IRライブラリー

質疑応答要旨

2016年3月期 第1四半期決算説明会 質疑応答要旨

1Qの営業利益が計画を上回った要因は?
コスト削減策の効果が計画以上となったことに加え、FA機器や利益性の高い地図ソフトが好調だった。
2016年3月期通期予想で、カーエレクトロニクスのOEM先行開発費用の増加20億円を見込んでいるが、1Q実績ではどの程度だったか?
1Qにも先行開発費用は発生しているが、原価率の改善で吸収している。
海外市販カーオーディオの売上は地域別に見てどうか?
海外市販は中南米等で期待が持てる。ブラジルの市場低迷や為替の問題もあり、1Qは想定に対して売上は伸びなかったが、通期では伸長する計画。
カーエレは、1Qが前年同期との比較で営業利益が半減となったにもかかわらず、2Q以降増益が見込めるとする背景は?
1Qの減益は、為替影響が大きい。構造改革効果は予定どおりであり、季節要因に加え、原価率の改善された新製品の導入効果もあり、2Q以降下期にかけ増益が見込める。
カーエレの国内売上は、1Qに前年同期比で12%減少したにも関わらず、通期で6%増収が見込めるとする根拠は?
カー市販は通期で前期並みの見通しだが、受注が確定している国内納品のカーOEMで、下期に対前年同期で120%と見込んでいることから、カーエレの国内売上は通期で増収を計画している。

前のページに戻る