IRライブラリー

質疑応答要旨

2013年3月期 第3四半期決算説明会 質疑応答

4Qの高い営業利益計画をどうやって達成するか?
売上増による収益改善を目指すほか、追加のコストダウンも徹底的に行う。また、為替も4Qにはフルに円安が効いてくる。カーエレクトロニクスでは、市販は国内大手量販店とのタイアップ キャンペーンを実施する。OEMは、自動車メーカーの中国ビジネスが回復基調にあり、当社ビジネスも徐々に回復するとみている。ホームエレクトロニクスでは、DJ機器は、年末商戦で導入した新製品が好評でバックオーダーを抱えており、4Qにはフル生産して拡販する予定。ホームAVは北米の大手量販店から受注している今春向けの新製品を出荷する。光ディスクは、BDレコーダーが年末商戦を経て在庫が減少し、受注が回復してきている。また、PCの春モデル向けの新製品を導入することで売上増を図る。
今回修正した通期予想は、前回予想との比較ではどうか?
カーエレクトロニクスの主な修正理由は、自動車販売の拡大に伴ってディーラーオプションビジネスの売上増により、2Q以降に利益性の高い市販カーナビゲーションの販売が減少したことによる。ディーラーオプションは、台数は増えているが単価は低く、市販では、ヘッドアップディスプレイやエアージェスチャーなど高付加価値のカーナビゲーションが影響を受けており、減益要因となっている。ホームエレクトロニクスでは、主に3Qの欧米クリスマス商戦が低調だったことによる。
為替感応度について?
4Qでは、米ドルの1円円安のインパクトが6千万円のマイナスとなるが、仕入と売上のバランスによって、差損となるか差益が出るかが変わる。ユーロについては、売上に対する影響のみなので円安はポジティブとなる。来期の見通しについても仕入と売上の詳細が決まらないと、インパクトの正確な算出は難しい。
雇用調整の事業ごとの内訳は?来期の営業利益の目安は?
削減人数約800名のうち、約500名が正社員、約300名が非正規社員であり、非正規社員を正社員に置き換えていく。事業別の内訳等についてはこれから詰めていく。来期の営業利益は、約100億円の固定費削減効果、および事業部の利益の合計となる。来期の具体的な数値計画は3月中にまとめる予定である。
構造改革の費用の想定額と発生のタイミングは?
雇用調整の時期は、今後の組合との調整次第だが、来期の1Q末頃を考えており、来期通期では9ヵ月分の削減効果が見込まれる。必要な費用については精査中である。費用発生のタイミングについても、当期中か、来期かは未定である。

前のページに戻る