽ライブラリーをお楽しみいただけます。お手持ちの携帯型ミュージックプレーヤー※5も、USB接続するだけで同様に再生することができます

3 ) 録音レベルの異なる楽曲の出力レベルを揃える当社独自の新機能「オートレベルコントロール」

 iPod®やUSBメモリーはもちろん、様々なオーディオ機器により異なる録音レベルで収録された2ch音楽ファイルの出力レベルを、自動的に一定に揃えて再生します。これにより、曲ごとにボリューム調整する煩わしさを解消します。

4 ) 当社独自の高音質技術「PHA(Pioneer Hybrid Amplification)」

 増幅素子の温度変化による歪みを抑える、当社独自の温度補正回路を組み込んだハイブリッド構造のパワーIC「PHA」の性能を一段と強化し、低域から高域にわたり低歪み率0.08%(定格出力時)の高音質化を実現。同時に本格的なマルチチャンネル再生に適した100W×5chの同一ハイパワー出力を実現しました。

5 ) マルチチャンネル再生時に生じる低音のズレを解消する、当社独自開発の「フェイズコントロール」技術

 AVアンプ内で発生する低音専用のLFEチャンネル(5.1chなどマルチチャンネルオーディオの低音部分を担うチャンネル)と、その他のメインチャンネル(フロントL/R、センター、リアL/RなどLFE以外のチャンネル)間の低音のズレを解消する当社独自の「フェイズコントロール」技術の採用により、高品質なマルチチャンネルオーディオの再生を可能にしています。

6 ) 音声圧縮ファイルも高音質で再生できる当社独自の音質補正技術「アドバンスド・サウンドレトリバー」

 PCや携帯型ミュージックプレーヤーからの音源の再生に配慮した、独自の音質補正技術「サウンドレトリバー」がさらに進化。CD音源の広帯域再生を可能にする技術として定評のある当社レガート・リンク・コンバージョンの思想を受け継ぎ、新たに圧縮音源の広帯域再生技術を開発することで、MP3をはじめ、WMA※6やMPEG-4 AACなどの高圧縮フォーマットの高音質再生を実現しました。
 この「アドバンスド・サウンドレトリバー」では、従来の機能である圧縮時に失われたデータを補間するとともに、CD音源の再生周波数の上限である20kHzに迫る広帯域化も実現。一段と音の厚みや奥行きのあるサウンドが楽しめます。

7 ) 最適なサラウンド環境を設定できる自動音場補正システム「オートMCACC※3

 正確なマルチチャンネル再生には、各スピーカーの特性を揃えることが不可欠です。「オートMCACC」は、視聴位置にセットした付属の専用マイクでテストトーンを測定することにより、最適な音場設定を自動で行います。これによりマルチチャンネルの再生に必要な各スピーカーの音圧レベルや距離、周波数特性の補正を正確に行えるので、録音スタジオに迫るリアルな音場をご家庭内で再現することが可能となります。また自動補正後、さらにお好みの音色にするために、5バンドのイコライザーで各チャンネルの周波数特性をマニュアルで微調整することもできます。

8 ) その他の特長

  • 720Pに対応した入力2系統/出力1系統の「D4映像入出力端子」。
  • 当社独自音響技術による「フロントサラウンド・アドバンス」機能を搭載。
  • 音場の立体感を向上させる「デジタルコアエンジン」や高音質パワーアンプなど当社独自技術を採用。
  • 対応するサラウンドフォーマット&サラウンドモード
    DTS、DTS 96/24、ドルビーデジタル、ドルビープロロジック、ドルビープロロジックII (ドルビープロロジックII MOVIE、ドルビープロロジックII MUSIC、ドルビープロロジックII GAME)、MPEG-2 AAC、「Windows Media® Audio 9 Professional(WMA9 Pro)」デコーダーを搭載。
  • 局名表示も可能な30局プリセット機能付き「FM/AMチューナー」。
  • AVプリセットリモコン、セットアップマイク付属。
  • 待機時消費電力0.45Wを実現。
※1:デジタル音声信号の入力には、光または同軸ケーブルの接続が必要です。
※2:iPod®は米国およびその他の国で登録されているApple,Inc.の商標です。
※3:MCACC=Multi-Channel Acoustic Calibration System(音場補正システム):当社が開発した「MCACC」は、録音スタジオにおけるモニタリング手法と同一レベルの音場調整を行うことができる音場補正技術です。これにより、録音スタジオでした体験できなかったリアルで均一な音場をご家庭内で再現することができます。
※4:再生可能な音声圧縮ファイルはWMA、MP3、MPEG-4 AACで、著作権保護のかかっていないものに限ります。
※5:USB端子を有し、マスストレージクラスとして認識できる商品のみ対応。
※6:WMA(Windows Media® Audio)はマイクロソフト社がWindows Me以降のOSに標準搭載している高音質な音声圧縮フォーマットです。
* HDMI(High-Definition Multimedia Interface):デジタルオーディオ/ビデオ インターフェースの規格。HDMI、HDMIロゴ、及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。
* ドルビー及びプロロジックはドルビーラボラトリーの登録商標です。
* DTS、DTS-ES、及びNeo:6はDTS社の登録商標です。96/24はDTS社の商標です。
* Windows Mediaはマイクロソフト株式会社の登録商標です。

【主な仕様】

■【アンプ部】
実用最大出力 130 W / ch (JEITA、6 Ω)
定格出力 100 W + 100 W (1 kHz、1.0 %、6 Ω:ステレオ動作時)
周波数特性 5 Hz ~ 100 kHz (+0/-6 dB )
ライン入力S/N比 96 dB (IHF-A)
■【チューナー部】
受信周波数 76.0 MHz ~ 90.0 MHz (FM)、 522 kHz ~ 1 629 kHz (AM)
実用感度 Mono:15.2 dBf (1.6 μV/75 Ω) (FM)、350 μV/m(AM)
■【入力端子】
デジタル 同軸1系統、光2系統
AUDIO 3系統(AUX、CD、CD-R/TAPE/MD)
USB AUDIO 1系統
フロントミニジャック 1系統
VIDEO 4系統(DVD/LD、TV/SAT、DVR/VCR)
D4-VIDEO 2系統(アサイン可能)
HDMI 2系統
■【出力端子】
サブウーファー出力 1系統(プリアウト)
AUDIO 1系統(CD-R/TAPE/MD)
AV 1系統(DVR/VCR)
映像モニター出力端子
(D4、コンポジットビデオ)
1系統
スピーカー 1系統
HDMI 1系統
■【その他】
外形寸法 420 mm (W) × 158 mm (H) × 352.5 mm (D)
本体質量 8.7 kg
消費電力 180 W

報道資料

キーワードで探す

年月で探す