ディスクロージャー・ポリシー

ディスクロージャー・ポリシー

English

  1. 基本姿勢

    当社は、パイオニアグループ企業行動憲章の精神に則り、企業情報の適正な開示に努めます。株主・投資家をはじめ、顧客、取引先、マスコミ、地域社会など全ての利害関係者に対して、適時適正な広報活動を行い、また、積極的かつ公正に自らの情報を開示することにより、常に透明性の高い企業活動を目指します。この情報開示の基本方針に基づき、パイオニアグループの役員および従業員は、情報開示活動を行うにあたり、当ディスクロージャー・ポリシーに従います。

    パイオニアグループ企業行動憲章

  2. 情報開示について

    当社は、金融商品取引法、その他の法令および証券取引所の定める適時開示規則に則った情報開示を行います。さらに当社は、これら以外にも、株主や投資家および一般社会からの企業理解や投資判断に有用と考えられる情報についても、積極的かつ公正な開示に努めます。
  3. インターネットによる情報開示について

    当社は、インターネットは新聞やテレビなどのメディアと並ぶ重要な情報源の一つであると考えます。情報の公平性を重視する観点から、各種開示資料をはじめ、決算情報やアニュアルレポート、企業説明会の内容などについては、可能な限り日本語と英語で速やかに当社ホームページに掲載します。
  4. 「沈黙期間」について

    決算情報については、当社は、原則として、決算期日の翌日から決算発表までを「沈黙期間」とし、投資判断に影響を与える可能性のある、決算および業績見通しに関するコメントは行わないものとします。ただし、当該期間中であっても、すでに開示した業績予想等から大きく乖離する見込みとなった場合は、必要な情報を公表します。
  5. 見通しに関する注意事項

    パイオニアグループの開示する計画・概算・戦略・判断などの記述、また、その他すでに確定した事実以外の記述は、将来の見通しに関するものであり、これらは当該記述の作成時点現在において入手可能な情報による仮定および判断に基づいています。実際の業績は、様々な重要なリスク要因や不確定要素により、大きく異なる可能性があります。