報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

2001年 9月 27日
パイオニア株式会社

DVDオーディオ/ビデオプレーヤー2機種 新発売~独自の先進技術を満載しながらお求めやすい価格を実現~

  • スーパーオーディオCDマルチチャンネルにも対応した本格モデル 「DV-S747A」
  • プログレッシブスキャン搭載の高品位DVDプレーヤー 「DV-S646A」

パイオニア株式会社は、この度DVDオーディオ/ビデオプレーヤー2機種を下記の要領で新発売いたします。

DV-S747A

DV-S747A

DV-S646A

DV-S646A

商品名 型番 希望小売価格
(税別)
発売時期 月産予定台数
DVDオーディオ/ビデオプレーヤー DV-S747A 99,800円 11月下旬 2,000台
DVDオーディオ/ビデオプレーヤー DV-S646A 62,000円 10月下旬 5,000台

【企画意図】

DVDプレーヤーの市場は、現在本格的な普及期に入り、2001年の国内販売台数は120万台に達するものと見込まれます(JEITA予測)。またDVDビデオソフトは、15,000タイトル(パイオニア調べ)を超え、さらにDVDオーディオソフトも年内に約100タイトルが出揃うと予測(パイオニア調べ)されていることから、今後DVDビデオ、DVDオーディオ両方の再生が可能なユニバーサルプレーヤーへのニーズが高まっております。
この度発売いたします2機種は、DVDオーディオ/ビデオプレーヤーとしては業界初のスーパーオーディオCDマルチチャンネルにも対応しながら、10万円を切る価格を実現した「DV-S747A」と、プログレッシブスキャンを搭載したお求めやすい価格の「DV-S646A」です。当社は、今回発売する2機種の追加により、さらなるラインアップの強化をはかり、DVDのリーディングカンパニーとして、お客様の様々なニーズにお応えしてまいります。

【「DV-S747A」の主な特長】

1 ) スーパーオーディオCDマルチチャンネル再生

DVDオーディオ/ビデオ再生に加え、スーパーオーディオCDのマルチチャンネルディスク再生を実現しました。

2 ) 高画質12bit/108MHz映像DAC搭載*

業界の最高水準である最新の12bit/108MHz映像DACを搭載*。オーバーサンプリング処理によって、従来のD/A(デジタル/アナログ)処理で生じていた信号の劣化や、折り返しノイズを大幅に抑制し、映像のレベルを高めております。

 * 当初、「13bit/108MHz映像DAC搭載」と記載いたしましたが、正しくは「12bit/108MHz映像DAC搭載」であります。お詫びして訂正いたします。 2001年9月28日

【「DV-S747A」「DV-S646A」2機種共通の主な特長】

1 ) リファレンスモデルに匹敵する高音質・高画質を実現

◎高音質再生技術

  1. 高性能192kHz/24bit対応D/Aコンバーターを搭載
    DVDオーディオのフルスペックである"192kHz/24bit 2チャンネル"から、 96kHz/24bitマルチチャンネルまで高品位に再生します。
  2. CDも、より高音質に再生する新開発レガート リンク コンバージョン・PRO搭載
    CDやDVDの音声信号をDVDオーディオの最高フォーマットである、176.4kHz、192kHzまでアップサンプリング処理。再生周波数帯域を伸ばすことにより、よりなめらかな音とワイドレンジ再生を実現しています。
  3. フロント2チャンネルに当社独自のアルゴリズムに基づくハイビット機能を搭載
    CDやDVDの16bit、20bitのデジタル信号を24bitへ再量子化し、原音の滑らかな波形を再現。ダイナミックレンジの拡大、量子化ノイズの低減をはかっております。

◎高画質再生技術

  1. より原画に近い鮮明映像を再現するプログレッシブスキャン回路を搭載
    新開発ビデオクオリティエンハンサー「VQE7」を搭載。これにより、ソフトの映像情報に欠落がある場合などでも、フィルム素材とビデオ素材を問わず2−3プルダウン方式処理(I)と3次元動き適応処理(II)のいずれかの方法で自動的に処理を行い、オリジナル映像に迫る鮮明なプログレッシブ映像を再現することができます。
    1. 2−3プルダウン方式ピュアシネマ・プログレッシブスキャン回路
      フィルム素材から制作された映画などのDVDソフトをテレシネ変換した、2−3プルダウン処理情報をもとに、オリジナルソースに忠実なライン構成を高精細に再現。細部の粒立ちや奥行きなどナチュラルでフィルムライクな映像を楽しむことができます。(※1)
    2. 動き適応型補完プロセッシング回路
      パイオニア独自の高解像度処理アルゴリズムを採用することにより、滑らかで自然なプログレッシブ映像を実現しました。(※2)
  2. 映像の微細なディテールまで正確に実現。新開発アナログビデオフィルターを搭載
    映像信号プロセスの最終段階であるD/A(デジタル/アナログ)変換を新開発のアナログビデオフィルターにより処理。映像のノイズを低減させることで、映像の細かなディテールまで正確に再生することができます。
  3. 高性能スーパー・ファインフォーカス・デジタルフィルターを搭載
    新開発のデジタルフィルターにより、水平解像度540本の高精細映像を実現。プログレッシブ映像を一層高品位に仕上げます。

2 ) DVDレコーダーで録画・編集したDVD−RWディスクの再生が可能

ビデオモード(※3)と、標準/マニュアルモード(※4)で録画したDVD−RWディスクの両方を高画質・高音質に再生できます。またMP3フォーマットで記録された、CD−R/RWディスクの再生も可能です。(※5)

3 ) 2本のスピーカーでも本格サラウンドが楽しめる"SRS TruSurround"搭載(※6)

※1,※2 プログレッシブスキャン対応TV使用時
※3 DVDフォーラムで定められた"DVDビデオフォーマット"で記録するモード。
※4 DVDフォーラムで定められた"ビデオレコーディングフォーマット"で記録するモード。ビデオレコーディングフォーマットで、一世代のみコピーを許可された映像素材を録画したDVD−RWディスクは再生できません。
※5 (1)MPEG1 Audio Layer3 44.1kHz、48kHzのファイルのみ再生可能です。
(2)VBR(Variable Bit Rate)には対応していません。
(3)マルチセッションは初めのセッションのみの再生になります。
(4)PC(パソコン)で記録したディスクは、正しいフォーマットで記録されたものであっても、アプリケーションソフトの設定や環境などによって再生できない場合があります。
※6 SRS社の開発した技術。サラウンドエンコードされたステレオ音声や、マルチチャンネルのサラウンド信号から仮想音源を作り出すため、2チャンネルでも映画館のような迫力のあるサラウンドがお楽しみいただけます。

【主な仕様】

  DV-S747A DV-S646A
 再生可能メディア DVDオーディオ、DVDビデオ、DVD-RW(VRモード)、DVD-R/DVD-RW(ビデオモード)、SACD、CD-R/RW、ビデオCD、音楽CD、CDV(オーディオパートのみ)、DTS-CD、MP3フォーマットで記録されたCD-R/RW DVDオーディオ、DVDビデオ、DVD-RW(VRモード)、DVD-R/DVD-RW(ビデオモード)、CD-R/RW、ビデオCD、音楽CD、CDV(オーディオパートのみ)、DTS-CD、MP3フォーマットで記録されたCD-R/RW
 ■映像特性(水平解像度 DVD) 540本
 ■デジタル音声特性
 周波数特性 CD
      DVD


 S/N
 ダイナミックレンジ
 全高調波歪み率
4Hz~20kHz
48kHz16bit,20bit,24bit : 4Hz~22kHz
96kHz16bit,20bit,24bit : 4Hz~44kHz
192kHz16bit,20bit,24bit : 4Hz~88kHz
118dB
108dB
0.001%
118dB
108dB
0.001%
 ■出力端子類
コンポーネント映像出力(Y、CB、CR)
 D2/D1端子
 S2/S1映像出力端子
 映像出力端子
デジタル音声出力端子
 光デジタル出力
(ドルビーデジタル/PCM/DTS)
 同軸デジタル出力
(ドルビーデジタル/PCM/DTS)
アナログ音声出力
アナログマルチチャネル音声出力
 ■その他の端子
 SRコントロール

1系統
1系統
2系統
2系統


1系統

1系統
2系統
1系統

入力/出力

1系統
1系統
2系統
2系統


1系統

1系統
2系統
1系統

入力/出力
 ■外形寸法(mm)
 ■質量
 ■消費電力
 ■待機電力
420×97.5×278
4.5kg
14W
0.3W
420×95.5×277
2.9kg
13W
0.3W

報道資料

キーワードで探す

年月で探す