グループ会社一覧

昨今あらゆる機器の高機能化・情報化が進み、インターフェイスとしてのディスプレイの重要性が高まっています。
東北パイオニアOLED事業部では、時代のニーズにマッチした新しいディスプレイである有機ELを開発・販売しております。
有機ELは、明るく鮮明・視野角が広い・薄く軽い・消費電力が少ない・応答速度が高いなど数々の優れた特徴をもっています。
パイオニアは、1987年コダック社 C.W.Tang らによって示された、薄膜積層構造による有機ELの研究に着目、いち早く量産化開発に取組み、1997年東北パイオニアにて世界初の有機ELディスプレイの量産に成功しました。
現在、携帯電話やカーステレオをはじめ、さまざまな機器への搭載が進んでいます。
これからも、これまで培った技術をもとに、ディスプレイの新たな価値をお客様に提供してまいります。

有機ELとは?

有機ELディスプレイは、有機化合物を利用した自発光型の新世代ディスプレイです。従来のディスプレイと比較して、高コントラスト、広視野角、高速応答、薄型軽量など、優れた特徴をもったディスプレイとして注目されています。

有機ELの動作原理
有機EL素子は有機薄膜を陽極と陰極で挟みこんだ簡単な構造です。この有機EL素子に直 流電圧を印加すると陽極から正孔 (ホール) が、陰極から電子が注入され有機薄膜中で正孔と電子の結合が起こりエネルギーを発生します。このときに発生した エネルギーが有機材料を励起し、励起状態から基底状態に戻るときに発光現象が起こります。有機物の多くは絶縁体であり電流を流しにくいため、0.1μm程 度の薄膜にする必要があります。

有機ELの素子構造
有機EL素子の典型的な構造はガラス基板の上に陽極 (透明電極) 、ホール注入層、ホール輸送 層、発光層、電子輸送層、電子注入層、陰極 (金属電極) が積層されています。各層はガラス基板上に真空蒸着技術により積層して作り上げていきます。有機物 は酸素や水分に弱いためガラス基板上に素子を作りこんだあと封止部材 (缶・ガラスなど) によって密閉保護します。

関連ページ

有機EL照明(OLED)(パイオニア株式会社)