報道資料

報道資料

RSS

一覧表示

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

1997年 8月 27日
パイオニア株式会社

インテリア性を重視、生活空間を演出する新感覚のコンパクトミニコンインテリ・ア・コンポ L+(エルプリュス)新発売

当社はこの度、コンパクトミニコンポーネントの新シリーズ、インテリ・ア・コンポ 「L+」(エルプリュス)を、下記要領で新発売いたします。

X−LP7
商品名 型番 価格(税別) 発売時期 月産台数
インテリ・ア・コンポ L+ model 7 X−LP7 67,000円 10月上旬 3,500台
〈オプション〉
MDレコーダー MJ−L7 48,000円 10月上旬 2,000台
カセットデッキ CT−L7 19,000円 10月上旬 1,000台

【企画意図】

 現在、20~30歳代の男女を中心に、インテリアに関心を持つ人が増えています。その多くはファッションと同じ感覚でインテリアにもこだわりを持ち、生活する空間を自分らしく、居心地良く演出したい、という願望を強く持っています。市場においても、雑貨や輸入家具などを扱ういわゆるインテリアショップが急増し、また、ファッション雑誌や情報誌等でも、インテリア特集が頻繁に見受けられるなど、関心の高さを示しています。
 当社では、このようにインテリアに強い関心を持つ層に向けて、インテリ・ア・コンポ「L+」(エルプリュス)を開発いたしました。「L+」は、洗練されたヨーロッパ調のデザインによるシンプルなフォルムで、より快適な生活空間を演出する、インテリアとしての価値を持ったオーディオシステムです。音質については、高音質で、かつ心地良く耳になじむナチュラルな音の再生を実現しました。
 製品名の「L+」(エルプリュス/フランス語読み)は、生活(LIFE)に、快適さや楽
しさを加える(PLUS)という意味から名付けました。
 この新シリーズコンポーネントを、生活をより楽しく豊かにする製品として市場導入いたします。

【L+(エルプリュス)model 7 の主な特長】

構成:CDチューナーアンプ、セパレートディスプレイ、スピーカーシステム、リモコン

1 ) インテリア性を重視したシンプルで洗練されたフォルム

 ヨーロッパ調のシンプルでかつナチュラルなデザインを採用。インテリアのように、部屋の雰囲気までも演出します。
 本体部のボディは、美しい光沢を出すツインリキッド塗装をし、高級感あふれるデザインに仕上げました。
 スピーカーにはバーズアイメープルの木目素材を採用。よりナチュラルな雰囲気を醸しだしています。

2 ) 高音質で心地良いナチュラルサウンドを再生

 CDチューナーアンプ部には、余裕あるパワーデバイスを採用して最短のシグナルパスを可能にしたハイブリッドアンプを搭載。レスポンスに優れた高音質再生を実現しました。
 また、スピーカーは、ウーファーのコーン紙センターキャップに高分子フィルムをラミネート、エッジにはブチル製ゴムロールエッジを採用するなど歪みの少ない自然で豊かな音の再現を可能にしています。

3 ) 業界初(*)セパレートディスプレイユニット搭載 (*1997年8月現在)

 よりインテリア性を高めるため、ディスプレイ部を本体から独立させ、フォトスタンドのようなデザインのセパレートユニットにしました。操作ボタンも装備し、音楽再生、タイマー設定から各文字入力まで操作が可能です。
 便利な月、日、時刻表示ができる他、部屋の照明に合わせてディスプレイの明るさを5段階調整できるディマー機能を搭載しました。

4 ) オプション製品との組み合わせでシステムアップが可能

 別売の専用オプション、MDレコーダー「MJ−L7」(¥48,000/税別)やカセットデッキ「CT−L7」(¥19,000/税別)と接続し、より充実したシステムへ発展が可能です。

5 ) シンプルで使い勝手の良いリモコンを付属

 操作性に優れたカード型リモコン。セパレートディスプレイと調和のとれたデザインのリモコンホルダーも付属。

6 ) その他の特長

  • 簡単設定で便利に使えるアメニティータイマー搭載
  • 高音質にこだわった、20芯/OFC(無酸素銅)のスピーカーケーブル採用
  • オートチューニングも可能なFMワイドバンド/AMチューナー
  • アルファベット、カタカナ、数字での放送局名を入力可

【〈オプション〉MDレコーダー「MJ−L7」の主な特長】

  • ディスクを差し込むだけで即演奏を開始するスロットイン方式を採用
  • ディスク名、曲名をアルファベットとカタカナ文字での表示可能
  • 録音した曲の並び替え、消去など充実のMDへ編集機能装備
  • モノラル長時間録音、シンクロ録音対応
  • BSなどのサンプリング周波数の異なるあらゆるデジタルソースに対応する、サンプリングレートコンバーター搭載

【〈オプション〉カセットデッキ「CT−L7」の主な特長】

  • フロントローディング方式フルロジックオートリバースデッキ(シングル)
  • ミュージックサーチ(前後15曲)機能搭載
  • ドルビーB対応
  • シンクロ録音機能搭載

【主な仕様】

■L+ model 7  X−LP7
CDチューナーアンプ部 実用最大出力 40W+40W(EIAJ, 6Ω)
受信周波数  FM76.0MHz~108MHz
       AM522kHz ~1700kHz(9kHz/10kHzステップ切替)
入出力端子  外部入力1系統、デジタル(光)出力1系統
消費電力   60W
外形寸法   220(W)×85(H)×310(D)mm
重量     4.0kg
セパレートディスプレイ
ユニット部
専用ケーブル 1.5m(別売ケーブル:5m)
外形寸法   210(W)×86(H)×63(D)mm
重量     0.25kg
スピーカーシステム部 型式     13cm2ウェイブックシェルフ型
使用ユニット ウーファー :13cmコーン型
       トゥイーター:2.5cmドーム型
最大入力   50W
防磁設計(EIAJ)
外形寸法   155(W)×240(H)×235(D)mm
重量     2.7kg/1本
■MDレコーダー「MJ−L7」<オプション(L+専用)>
消費電力   11W
入力端子   デジタル(光)入力1系統
外形寸法   220(W)×85(H)×310(D)mm
重量     2.7kg
■カセットデッキ「CT−L7」<オプション(L+専用)>
外形寸法   220(W)×85(H)×310(D)mm
重量     2.2kg

報道資料

キーワードで探す

年月で探す